FC2ブログ

40周年記念礼拝と食事会。
昨日は教会では40周年記念礼拝。
夜には友人達との食事会があり、忙しくてしょうがなかった日。
大河ドラマも録画したものを見ました。(~_~;)

40周年記念礼拝で、僕たち聖歌隊は『Amazing Grace』を歌うことに。
服装もスーツ姿に決めて行いました。
しかし、みんなはスーツ用の靴をはいてきたのに対して、僕だけ使い古しの茶色。
恥ずかしかった・・・・。

最終調整では、終わり方、感情の強弱などを補正され、ちと神経が磨り減りました。
しかもその時、少し喉が悪くてあまり大きな声が出せなかったし。

ともあれ、終わってみたら『よかったよ。』と牧師さん以下、みんなから褒められました。


そのあとは、友人Oとその友達であるKと3人で食事会
Kさんは慶応大学工学部建築学科に入ったのですが、自分の理想と違っていたために薬学部に転入したそうです。
勉強以外にも、『フリスビー部』というサークルを作るなど、バイタリティは抜群です!
こちらが、Kさんからもらったお土産。
おみやげ
東京では大学グッズがブームなんだとか。

最初はしゃぶしゃぶ食べ放題にしようと思ったのですが、運悪くしゃぶしゃぶ家が込んでおり、急遽バイキングに変更。
野菜が結構多い食事なので、結構ヘルシーでしたよ。
油はちょっと古いようだったけれど。


大食いの性分が出てしまって、限界までバクバクバクバク食ってしまいました。
トイレに行ったとき、危うく戻しかけると言う体たらくで・・・・。
家に帰ったらもうスッキリしてましたけれど。

とはいえ、こんなに食べたのは初めてだったり。
バイキングにはこれからも、たまには行きたいですね。

今回のおまけ
レミオロメン粉雪

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:教会 - ジャンル:日記

【 2008/11/24 23:00 】

| 教会(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
教会仲間が洗礼を
教会の仲間が洗礼を受けることに。
ちょっとうらやましい。

僕もどうしようかと迷っているところです。
続きを読むブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:教会 - ジャンル:日記

【 2008/11/16 23:42 】

| 教会(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
教会に行くものの苦悩
教会通いが続いています。
聖歌隊の練習も続けています。

昨日の礼拝は、信徒の一人が亡くなったため、その黙祷礼拝が行われました。
キリスト教も今では火葬を行うらしく、牧師の傍にはその信徒の骨壷が。
僕とは面識のない人なのですが、やはり物悲しい。
骨壷は皆の前でしまわれましたが、納骨の後、子供や若い主婦がその中を覗き込む。
やっぱり興味はあるんだなあ。

僕も信徒の1人であるA老婦人にいつも世話になっています。
僕が礼拝に来たとき、いつも気さくに声を掛けてくれていますし、よく礼拝の席を案内してくれます。

最近は僕と同世代の人も多く来るけれど、どちらかというと御老人たちや牧師さんのほうが話しやすい。
若い人達とも自然体で接し、話すことが出来たらなあと思いますが。
最も教会の若いメンバーは、愛称で呼び合うんですけれどもね。(ちなみに僕は『ヨッシー』)
続きを読むブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:教会・城・坊さんの住まい - ジャンル:その他

【 2008/11/03 23:55 】

| 教会(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
聖歌隊、やってみせます!!
相変らず教会への礼拝を続けている僕ですが、
先々週から聖歌隊が結成され、僕も参加することに。

続きを読むブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:教会 - ジャンル:日記

【 2008/10/19 20:25 】

| 教会(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
ご無沙汰の聖書
最近聖書はご無沙汰なんですよね。
教会に行く時しか読みません。
続きを読むブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【 2008/06/24 23:22 】

| 教会(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ