小説『Cross Ballade』 第5話『迷走』
『茜色のユメハナビラ
また会えますように』
ピコ『ユメハナビラ』


けいおん!×School Daysクロスオーバー小説、第5弾。


[秋山澪] ブログ村キーワード
[けいおん!] ブログ村キーワード
[平沢唯] ブログ村キーワード

[クロスオーバー小説] ブログ村キーワード
[二次創作小説] ブログ村キーワード


ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

おかげさまでこの小説も第5話まで書き終えました。
応援してくれてありがとう。
別に応援してなくても、読んでくれてありがとう。

函館百景のほうが書きやすいけど、こっちの物語の方が緩急はつけやすい。
なるべくそれぞれの我力がでるようにしやすいからね。

函館百景は淡々と行く感じになるかね。

以前にも言ったけど、
この物語はドラゴンボールとワンピースの『CROSS EPOCH』を理想として作ったもの。
あの作品にならって一対一を強調しつつも、より複雑にそれぞれのキャラを絡ませるのが理想。
もう少し面白くできればいいんだけどね。

物語はいよいよ佳境へ。
フュージョン! ハッ!!(違うって)

********************************************************************************************************

第5話:迷走


「伊藤君!」
コンビニ近くで誠を見かけ、唯は駈け出した。
しかし目の前で、世界が先に誠の腕に飛びつく。
「あ・・・・。」
「これで、わかったでしょう?」
唯の前に、短髪でボーイッシュ、長身の女子学生が現れる。
唯はその子が、以前ムギの言っていた甘露寺七海であることに、すぐ気付いた。
「伊藤には、すでに西園寺世界っていう彼女がいるんですよ。無礼だとは思いますけど、貴方みたいなのにウロチョロされると、困るんですよね。」
「そ、そ、それは・・・。で、でも・・・。」
見下ろされるような鋭い眼光に、唯はたじろいだ。
「伊藤に近づかないでくださいな。」
低い、ドスの効いた七海の声である。
とても近づくのは無理。
唯はそう感じて、すごすごと七海から離れた。
「あ・・・。別に落ち込まなくていいですよ。
伊藤にちょっかい出さなければそれでいいんですから。放課後ティータイムの演奏、楽しみにしてるって、世界言ってましたし。」
七海は唯に同情したのか、うって変わってねぎらいの言葉をかける。
しかし、唯の耳に届くことはなかった。

「光、そっちのほうはどうだ?」
七海は、同じく世界と誠を見張っていた光に声をかけた。
「桂が来たわよ。」
光は、ツインテールをイカリングのように留めた独特の髪を気にしつつ、答えた。
「案の定、来たか。」
「あいつ、全然読めてないわね、今の状況。『西園寺さんは誠君の彼女ではないです。誠君の彼女は私です。』なんて言ってるし。」
「ったく・・・まあ、中学時代からムカつく奴だったけどさ、桂の奴。」
「しっかし、世界の頼みとはいえ、何で私が伊藤のお守をしないといけないのかしら。」
光がため息をつくと、七海はニッコリ笑顔を浮かべ、
「何言ってんだよ。世界がそれで幸せならば、それでいいじゃないか。」
「そう・・・。」光はいささか不満げの様子で、「平沢って子のほうは、来た?」
「来たよ。私が止めに入ったら、すぐにがっくりして行っちゃったけど。さすがにちょっと可哀そうだったな。」


誠は、刹那の視線を感じ取った。
「・・・。」
「どうしたの、誠?」
世界が気づいて、眉をひそめる。
「いや・・・清浦も、甘露寺も、黒田も、さっきから俺たちにまとわりついて、なにやってるのやら・・。」
「私たちの仲が気になるんでしょう。みんな友達思いだから。」
素知らぬ顔で世界は答える。実を言うと彼女自身が頼んだのだが。
唯や言葉が、誠に近づかないようにと。
「あれから見かけなくなったな・・・。言葉も、平沢さんも。」
世界は疑惑の目を彼に向け、
「・・・誠の彼女、私じゃないの?」
「え・・・? あ、ああ。」
「あの2人がいると、不安になるの。」
「そ、そうか・・・ごめん・・・・。」
例のコンビニにつくと、いつもの光景が見える。
右手に雑誌や漫画がおいてあって、左手に豆板醤チキンやポテトの入ったヒーターが置かれていて・・・。
でも、どこか物足りなく感じるようになったのは、なぜだろう。
誠は世界から離れ、漫画雑誌を読んでみる。
いつもこうして読んでいると、
「伊藤くーん!」
平沢さんの声が聞こえてきていた。
世界が言葉や平沢さんを警戒するようになってから、そういうことが全くなくなってしまった。
俺の彼女は世界。
それは分かっている。
でも、どこか物足りない。平沢さんに会えなくなってからは特に。

自分が榊野学園に入学して、このコンビニに通うようになってから、たまに見かけるようになったな。
世界や泰介とつるんでいるとき、あの子もよくコンビニにいて、よく漫画を読んでいた。
ギターケースを肩にかけて、友達と笑っていたものだった。
理由はわからないけど、いつの間にやら、それが気になっていて・・・。
こうして漫画を読んでいると、また
「伊藤くーん!」
と呼んでくれるような気がした。

「誠!!」
はきはきした声で、誠は我に帰る。
「わ! あー、びっくりした、世界か・・・。」
「びっくりしたはないでしょ。」
世界は疑り深い目でにらむ。
「いや、夢中になってたから・・・すまん。でもいい時期なんだぜ、『ワンピーク』。人魚島で麦わら一味が集結して、元・秩父会のドンベエと一緒に悪党どもに大反撃ということになって・・・。」
ごまかして漫画の話をする。世界はきょとんとしながらも、表情を和らげ、
「そういえばそうね。いいところいってるかも。」
「『ボルト』はどうなってるかな。世界は好きなんだろ。」
「まあね。ボルトとサスケが敵城侵入のあたりまでいったかな。火影になることを目前に控えて。」
「そう言えば、言葉は『金魂』が好きだそうだな・・・。」
お互いにくすくす笑いあって、
「私もちょっとびっくりしたなあ・・・あんな清楚な子が金魂ねえ・・・。」
「SF時代劇なんて言ってる割に、下ネタばかりが多いからなあ、あの漫画・・・。」
けたけた笑う誠だが、なぜか、心の奥底から笑えなかった。
携帯が気になった。
世界の頼みで、言葉と唯の携帯が着信拒否になっている。
平沢さんとは一度として、メール交換も電話もできなかったな・・・。
なんでこうなるのやら・・・。


そんな日々が、1週間ほど続いた。
今日も、学校の勉強も学祭の会議も耳に入らず、誠は帰宅した。
世界もついていっている。
「最近だけど、いつもボーっとしてるね、誠・・・。」
「まさか、そんなことねえよ。」
誠は懸命にはぐらかす。
「誰かほかの女の子のこと、考えたりしてない? 桂さんや、平沢さんとか・・・。」
「それはっ・・・!」
図星であった。
「やっぱり! 誠、あの二人のことが!!」
「・・それは・・・。」
そんなに、独占したいのだろうか、自分を。
「だから私には、嫌そうな顔をしてるんだ。」
「違う! 俺は!・・・俺は・・・。」
理由は分からないが、焦りと、苛立ちがいつの間にやらグツグツ湧き上っていた。
「私はただ、誠のえっちの相手でしかないというの!?」
「そんなわけない!!」
声をいつの間にやら荒げていた。
そんなに自分が他の人を気にするのが、いやだというのか?
自分だって迷ってるのに?
「わかったよ!! そんなにおまえが俺を独占したいのならっ・・・!!」
このっ・・・!
怒りで何も分からなくなっていた。
勢いのままに、世界を押し倒していた。
「ちょ・・・ちょっと、やめてよ! 嫌!!」
「うるさいっ!!」
バタバタ暴れ出す世界の手足も、やがて緩慢になってゆく。

なんであんなことをしたのか。
言葉や平沢さんに近付けなくなってイライラしていたのは確か。
でも・・・でもなんで世界に八つ当たりしてしまったのか・・・。
苛立ちのままに、事を7回ほど済ませ、やっと気が済んだ。
眼に涙をにじませ、ふらりふらりと帰っていく世界の姿が目に浮かんだ。
「伊藤!」
教室に入って最初に、光にどやされた。
「なんで世界に暴力振るうのよ!!」光に肩を掴まれて詰め寄られる。「世界今日、具合が悪いって休んでいるのよ!!」
「それは・・・悪いと思っているけど・・・。」
言い訳など、できるわけがなかった。
「伊藤、最近笑わなくなったね。」
誠の目を見つめ、隣にいた刹那は怒りというより、心配そうな声で言った。
「な、何言ってんだよ清浦、ほら、こうやって笑顔なんて簡単に・・・。」
ごまかすために、誠は口角をあげるが、心に空洞があって上手く上げられない。
「・・・笑えてない。目も笑ってない。」素早く刹那は悟り、「私達が、桂さんや平沢さんを見はるようになってから、だよね。」
「だ、だから違う!!」
ごまかしても、刹那は既に多くを読み取ったようだ。
怒り心頭の光の表情。刹那は思案顔になっていた。
「とにかく、学校終わったら、お見舞いに行くから。」
二人の顔から眼をそむけ、急いでトイレに向かった。
トイレで一人になってから、錆びつきくすんだタイルに向かって、誠は拳をたたいた。
「くそ! くそ! くそーっ!!」


昼の委員会活動。
学級委員たちが向い合せに座り、弁当を食べながら学祭のテーマについて話し合っている。
どしゃっ!
急に大きな音がしたので、言葉はそちらを向く。
自分のすぐそばで、パン屑が散らばっていた。
「桂さーん、パン屑がこぼれてるんだけどー。」
言葉は4人の女子学生に取り囲まれた。
「え? で、でも・・・私は今日は、和食ですし・・・。」
「つべこべ言わないの! あんたの周りにこぼれてるんだから、あんたがひっくり返したんでしょ?」
意図的にちぎってこぼしたかのような、無数のパン屑の前に突き飛ばされる。
4人の剣幕に根負けし、言葉は黙ってパン屑を拾い始めた。
そんな彼女を、その場に居合わせた刹那はじっと見つめ・・・。

言葉を無視して、4人は再び学祭の話し合いを始めた。
「手伝おうか?」
かがんでパン屑を拾う言葉に声がかかる。
そちらのほうを向くと、刹那がいた。
「いいんですか? ・・・ありがとうございます。」
言葉は頭を下げた。
刹那は何も言わず、言葉の隣でパン屑を拾い始めた。
「ねえ。」
「何ですか?」
「伊藤のことなんだけど・・・。」
話題にされたくない話。眉をひそめ、言葉は刹那を見つめる。
「私も世界の幼馴染だから、正直、貴方が伊藤にちょっかいをかけるのは嫌。」
「ちょっかいなんかじゃありません。寝とったのは西園寺さんのほうでしょう?」
息巻く言葉に、刹那は直接は答えず、
「でも、伊藤以外に頼れる人間がいるなら、頼ったほうがいいと思う。例えば、先生とか、家族とか。」
「頼れる人間・・・。」
「私が言えることはこれくらいだよ。」
「・・・とはいっても、私の両親は共働きだし。 聞いてくれるかどうか・・・。」
それは本音であった。
両親は大きな会社の社長と重役だが、共働きで忙しく、とても自分の悩みなんて聞いてやれるひまなどないのだ。
妹はまだ純真で、男女の愛憎なんかわかりっこない。
ならば・・・。
まだあの人の腹の中は、わからないが・・・。
「私がアドバイスできるのは、これだけ。」
刹那はそれ以上何もいわず、パン屑と格闘を始めた。

刹那が去った後、言葉は携帯電話の電話帳を開いてみる。
そこには、桜ケ丘の秋山澪のアドレスが登録されていた。
あの人、何で自分に親切にしてくれたんだろう・・・・。
ともあれ、もう自分だけでは誠君に近づけないかもしれない・・・。
・・・・・・・
言葉は、新規メール作成のボタンを押した。


誠に近づけなくなってからというもの、唯のやる気は一気にダウンした。
ひどく朝寝坊をして、1時間目の途中から教室に入る。先生の小言を聞き流して机に座り、あくびと居眠りばかりして授業に臨む。軽音部でも、いつもの、いや、いつもよりひどくのろのろして不機嫌に、ムギの紅茶と菓子を食べる。
「・・・唯先輩、あの時のやる気はどうしたんですか・・・。」
ティーカップをとった梓が、声をかける。
「何の話?」
机に突っ伏しながら、低―いこえで唯は答えた。
「あれだけやる気満々だったじゃないですか。一生懸命に練習して、ライブに備えるんじゃなかったんですか?」
「もうどーでもいいよ・・・テキトーにやるから、私。」
「お願いですから、恋のことよりライブのこと考えてくださいよ・・・みんなが大恥かいちゃうんですから。まったく、唯先輩も律先輩も、ライブより恋愛のナンパの考えていて困ったもんですよ・・・・。」
「おいー、」律が文句をあげて、「私だって少しはライブのこと考えているんだぜ、トークとかさあ。」
「トークはあくまでも箸休めでしょうが。」
「はあ・・・。」澪はため息をつきながら、「気持ちはわかるけどさ、今はライブのことを考えようぜ、唯。伊藤って奴とは、学祭の日にきっと会えるだろうしさ。」
嫌な予感が的中したか。澪は心の底から思った。
「だって・・・見張られてるんだよ・・・近づけないんだよ・・・。電話とメールだって、通じないんだよ・・・。」
「まあ、そのうち伊藤が一人になることもあるだろ。その時に近づけばいいじゃん。」
言ってから、ふと思った。
桂は? 伊藤に近づけているのか?
「唯ちゃん、」続いてムギが声をかけてきた。「ねえ、もう少し頑張れない? 榊野の学祭が終わったら、みんなでケーキバイキングに行きましょうよ。」
「ケーキバイキング!?」
皆の目が、一瞬輝いた。
唯を除いて。
「でも、いつにします? 榊野学祭当日は休日だから、今の時期だともう予約いっぱいだと思うけど・・・。」
と、梓。
「だいじょうぶ、私のお父さんに頼めば何とかしてくれるから。終わったらすぐバイキングに行きましょう。」
ムギは大企業の社長の娘で、様々なホテルや店にコネがある。これまでも、唯のギターを購入する時、修理する時、彼女の力で値段を大きくおまけしてもらっていた。
「・・・しかしね、ムギの力も今更ながら凄いもんだなあ。」
唖然としつつ、澪は答える。
唯は・・・。
今日のムギのケーキとお茶も、喉を通らなかった。
なぜ誠に電話しても、メールしても、通じないのか。
正直このことが、ケーキ以上に大きなものとして自分の頭の中に存在するのは、信じられなかった。
「ひょっとしたら榊野学祭、去年以上に有意義な思い出になると思うわよ。甘露寺さんに会って、ケーキを食べ放題で・・・。」
甘露寺、と聞いて、もはや唯は耐え切れなくなり、
「・・・ごめん、帰る。」
「え?ちょっと、唯、まだ練習の途中なんだよ。」
「やる気にならないんだよ。」
唖然とする周りを無視して、唯は音楽室を後にした。

「唯先輩・・・困ったものですよ。」
唯の去った音楽室で、梓は一人、愚痴る。
「恋は盲目、だからね。」
ムギが苦笑いを浮かべながら、食器を回収していく。
太陽は西に傾き、雲が空の多くを覆い隠していた。
「・・・初めてだな。」
澪の言葉に、皆はそちらを向く。
「唯の奴、伊藤と親しくなってから、いつもより思いっきり笑うようになって、そして今は、思いっきり不機嫌になってる・・・。」
「澪、どういうことだ?」
「波がついてきたってことだよ。いつもダラダラしていたいつものあいつじゃない。」
「それに、」口を挟んできたのは、さわ子。「苦しみは魂を強くさせるからねえ。恋愛をすると、時々すごく苦しんで、時々すごいハイテンションになるものよ。それを繰り返して人は大人になっていくもの。」
「おいおい、」律はあきれ果て、「さわちゃんは101回振られている割に大人っぽくねえだろ。顧問のくせに全然仕切らないし、やたらと部員にコスプレ衣装着せたがるし。」
「ほっといてよ。」
「まあ、そんなことはどうでもいいな。どうにか、ベストなコンセプトで学祭に臨めるといいんだがな・・・。」
澪は廊下を見ながら、つぶやいた。
「唯の奴、最近は遅刻ばっかりだしよ。恋の病ってこええもんだよ。」
律は頬杖をつきながら、クッキーをかじる。
「・・・まあ、お前と同じで、もともと真面目でないけどな。・・・いてて。」
「どういう意味だ、こら。」
澪の耳を引っ張りながら、律はなじった。
「冗談だ、冗談。」
その時澪のポケットの中から、音のしない振動が伝わってきた。
携帯にメールが来たらしい。開いてみる。
差出人を見て、澪は目を見張った。
「桂・・・?」
「桂って、」律が横からメールを覗き込みながら、「以前唯に絡んできた、あいつ?」
「ああ。しっかし、『初めてメールいたします。桂言葉です。この間はありがとうございました。』なんて、ずいぶん礼儀正しいなあ。」
「ちょっと正しすぎる気もするけどな。高校生とは思えん。」
「まあ、いいじゃんか。」澪はメールに目を通しながら、「清楚なお嬢さんなんだよ。私らと違ってさ。」
「おいおい、『私ら』ってなあ・・・。」
「『今までのいきさつ、すべて説明します。』って・・・・。」
澪は目で言葉のメールを追っていく。律も横から携帯画面を見つめる。
登下校の電車で、誠と一緒に居合わせることが多かったこと。
世界の紹介で、誠と付き合うようになったこと。
そして、言葉の異性恐怖症によるすれ違い。
その間に、世界が誠と関係を持ち、そのまま彼女になってしまったこと・・・。
返してといわれても断られてしまったこと・・・。
詳しく書かれていた。
「・・・しかしね、」律が苦笑いを浮かべながら「『西園寺さんが誠君に突かれて・・・』って、どんだけ生々しいこと書いてんだこいつ。」
澪も顔を赤らめ、
「それだけ印象が深いってことだね。まあ、そんなところを見てしまえば、疑心暗鬼になるのも無理ないけどな。」
澪はすぐに、新規メール作成のボタンを押した。
「あの・・・澪先輩、」梓が不安げな表情で机を乗り出す。「あんまり深く関わると、面倒なことになると思いますよ。」
「そうよ、澪ちゃん。よく言うじゃない。『人の恋路を邪魔する奴は、馬にけられてなんとやら』って。」
ムギも懸念の表情であるが、澪は無視して、次のような返信をした。
『好きだった恋人をとられて、すごいショックだったんだね。友人と話してもうまくいかなかったのか。思い切って、恋人に直接会ってみたらどうだ。本人から直接思いを聞くといいよ。』
太陽の半分が雲に隠れる。
「そういえば澪、桂のことになると目の色が変わるな・・・。」
夢中でメールを入力する澪を見ながら、律は独りごちた。


音楽室を飛び出し、トイレに入りこみ、唯は携帯電話を取り、誠に電話をしてみる。
『おかけになった電話番号は、電波の届かない所にあるか、電源が入っていないため、かかりません』
そのメッセージが、また届いた。
三回繰り返した。
何回やっても同じだった。
「どうして・・・どうしてなのよ・・・・マコちゃん・・・・!」
気がつくと一心不乱に走り出していた。
いつ校内を出たのかも、いつ校門を出たのかも、分からなかった。
我に帰ると、既に家の玄関にいた。
無言で入っていく唯に、
「お姉ちゃん・・・?」
憂の声がかかる。
憂はリビングで、何か紙に書いていたようだ。
「憂・・・。今日は、早いね。」
憂もなぜか元気がなく、目がうつろになっている。
「お姉ちゃんこそ。部活はどうしたの?」
「ごめん・・・。やる気にならない。」
「え、何故・・・?」
唖然とする憂に、唯は答えた。
「マコちゃんに会えない・・・マコちゃんが、私に返事してくれない・・・。
もうやる気、出ないよ。」
その後、一気に階段を駆け上がって自分の部屋に入り、ベッドの上に突っ伏した。
「・・・やっぱりお姉ちゃんには、伊藤さんが私以上に大切な人なんだね。」
ドア越しに呟く憂の声も、聞こえなかった。
顔を伏せているため、何も見えなかったが、誠の笑顔が視界によぎっていた。

「唯―! ごはんよー!!」
母の声で、唯は我に返った。
窓を見ると、日はもうとっくに暮れ、にび色の雲が空全体を覆う中で、傘を被った満月が顔をのぞかせていた。
うつ伏せになっている間に、寝てしまったらしい。
蒲団が少し濡れているのが気になった。
一つあくびをしてから、唯は部屋を出た。
「あれ、お母さん、早いね。」
「仕事が早く終わってね。今日はお父さんも来てるわよ。」
「本当に?」
唯の両親が仕事から帰って来て、今日は家族4人で夕食ということに。久々に家族だんらんができそうだ。
唯も気分転換にと思い、部屋着に着替えて、テーブルに座る。
「おえっ!」
「ま、まずい・・・。」
しかし、その日の料理は、これまでにない位まずかった。
唯だけではなく、両親までもがそう感じた・・・。
「・・・え・・・そう・・・?」
晩御飯を作った憂が、ぼんやりした表情で、ぼそりと答える。
「憂・・・砂糖と塩、間違えてる・・・。」
渋い顔をして、唯が言った。
ぼんやりした表情でかたまった憂だったが、やがて、
「ご、ごめんなさい!・・・ごめんなさい・・・作り直すわ。」
あわてて台所へ戻る。
「どうしちゃったのかしら、憂・・・いつもはこんな失敗しないのに。」
不思議がる母の隣で、唯は憂を見て、言った。
「そう言えば憂、少し痩せたね・・・。」
ふと、憂のポケットから、小さな紙切れがはらりと落ちる。
唯はさっと拾って、中身を見て思わず・・・
息をのんだ。
そこには
『伊藤死ね伊藤死ね伊藤死ね』
と、百辺ほど繰り返し書かれていた。
外で、雨が降り始めていた。


無数の白い電燈が、ぼんやりと道を照らし、そこに秋雨が入りこんでいる。
その横にある、年季の入った安アパート。
そこが世界の家である。
ぼんやりした思いを抱えつつ、誠はその前に来ていた。
「伊藤、何しに来た?」
七海が、アパートの前にいる。刹那もいる。
「何って、世界のお見舞いだよ。」
「いまさら謝っても、許してくれないとは思うけどな。」
「・・・わかってるよ・・・。」
ゆっくりとアパートに入る。
整理されている世界の家。彼女の部屋は玄関からすぐ右手。
ノックをし、
「誠だ。あけてくれ。」
「帰ってよ・・・。」
「分かってる・・・昨日は俺が悪かった。世界の言葉に、つい腹を立ててしまって。」
「もういいよ・・・ホント、帰ってってば・・・あの、ホント、桂さんのところにでも、平沢さんのところにでも、好きなところ行きなよ・・・。」
「行けないよ・・・。俺は、世界が好きだから・・・。」
入れないのは理解していた。
ドア越しに会話を続ける。
「ただ・・・、」誠は、少し黙ってから、口を開いた。「俺にも、ずっと忘れられない気持ちがあるんだ。消したいとは思ってるんだよ・・・。その気持ち、わかってくれないか?」
「・・・わからないよ・・・。」
「忘れたいとは思ってる。でも、忘れられない・・・。」本当は忘れたくない。忘れるべきことなのに。「世界だけを見ていたいとは、思っているけど・・・。」
「・・・・・。」
あんなことをして、許してもらえないとは、分かっていた。でも、世界が一番好き、なはず。けれども、言葉や唯のことも、忘れられない。
「手土産、おいていくよ。ババロア。お前の好物なんだろ。世界の母さんと一緒に食べてくれ。」
手に提げてきた、おしゃれな黄色い鞄を一つおいて、誠は家を後にした。

世界は部屋を出て、玄関を見てみた。
そこには、誠が置いて行ったババロアの折詰がある。
帰りにデパートで買ってきたものと思われる。包装を破り、一つ食べてみた。
「・・・おいしい・・・。」
それでも、誠の手作りのババロアには、劣る気がした。

雨の中を去っていく誠を見ながら、刹那は呟くように言った。
「七海。」
「ん?」
刹那は、頭を少し下げて答える。
「私たちが桂さんや、平沢さんをマークするようになってから、伊藤、結構暗くなってる。」
「おいおい、伊藤は世界の彼氏なんだぜ。他の子に目移りするあいつが悪いんだろうが。」
刹那は、七海に直接答えず、
「これは私個人の意見だから、七海は七海のやり方でやればいい。
ただ私、思うんだ。
桂さんや平沢さんを力づくで遠ざけても、伊藤の心は乱れるだけ。世界も不幸になってしまう。
伊藤自身が、最終的には好きな人を一人決めなきゃいけない気がするんだ。」
七海も思案顔になる。
「とはいえ、あのカイショウナシじゃあねえ・・・。」
「それでも、伊藤の結論を待つしかないよ。」
「だけどよ、もし桂や平沢さんを選んだとしたら?」
「伊藤が世界ではなく、あの二人のどちらかを選ぶのなら、仕方がないよ。」


マンションの周りには、いくつもの曲がりくねった電燈が、雨に打たれながらも、ぎらつく光を照らしている。
誠はボーっとして蝙蝠傘の滴を落とし、マンションのエレベーターに乗った。
雨がよく降る。
泰介からも、最近暗くなったといわれるけど、それは満たされない思いがあるから。
でもそれは、満たしてはいけない。
しかし・・・そのことで、世界を深く傷つけてしまって・・・。
言葉・・・はともかく、平沢さんのことは、忘れた方がいいのではなかろうか、でも・・・。
「誠君!」
ぎょっとして顔を上げると、家の入口に言葉がいる。
「言葉・・・。」
「えへへへ、来ちゃいました。」
「どうして・・・。」
「教員室で、3組の名簿を見て、住所を調べて。」
ほほえみを浮かべながら言葉は答えた。
「誠君の家、お母さんの帰りが遅いんですか?」
「ああ。」
「うちと一緒です。うちも、帰りが遅かったり、帰ってこなかったり・・・。仕事ばっかりですよ。」
まさか自分の家に言葉が来るとは。
ひょっとしたら、何度も電話やメールをしているのに自分が応じないから、怒っているのかもしれない。
「あの・・・誠君?」
「何?」
「あがっていって、いいですか・・・?」
「え・・・?」
「誠君の家に、来たかったんです。」
「・・・。」
わざわざここまで来てくれたのに、追い返すわけにもいかなかった。電話やメールのことも、断れなかった自分がいけないのだから。
「・・・結構、部屋散らかってるけど、それでもいいなら。」
「いえ。・・・では、お邪魔します・・・。」

誠は母との二人暮らしだが、母が看護師の仕事で帰りが遅かったり、夜勤で帰ってこなかったりしている。
そのため、彼はほとんど独り暮らしに近い生活を送っていた。
どちらかと言うと整理整頓は苦手なほうだが、誰が来ても恥ずかしくないように、休日には必ず掃除をする。
「きれいなところですね・・・。」
リビングで古い黒いソファーに座り、言葉はつぶやく。
「言葉のおうちと比べられると、厳しいけどね。」
誠はティーバックで紅茶を作り、差し出した。
「はあ・・・おいしい。」
「ふつうのお茶だよ。」
「なんだか、思い出します。」言葉はふと、遠い目をする。「屋上で食べたご飯、三人で仲良くご飯食べて、三人で笑って、三人で話して・・・。」
世界の仲介で、言葉と知り合ったころ。
上手く話せない二人を世界がサポートし、何とか話を盛り上げていた。
言葉とすれ違うこともなく、世界とも関係を持たなかった頃の話である。
「あの頃はよかったね、何もなく・・・。」
「ねえ、私、レモネード持ってきたのを覚えていますか?」
「ああ、あれはおいしかったな。」
「はい、あの時のレモネード、すごく温かかったです・・。ほんとよかった・・・、最近、電話もメールも通じなくて・・・。ほんと怖かった・・・。」
誠は胸を焦がした。
世界の強引な口調があったとはいえ、流されるままに着信拒否にしてしまったこと。世界には悪いとは思うものの、自分自身、それでは不満だったのを引きずっていたこと。
やはり自分は、駄目だなと思った。
紅茶を一口飲むと、言葉は真顔で誠を見つめ、
「誠君、逃げてるから・・・。」
「逃げてる?」
「私が、やだって拒絶してから、ずっと・・・。だから、連れ戻しに来たんです。」
「連れ戻しに、来た・・・?」
言葉はそこで、顔を近づけ、
「誠君・・・私のこと、好きですか・・・?」
「へ?」誠はぽっと顔を赤らめた。「いや、ずいぶん単刀直入な・・・どうして、んなことを。」
「いいから答えて。」
真剣な言葉のまなざしに、誠はつぶやくように、
「・・・・好きだよ。でも、俺は・・・俺には・・・。」
言葉は、誠が次のセリフを言うのより早く、
「西園寺さんや、平沢さんとのことは許してあげます。」
「え・・・。」
「西園寺さんにされても、平沢さんに強引に引っ張られても・・・たとえあの二人が、誠君を返してくれなくても・・・。」
「そうじゃなくて・・・俺は・・・。」
「私も分かっています。西園寺さんや、平沢さんの気持ちも。二人を誠君が、気にしているということも。」
「言葉・・・。」
「だけど、私のほうがもっと好きですから。もっと、誠君になんでもしてあげられますから。・・・そのかわり、私のお願い、受け入れてくれますか?」
「お願い? 構わないけど。」
「その・・・あの・・・。」
言葉は、顔を真っ赤にして、手を組む。
と、突然、彼女がずいっと近づき、
「え・・・わ!」
気がつくと誠は、黒いソファーの上に押し倒されていた。
きゃしゃな体のどこに、こんな強い力があるのか。
「私の全て・・・受け入れてください。私もう、拒まないですから・・・怖がらないですから・・・。」
潤んだ目で言葉は、誠を見つめた。
「言葉・・・!?」
「だから・・・だから・・・」誠の肩をつかむ言葉の両手に、力が入る。「私と、本当の恋人になってください・・・。」
「言葉・・・。」
胸がドキドキする。思わず言葉の頬に、右手を当てる。
「誠君・・・。」
誠は火照った顔を自覚しつつ、目を閉じ、言葉に顔を近づける。
雨の降る音に木枯らしが加わり、ピオーと音がし始めた。

その時、金属がこすれあう音が、ガララ、ガチャッと鳴った。
誠はすぐに、母が帰ってきたものと察する。
その勘が正しい証拠に「誠―、帰ってるのー?」と、玄関から間延びした声。
「母さんだ!」
思わず自分の上に馬乗りになっている言葉を突き飛ばし、乱れた服を整えなおした。
言葉も顔を赤らめて彼から離れ、制服を着直す。
「誠、帰ってるなら返事しなさい・・・あら、お友達? 何という名前?」
リビングに母が、顔だけのぞかせる。
「あ、俺の友達の、」恋人、というには余りに恥ずかしかった。「桂言葉。しかし母さん、今日は早いな。」
「彼女です。」言葉が誠の声を遮るようにいい。「はじめまして、桂言葉です。勝手にお邪魔して申し訳ありません。」
頭を下げた。
「あらら、誠の母です。息子が大変お世話になってます。」
「はい。」
二人とも以心伝心で気が合うと感じたらしい。たがいに満面の笑顔を浮かべている。
ようやく誠も、心から頬が緩んだ。
「誠も隅におけないのね。」母はニヤニヤしながら、「今日は本部から助っ人が来てくれてね、婦長もお母さんを気遣ってくれて、早めに帰れたのよ。そうだ、せっかくだから言葉さん、何か食べていかない?」
「あ・・・。ありがとうございます。」
「母さん、俺も手伝おうか?」
誠が腰を浮かせるが、
「いいのいいの。いつも誠には自炊させて申し訳ないと思ってたから。言葉さんとおしゃべりしてなさい。」
母は、奥の台所へ急いだ。
再び、言葉と誠は2人きりになった。ソファーで隣り合わせに座っている。
「誠君・・・ありがとうございます。」
「え?」
「誠君の本音、聞けましたから・・・。でも、誠君、西園寺さんや平沢さんに誘惑されて、いまどうかしてます。」
「どう・・・なんだろうな・・・。」
正直、あの2人も好きなのである。
「やっぱり、勇気を出して来た甲斐はありました。」
言葉は携帯を取り出し、受信メールを開いた。
誠はこっそりと、彼女のメールを横から見る。
どうやら言葉は、この人の励ましでここに来たようであった。
送信者は、秋山澪。
知らない人である。


3人で夕食を済ませた後、言葉を車で送り、誠と母は、帰途へ着いた。
助手席に座っている誠は、下から上へと過ぎ去っていく電燈をぼんやりと眺める。
ワイパーが激しく動いている。
「それにしても、貴方も隅におけないわねえ。あんなかわいい子を彼女にしていたなんて。
きっといいお嫁さんになるわよ。言葉さん。」
車を運転している母が、あっけらかんとした表情で話しかけてきた。
「・・・彼女、というわけじゃ、ないんだ・・・。」
重い声で、誠は答えた。
「そうかなあ、仲よさそうだったんだけど・・・。」
「ち、違うんだ。」誠は首を振って、言った。「嫌いではないし、気になってはいるんだけど。」
「・・・どういうこと?」
「もともと俺が好きだったのは、違う人だったんだ。
だけど、2学期になってから、その人の紹介で、言葉と知り合った。言葉も嫌いではなかったし、もともと憧れていた子だったんだ。」
「そう・・・。」
「でも・・・でも、好きな人をあきらめることができなくて、その人のアタックを気が付いたら受け入れていて・・・。自分も、思いを告げていた。」
「でも・・・貴方は言葉さんも好きなんでしょ?」
「そうだよ・・・。けど・・・その人はそれ以上に好きな人でもあるし、けど・・・最近はそうでもないんだ・・・。」
母は妙な顔になった。要領を得ない答え方に戸惑っているのだろう。
「俺の気になる人は、もう1人いて・・・、」誠は左手にある川を見つめながら、別の人の話をする。「その人は桜ケ丘高校の人で、軽音部をやっているんだ。
少し前に、あの人に誘われて、一緒に登下校したり、喫茶店に行ったりしてた。
ちょっと天然だけど、すっごく笑顔が魅力的で、それにすごい癒されて・・・。
それは、さっき話した子や、言葉にはないもので・・・。
強引に誘われても気にしなくなったし、もっとそばにいてほしいと、思うようになっちゃって・・・。
最近なかなか会えなくなって、なんか俺、どうかしちゃったよ。」
「・・・・。」
「正直、だれが好きなのか、もう分からないんだ。
誰が俺にとっての『1番』なのか・・・・。」
しばらくお互いに、何も言わなかった。
母も、何も言えなかったのかもしれない。
車は、水かさの増した川を横切り、マンションやファミレスの林立する街並みを通過していく。
夜空には何もない。月も見えない。
「くわしいことは母さん、よくわからないけれど、」母がやっと口を開いた。「じっくり決めていけばいいんじゃないの? まだ貴方は子供なんだし。時間はたっぷりあるんだし。」
「でも、学祭まで、もうあまり時間がないから。」
「学祭にこだわらなくてもいいじゃない。貴方の思い通りにすればいいことよ。マイペースで、じっくり頭と心で考えて、3人の中から1人選べば。」
「マイペースか・・・・。そうだな・・・。」
ふと誠は、車のサイドブレーキの隣にある母のかばんに、1枚の写真があるのを見つけた。
「母さん、それは・・・。」
自分が幼いころに撮ったと思われる、家族4人の写真。
父と、母と、妹と、自分。
なぜか父の顔が見えないように、トリミングが施してある。
おもわずくっくっ笑って、
「親父の顔、わざわざ消したのか。」
「ええ・・・。」陰った表情で、母は答えた。「最近、また外で子を作ったって噂よ・・・。」
「そうか。・・・ま、今となってはどうでもいいけどな・・・・。」
「いたるは気になるけどね。」母は気丈な表情にもどし、「今も仕事の帰りに、お土産買ったりしてるけどね。いつも聞かれるわよ。『おにーちゃんはげんきー?』とか、『いつおにーちゃんのはんばーぐたべれるー?』とか。」
「ははは、頼りにされて、うれしいような大変なような。」
誠は笑いながらも、すぐに表情を曇らせ、
「なあ母さん・・・俺も、親父と同じなのかな。」
「え・・・?」
「俺もなんだかんだで、二股も三股もかけてる。言葉や、世界や、平沢さんを傷つけていて・・・。」
また、しばらく沈黙が流れた。
車は、誠のマンションの駐車場にたどりついていた。
タイヤが水たまりをけり上げる。
「・・・大丈夫、あなたはあの人と違って、相手を思いやれる優しい心があるから。」
そういわれると、胸がきりきりする気がした。
いままで、自分は父と同じだと思っていたから・・・。
「思いやれる、優しい心、ね・・・。」気がつくと目が熱くなり、鼻汁のグスグスいう音が聞こえていた。「あれだけ、人を傷つけているのに・・・・。でも、ありがとう、母さん。」
携帯の電話帳を開く。
「言葉・・・・。平沢さん・・・・。」
2人にかけていた、着信拒否を解除した。


秋の天気は変わりやすい。
その翌日、残暑とでもいうべき30℃の暑さと、快晴が戻ってきた。
「あ、マコちゃん!!」
唯は軽音部の部室で、高い声をあげた。思わず周りがそちらを向く。
唯の携帯に、誠からお詫びのメールが届いたのだ。
『平沢さん、メールの返事が遅れてすみません。
ちょっと携帯の調子が悪くてね。
俺は学祭の準備、頑張っています。
桜ケ丘のみんなや、平沢さんをしっかり出迎えたいし。』
「ばんざーい!! 嫌われていなかったんだ!」
両手をあげて喜ぶ唯。
そんな彼女を、澪は目を細め、ただし心の一部に妙なしこりを抱えながら見つめていた。
ふと、携帯から音のない振動が届く。メールが来たようだ。
開いてみる。
「桂・・・。伊藤に会えたのか。」
澪の表情が、和らいだ。
『秋山さんに励まされて、勇気百倍になりました。
誠君も、私のこと好きだって言ってくれて・・・。
私、もう一度やり直してみようと思います。そして学祭で、いい思い出を作りたいです。』
「桂・・。」
「でもよ、」横から律が首を突っ込んでくる、「西園寺って奴や、唯のことはそいつ、なんて言ってたんだ?」
「いや・・・何も言ってない。となると、伊藤が1番好きな奴って、分からないな・・・。」
唯は、その事には気にも留めず、
「ばんざーい! ばんざーい! ばんざーい!」
と三唱を繰り返す。
「澪先輩も、あの桂って人に会ってから、なんだか変わっちゃいましたね・・・。」
梓が横眼で見ながら、つぶやく。律はからかい半分に、
「桂って奴が結構、澪の好みに合ってるんだろう。
これも一種の『恋』なんだろうさ。
好きな人に尽くすのは悪くないと思うぜ。」
「恋っていうわけじゃないけどさ、というか私はレズじゃないぞ。」澪は律を小突きながら、「でも、何となくほっとけない、助けたいようなはかなさが、何となく感じられたんだ。」
澪はそう言うと、練習のためベースを取り出す。唯もやる気が戻り、ギターでドレミファソラシドと弾いている。
「ま、あんなところだな。黙って見守るしかないな。」
律は呆れて肩をすくめる。
「ですけどね、ひっじょーに込み入ったところに2人とも、入っている気がするんですよ。
正直もう、あいつらとは関わりたくないですよ! 伊藤って奴とも、桂って人とも、他のみんなとも!!
どんどんややこしくなるばかりじゃないですか!!」
「・・・まあ、私たちはそれでもいいかもしれないけどね、
唯や澪はそうはいくまい。本気であいつらが気にかかるみたいだから。」ため息をつきながら、律は言った。「まあとりあえず、あたしらはあたしらで頑張ろうぜ。
ライブを済ませてさ、逆ナンパをしてさ、うちらにふさわしい彼氏を作ってさ、チェリーを卒業してさ、キャンプファイヤーで踊ってさ。
いい思い出を作ろうぜ。」
「そうね、学祭の後にはケーキバイキングもあるし。みんなでたくさん食べましょう。」
ムギもうなずく。
「ま、以前にも言ったよね。苦しみが人を成長させるって。私もできる限りあなたたちのサポートはするから、楽しんできなさい。」
さわ子も腕組みをしながら、穏やかに言った。
梓は一人、呟いた。
「もう地獄めぐりの気分・・・私たち、ただで帰れないかも・・・。」


そして、学祭の日・・・・・


続く


今回のおまけ
CROSS EPOCH
ドラゴンボールとワンピースのコラボ漫画。
これはもう、『刮目して見よ!!』と言うしかない!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

【 2011/10/13 22:11 】

| 小説 『Cross Ballade』(けいおん!×SchoolDays小説) | コメント(0) | トラックバック(3) |
<<海を見たいと思った | ホーム | 送る言葉 ~SKET DANCE・オクルコトバ 送辞~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/965-9f6a09cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
けいおん! #11
【ピンチ!】 前回のあらすじ・・・ うん!合宿でしたねw もうすぐ学園祭! 澪の大活躍した?去年の学園祭観たかったなぁ~って事で? あずにゃんの期待に答えるべき録画して ... 桜詩~SAKURAUTA~【 2011/10/27 22:44 】
けいおん! 番外編
【冬の日!】 手袋に失望した! ピックが持てない弦に絡まる・・・。 まぁそりゃそうですよね(・ω・ノ)ノ ブークロちゃんに失望する唯w みんな居ないんだ・・・ 袖ちゃんはバ ... 桜詩~SAKURAUTA~【 2011/10/31 10:50 】
けいおん!! 第2期 第1話 「高3!」  ~ 第27話(TV未放映) 「番外編 計画!」
けいおん!!  第2期 第1話 「高3!」 ~ 第27話(TV未放映) 「番外編 計画!」 平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬の軽音部4人は高校3年生として、始業式をむかえる。新入生がクラブを決めるこの時期に、去年新歓ライブで入部を決めた2年生の中野梓とともに、今... 動画共有アニメニュース【 2011/11/13 04:40 】
| ホーム |