FC2ブログ

野田内閣の融和政策は・・?
野田総理がアメリカに行き、日米同盟の深化、原発の安全性を確保した上で
もともと彼は『日米同盟は宝』と述べる日米基軸論者だからさもありなんだが、
原発はいかがなものか。
何か代替エネルギーを示しても良かった気がする。
(読売は評価、)

党内融和を優先させ、税調調査会も復活させた。
政策決定の一元化からは遠くなった感じか。
ただその分、なかなか案がまとまらないのは覚悟すべきだろうね。


もともとイギリスにならない、マニフェストで『政策決定の一元化』を載っけて鳩山内閣で進めた意味(そのために議員立法を禁止したりもした)は以下の3つ。
①政策決定のスピードアップ
②責任者の明確化
③族議員の消滅


ただ、政策決定から選挙まで党主導のイギリスとは異なり、日本は半分後援会頼み。
議員に活躍の場がなければ党が枯れるのと、政権運営の行き詰まりということで、少しずつ修正せざるを得なくなったらしい。
迅速さと多様な意見を両立して受け入れるために、協調性が求められるだろうね。
加えて族議員がひとり歩きしないよう、冷静な判断が必要。

復興増税として、

①所得税と法人税の増税。
②消費税増税


などの案が挙げられている。
ただ反対意見も多く、なかなかにまとまらないようだが。
個人的にはkojitakenさんのように、所得税の累進課税の強化や法人税増税に賛成か。
ただ、企業の発展を妨げるという意見もあるから、冷静に見守っていかないといけない。

やるだけのことはやって・・・なんて語ってきたけどね。
僕が本当に求めているのは、一生楽しめる生きがいと、自分の生きた証だって、最近思い始めてる。
社会人になって仕事に取り組み、勉強し、オピニオンを書いたり小説を書いたりして試行錯誤の繰り返しだけどさ、まだ見つからない。
少なくとも、一人旅とその先の写真撮影に勝っていない。
それが見つかればたとえ短い一生でも構わない。

だから、どちらも全力ででやらにゃあね。


今回のおまけ
青と赤編

えむえむっ! 第2話『似た者同士のディスタンス』


幕末機関説 いろはにほへと 第18話『宿命哀れなり』
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済

【 2011/09/24 20:46 】

| 主張・雑感 (政治関連) | コメント(0) | トラックバック(2) |
<<豊臣と徳川の間 〜江・千姫の婚礼〜 | ホーム | カメラの使い方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/948-a7530ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
増税こそ正義、逆らう議員はクビ!(恐怖政治)
ドサクサ紛れに民主党は何を決めようというのでしょうか。あなたたちはバカですか。腹立たしくてなりません。民主党は民主主義をあきらめてしまったようです(+_+) そもそも増税がすでに議論の前提になって... 雪裏の梅花【 2011/09/25 12:02 】
政策決定一元化の廃止
鳩山政権では政策決定の一元化のために、 政策調査会を廃止したり、提出法案を原則閣法とし、 議員立法を禁止したりしたのでした。 野田政権では(菅政権からはじめていましたが)、 この政策決定の一元化をやめて、政策調査会や 議員立法を復活させています。 ... たんぽぽの礼拝堂【 2011/09/29 21:44 】
| ホーム |