FC2ブログ

戦うもの 待つもの ~江・幻の関ヶ原~
いよいよ関ヶ原当日。
蛙が鳴き、池に飛び込む。
そんななかで、大姥局は防犯と火の用心。
ある意味では何気に、奥さんの鑑というべきなのかもしれない。

人質に取られることを拒んで自害したガラシャ。
これを機に、細川忠興が東軍に着き、人質にとらわれただいみょうはほとんどが西軍につき・・・。
といったところだろう。
勢力はほぼ二分(記録によって東軍・西軍の勢力は諸説あるが。)
天下分け目の決戦を、冷めた目で見る秀忠
今回の家康は、何を考えているかわからない一面がある。
には人あたりのいい一面を見せ、淀や武断派武将には忠臣の一面を見せ・・・と、ある意味様々な人格を使い分けている。
現実の人間に一番近い。
加えて武断派武将は、福島正則をはじめとして勇猛ではあるが単純な武将が少なくなかった。
彼らをけむに巻くのは簡単だったろう。


久々の登場の秀忠の兄・結城秀康。
とはいえ、家康にうとまれ秀吉の養子になったとは以前書いた。
冷遇された兄を見つめていれば、秀忠がシニカルになるのも当然か、と改めて思う。
関ヶ原の7年後に秀康は、34歳の若さで世を去る。
梅毒だったと言われているが、今までのストレスが多かったのも確かだろう。


いつの時代も風見鶏は多い。
京極高次に『豊臣にも徳川にも敵対してほしくない。両方に味方してほしい。』と言われた。
史実では西軍に嫡男を人質として送りつつ、西軍の動向を東軍に伝える・・・と言ったどっちつかずの対応を取って来ている。
実際にの懇願があったどうかは不明だが、右往左往していたのは確かだろう。

最後は大津城に戻り、西軍を迎え撃つ決意を固める…。
関ヶ原直前、西軍に降伏し、頭をそる行為までしたのだから、結果的にはまずい選択だったのだろうが・・・。
何が幸いするか、何が災いするかはいつの時代もわからない。


秀忠は上田城攻めを行うが、真田に阻まれる。
戦術となると真田政幸・幸村親子にかなうわけがないか・・・。

大津籠城戦では多勢に無勢、劣勢に立たされる高次
降伏することを決めた高次。
個人的には自害しようとする高次を、が止める、というシーンがあるとよかったんだけど。
後に残党と共に園城寺で剃髪し、9月15日(関ヶ原勃発)に高野山へ入る。
幸いなことに、それが西軍の勢力をそぐ結果になるのだから、本当に何が幸いするかわからない。

秀忠は武将らしくもなく落馬し、うつろな笑いをあげる。


今回のおまけ
NHK大河ドラマ~姫たちの戦国~」紀行 詩る。手の鳴る宝へ。
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/09/11 20:47 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(9) |
<<怒涛のショータイム ~銀魂・茨ガキと薔薇ガキ~ | ホーム | たばこの害とたばこ税>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/933-8e37e027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第35回
秀忠、到着せず・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109110004/ NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 江~姫たちの戦国~其ノ二 posted with amazlet at 11.09.08 吉俣良 ポニーキャニ... 日々“是”精進! ver.A【 2011/09/11 21:18 】
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆35高次の覚悟に初は淀の説得を断り最後まで高次を信じて戦った
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第35話は家康は上杉攻めのため会津へ向かっていたが、これは家康の策略であり、三成が動いたという知らせを聞いた家康は兵を引き換えし美濃へ ... オールマイティにコメンテート【 2011/09/11 21:18 】
「江~姫たちの戦国」第三十五話
関ヶ原で決戦の火ぶたが切られる時・・・。 第三十五話『幻の関ヶ原』ネタバレです。 関ヶ原合戦「武将」たちの言い分 (PHP文庫)岳 真也 PHP研究所 by G-Tools 三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ【 2011/09/11 21:29 】
江~姫たちの戦国~ 第三十五回
『幻の関ヶ原』 内容 父・家康(北大路欣也)より、上杉攻めの総大将を命じられた秀忠(向井理) 江(上野樹里)は、、、秀忠の無事を願うのみだった 一方、江戸へ向かった家康の挙兵を知った三成(萩... レベル999のFC2部屋【 2011/09/11 21:32 】
江~姫たちの戦国~ 第35回 「幻の関ヶ原」
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 あらすじ 江戸で江(上野樹里)が秀忠(向井理)の無事の帰還を願うな... 青いblog【 2011/09/11 22:43 】
江~姫たちの戦国~ 第35話 感想「幻の関ヶ原」
江~姫たちの戦国~ですが、石田三成(萩原聖人)が予定通り挙兵してくれて徳川家康(北大路欣也)はほくそ笑みます。徳川秀忠(向井理)は「タヌキが」と聞こえよがしに呟きますが、家康はあくまでこれは豊臣家を守る為であり、野心家の三成を懲らしめるのが目的だと強弁... 一言居士!スペードのAの放埓手記【 2011/09/12 00:10 】
NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第35回「幻の関ヶ原」
陰謀の主催者となってチョイ悪・・・っていうか腹黒オヤジとなった家康様、でもこの方がよっぽど魅力的!悪い人だけど憎めないですよねええ、お父さん~。にしても9月11日!何時ぞやの9・11事件の十周年、よりによってこんな日に戦争を中心に据えたエピソードになってしま... 真田のよもやま話【 2011/09/12 08:52 】
江~姫たちの戦国~ 第35回「幻の関ヶ原」
『江』のお時間です。あらすじ・・・・ みはいる・BのB【 2011/09/12 21:20 】
江~姫たちの戦国~第35話 「幻の関ケ原」
初出陣した秀忠の前に立ちふさがったのは真田幸村 戦い続行か!退き父の元(関ヶ原)へ急ぐか! 大将として決断を迫られた秀忠 そのころ初の夫京極も大将として決断を迫られていた-- 自分の一言で大勢の... shaberiba【 2011/09/12 22:55 】
| ホーム |