嫁と姑 ~江・徳川の妻~
徳川秀忠の乳母・大姥局
徳川の家に入っていびられまくる
まさしく嫁と姑の関係。
どこへいってもああいう口うるさいタイプが必要なのかねえ。

史実では、今川義元の家臣・岡部貞綱の娘で、川村重忠の妻。
今川家が滅んだあと北条に仕えたという話だが、夫の死後は駿河で暮らし、家康に召し抱えられたという。
記録はあまり残っていないので、彼女がどのような性格だったのかは不明。
確かに多くで権勢をふるったのは確かなようである。



関ヶ原の戦いを控える中、三成家康を責めるものの、家康はのらりくらり。
一触即発の危険をや初も悟る。
その前に三成と福島正則ら武断派との対立がひどかった。
現場の人間と中枢政権の側近は、いつの時代も相容れぬものがあるか。
『へいくわい者(横柄者)』と言われた三成だが、秀吉側近として泥をかぶり続けてきた三成の評判が悪くなるのも当然だったかもしれない。


家康との対立が深くなるなか、淀は大阪城に移る。
尊敬させる淀とは異なり、大姥局にいびられる毎日。
これがのちの大奥のベースになるのか?


前田利家の死と共に、武断派が反発し、三成の屋敷を取り囲む。
あえて家康に助けを求める三成
『わしはそういう豪胆な男が好きだ』
と言う家康
家康と三成の対決はとりあえず回避できたものの、対立は避けられないと考えた秀忠
大姥局
『万が一豊臣と徳川が対立しても、徳川の妻として生きてもらう。』
と言い切る。
はすぐに反発するが、すぐに産気ずいて出産。
・・・って、女の子?
あり、てっきり竹千代(家光)かと思ってたんだけどな。
勉強不足ですみません。


そして去っていくおね。
城を家康に任せるという。
後におねは出家し、高台院と名乗る。
前話で出た考え方の違いがそこで出たか。


いよいよ次は、ガラシャの最期。
最後に何を見るのやら。

今回のおまけ
2011年大河テーマ~詩る。紀行~二胡ver.
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/08/28 20:44 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(6) |
<<バラガキのトシ ~銀魂・デキの悪い兄弟を持つと苦労するが、デキが良くても結局苦労する~ | ホーム | 代表選候補者の内面と理念>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/921-824780a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【江~姫たちの戦国~】第三十三回
江戸での暮らしが始まった江(上野樹里)は秀忠(向井理)との2人目の子を妊娠。 「何としても嫡男を」と、うるさい大姥局(加賀まりこ)に対し、江は 「男の子を産んでみせる」と宣言してしまう。 一... ドラマ@見取り八段・実0段【 2011/08/28 21:00 】
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆33家康追い詰められた三成を謹慎させ実権を握り、江は2人目を産むも男子じゃなく再び大姥局のいびりが始まった
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第33話は家康が事実上の実権を握ったものの、まだ利家が健在の中では家康も易々とは動けなかった。そんな中江は2人目を妊娠していたが大姥局が ... オールマイティにコメンテート【 2011/08/28 21:18 】
NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第33回「徳川の嫁」
嫁!いい響きですけどねえ、嫁!○○○は俺の嫁~~~ってフレーズも一世を風靡しましたものねえ~~~。あらでもそんなノホホンとしている場合ではなかったですか?この時期は、往年の「功名が辻」でも「天地人」でも、いろいろあれこれ言われながらも盛りあがった感がご... 真田のよもやま話【 2011/08/28 22:06 】
江~姫たちの戦国~ 第33回 「徳川の嫁」
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 あらすじ 江戸での暮らしが始まった江(上野樹里)は秀忠(向井理)との2人目の子... 青いblog【 2011/08/28 22:19 】
江~姫たちの戦国~ 第33回「徳川の嫁」
今宵も、『江』のお時間です。 あらすじ・・・・・・・ みはいる・BのB【 2011/08/29 20:11 】
江~姫たちの戦国~ 第33話「徳川の嫁」
 ここまであまり描かれていなかったため、いささか唐突な展開になってしまったが、朝鮮出兵を境に豊臣家家臣団の分裂が始まっていた。一般に文治派と武断派の対立といわれ、その文治派といわれる代表的な人物が石田三成や小西行長、大谷吉継などで、武断派の代表は福島正... 坂の上のサインボード【 2011/08/31 00:35 】
| ホーム |