FC2ブログ

医療人って何だろう? ~『神様のカルテ・感想』~
家族の勧めで見た『神様のカルテ』
最初はだらだらした展開に眠くなりそうだったけど(ちょっと船こぎかけたからね。)
後半になるにつれて涙が流れましたね。
涙ぐんでた。

しかしイチもハルも下宿住まいか。
最初婿養子のかたちで、ハルの実家に住んでるのかと思ったぜ。
実際は学士を気取る青年と、画家を目指す大家の男と共に住んでいたようだ。
(最初ハルの家族かと思った。その点ではちょっと設定が読みにくかった。)

イチはそれなりに腕も立ち、患者さんからの信頼も厚い。(その分看護師泣かせなみたいだが・・・。)
一方でより高度な医療知識を身につけたいという欲求もあるらしくて・・・大学病院の講義に感動を覚えたり。
どっちの進路を選ぶか、劇中でちょっと迷うらしいのだが・・・。
(最終的には病院に残る道を選ぶ。この点、『ブラックジャックによろしく』の斎藤英次郎に似ているかもしれない。)


イチとハルはおしどり夫婦で(これもちょっと現実にあり得ないかも・・・。)
二人のホンワカした関係が、何気に癒された。
そういう関係を持てたから、イチもそれなりにストレスがたまらずに済んだんだろうな。
僕だったらやけ起こしそうだった。

不治の病に冒された患者をどう見取るか・・・。
原作は地方病院の実態にも触れているらしいんだけど、今回はこのテーマに絞った感じかな。
夫を亡くした身よりのない女性患者。
夫がいた頃のノスタルジーにはまりがち(夫が土産に買ったカステラを欲しがったり、夫と共に住んだ土地を懐かしがったり)
だったけど、それをイチが見抜いて答えてやったからこそ、患者さんは満足して亡くなったんだろうなあ。
しかし看護師もよく耐え抜いたね。看護師泣かせの医師なのに。


ラストで患者様からの手紙を受け取り、イチがすすり泣くシーンで、僕もジーンときた。
何もできなかったけど、頑張ったかいがあった。
それで病院に残る決意をしたわけだ。
そんな彼に、コウノトリからプレゼントが・・・という落ちが。


見ていて感じたんだけど、やはり僕はまだ『本当の』医療人ではない気がする。
まだイチのように熱心ではないし、『医療人の仕事』に押しつぶされかけている自分を恐れている。
やはり感性的には旅行が生きがいで、医療人としての仕事ではない気がするんだ。
(だから仕事に時間を費やされ、それにとらわれている自分を怖がっている)
それに、心の奥底ではまだ、人間を憎んでいるから。


『人間はエゴの塊』
『人風情に無私の心は持てない』
という考えは、自分の心をずっと見続けて感じたことと、人への憎悪がないまぜになった形で染み付いた『己が感性』
しつこくて一生かかっても取れない。



ただ、医療人として様々な人と接しているうちに、人にもさまざまな人がいると痛感する。
家を津波で流された者、お盆で様々な人に接待をする者、胃ろうの者。
僕も、彼らも、なぜ生きるのか、なんのために生きるのか。
まだわからない。
ただ、少なくとも僕自身は、働きつつ、旅行して楽しみつつ、見つけたいとは思っている。

『愛することと働くこと、この2つこと人間的成熟を示すものである(フロイト)』

『思いやりとは、ただ患者の手を握ることではありません。
思いやりとは、良質な医療を提供することなのです。』


今回のおまけ
青と赤編

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第13話『俺の後輩がこんなに腐っているわけがない』


幕末機関説 いろはにほへと 第14話『北へ』
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【 2011/08/28 00:28 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(3) |
<<代表選候補者の内面と理念 | ホーム | 『耳をすませば』以上に濃い! ~映画『コクリコ坂から』・感想~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/919-ff298901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
神様のカルテ
『ハチミツとクローバー』で共演した櫻井翔と宮崎あおいが今度は夫婦役で共演。2010年の本屋大賞2位にノミネートされた同名原作を『60歳のラブレター』、『白夜行』の深川栄洋が監督して映画化したヒューマンドラマだ。医療の現実に悩みながらも成長していく若手医... LOVE Cinemas 調布【 2011/08/28 01:47 】
映画『神様のカルテ』
原作を読んだ時にもさんざん泣いちゃって、 映画にもきっと泣かされるんだろうなと予想はしてました。 原作がいいからといって、映画が必ずしも期待通りにはいかないことも多いのですが、 この作品は期待を... よくばりアンテナ【 2011/08/28 09:15 】
「神様のカルテ」最期の時まで患者と親身に接した内科医と写真家夫婦のおくりびとストーリー
「神様のカルテ」は夏川草介原作の「神様のカルテ」を映画化した作品で、信州の松本市にある小さな病院に努める内科医が的確な診察で多くの患者が病院に訪れる。そんなある日末期 ... オールマイティにコメンテート【 2011/08/28 21:25 】
| ホーム |