夢のまた夢 ~江・秀吉死す~
秀忠とすっかり打ち解け、離縁を願う文も破り捨てる
それはそれでよいのか。
しかしながら家康と話す秀吉と再会してしまい、あっという間に不快に。

見舞いに来たらしい。
まあ、人たらしらしい気づかいではあるんだけど、厭味ったらしい口調だなあ。

「わしとはは口を聞かぬ」と言ったり・・・。
「拾が成人するまで生きたい」という秀吉だが、
その体は完全に病にむしばまれていた・・・。

すっかり家康の側近と化した本多正信。
それでも洞察力はなかなかのもので、秀吉亡き後の行動を考えるように勧める。
ごもっともである。

慶長の役勃発。
秀吉が明国王に『日本の国王 明の属国』と言われて切れたのが原因らしい。
まあ、ここでも秀吉の耄碌ップりがうかがえるが・・・。
側近・三成は唯々諾々と出兵の準備。
使われる武将からすれば三成を『へいくわい者(横柄者)』と呼ぶのも無理ないか。


そして、に妊娠が発覚。
「気が重い」と言うに『重いのはお腹では』という乳母。
上手いこと言わんでいい。
秀忠は『女子だといい』という。
まあ、当時の男性も女性も大変だったのだろう。
男性は後継者としてスパルタ教育を施されるか、戦の前線に出されるか。
女も政略結婚等で大名の駒にされる。

本当には子だくさんだったようで、『東洋のマリア・テレジア』と呼ばれるのも無理ないか。
もっとも、子供が数奇で悲劇的な運命をたどるのも似ているようで・・・。
(千姫も、マリア・テレジアの娘であるマリー・アントワネットもしかり。)


が娘を生み、彼女は千姫と名付けられる。
竹千代の字から取った、と秀忠はごまかすが、その可愛がりようはすごい。
人間味はあるわけだ。ツンデレか?

にもかかわらず、家康は千を秀頼の嫁に出したいと言い出す。
実際に出されるのは関ヶ原の後、秀頼13歳、千姫8歳のときなのだが・・・。
なんのことやら。

慶長の役の戦況が芳しくないので、秀吉は醍醐寺に行き、盛大に花見を催す。
ドラマでは能を舞っていたが、舞う途中で幻覚を見る。
桜の花びらが自分の手から飛んでいく幻覚を。
秀吉の死因はわかっていないが、脳梅毒とも、痢病とも言われている。
この頃には無意識のうちに失禁していたという。


なんとか家康に直談判し、合議制を承認させる。
更に初に近江6万石に与えるよう遺言する。
合議制に比べると地味な史実だが、浅井三姉妹をメインとしているからしょうがないか。

そして、 淀と共に、死の床の秀吉に会いに行く江。
仇がいつのまにやら大切な人になって行ったという淀。
それは秀吉の好色によるものだろうが、それでも不器用な優しさに魅かれていったのは確かだろう。
そして、江も。

『愛の反対は無関心』というマザー・テレサの言があるが、
まさに、『愛憎は表裏一体』ということだろうか。
江は、「自分から何もかもを奪ってきた」秀吉が憎いというが、
秀吉は、「江のおかげで楽しかった」という。
お互いに目の上のコブであったのは確かなのだろう。
そして、だからこそここまで来た。


江にかけた最後の言葉は、
「江、幸せになってくれ」

それは建て前か本音か。
それは誰にもわからない。


1598年(慶長3年)8月18日、豊臣秀吉没、享年62歳。

辞世:露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢


今回のおまけ
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12話 『俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない GOODEND』


幕末機関説 いろはにほへと 第12話『龍馬之言伝(りょうまのことづて)』
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/08/14 20:42 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(2) | トラックバック(8) |
<<小説『函館百景』その1 ~函館旅行記~ | ホーム | 二大政党制か、多党制か>>
コメント
--- 『東洋のマリア・テレジア』 ---

こんばんわ
江は『東洋のマリア・テレジア』と呼ばれていたのですか。そういえば似てますね。とすると徳川家は「東洋のハプスブルク家」といったところでしょうか。
また来ます。
haru * URL [編集] 【 2011/08/15 23:40 】
--- ---

haruさんへ

コメントありがとうございます。
『東洋のマリア・テレジア』
とはとある本に載ってましたね。
オーストリア帝国がいつまで続いたかはよく覚えていませんが、共通項は多かったと思いますよ。
SPIRIT(スピリット) * URL [編集] 【 2011/08/16 08:28 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/909-9034677b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
江 -姫たちの戦国- 第31回「秀吉死す」
前回、命がけで江を守った秀忠ですが、その後の様々な方の感想を見ていると一様に「どうして家臣が率先して秀忠を制止して自分が行かなかったのか」という疑問がわき上がっているのがわかります。ここは、余計な人を一切排除した演出なので、もはや歴史がどうだというので... あしたまにあーな【 2011/08/14 21:56 】
江~姫たちの戦国~第三十一話 秀吉死す
もう秀吉死ぬのか 展開が速いなあと思いきや、今年の大河は「坂の上の雲」があるので11月に終了で、あと3月ぐらいならこんなものなのでしょう。本能寺の変で明智光秀、死ぬ間 ... V36スカイラインクーペが欲しい!【 2011/08/15 23:11 】
江 ~姫たちの戦国~ 第31話「秀吉死す」
帰省先からもどりました--! 江にはやくも子(千姫)が誕生---- 秀忠さんは子にはデレデレのようで--。 向井君はなかなか愉快な?秀忠像をつくっていると感じます。 今までの子秀頼を思う秀吉の行動は... shaberiba【 2011/08/16 00:30 】
【江~姫たちの戦国~】第三十一回
大火事の際、夫・秀忠(向井理)が身をていして自分を守ってくれたことで、 江(上野樹里)は、徳川の妻として生きる決意を固め、娘・千を出産する。 一方、病に伏した秀吉(岸谷五朗)は、自分亡き後を... ドラマ@見取り八段・実0段【 2011/08/16 01:19 】
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第31回
桜吹雪が綺麗でした 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108140002/ 江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with amazlet at 11.08.11 NHK出版 (2011-05-31) 売 日々“是”精進! ver.A【 2011/08/16 05:42 】
「江 ~姫たちの戦国~」 第31回、秀吉死す
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」。第31回、秀吉死す。 豊臣秀吉、死去。 大きな変革の時が迫ります。 センゴク雑記【 2011/08/16 16:02 】
江~姫たちの戦国~ 第31回「秀吉死す」
お盆休み真っ最中ですが、『江』のお時間です。 あらすじ・・・・・・ みはいる・BのB【 2011/08/16 18:27 】
江~姫たちの戦国~ 第31話「秀吉死す」
 慶長3年(1598年)3月15日、豊臣秀吉は京都の醍醐寺において、盛大な花見の宴を催した。後世に名高い「醍醐の花見」である。醍醐寺は京の都の南東に位置する由緒ある名刹。秀吉のこのイベントにかける思いは並々ならぬものがあったようで、花見の責任者に奉行の... 坂の上のサインボード【 2011/08/17 22:30 】
| ホーム |