2度目の夫婦 ~江・母になる時~
すっかり養育役になった本多正信と、
怠惰でひねくれた秀忠
史実と立場が逆じゃないか?
従順な秀忠に嫌味を言って、挑発するのが本多正信のポジションかと思うんだけど。
史実でも『腸の腐った奴』だし。

(一説では『百姓は生かさず死なさず』という言を最初に言ったのも正信なんだとか。)

さて、夫婦になり、すっかりおしどり夫婦になった秀勝
秀勝の協調性が高いから仲良くなるんだろうね。

秀次にちょっと話しかける
関白の仕事は大変と愚痴る秀次
子ざるだと言い切るに対し、弟の秀勝が上手くなだめてまとめる。
やはり協調性が高くて、受け入れる器が大きいから出来る芸当なんだろうねえ。
政治家としての秀勝の業績はよくわかっていないが、
甲斐では郡内地方や河内における検地の実施を試みており、寺社への寺領安堵や禁制、中道往還の右左口に対する諸役免許発行などの行政をしている。


再び再開する淀と
再び子供がほしいと言う淀を気遣うに、悪阻の気が・・・。
この時に生まれる娘・完子は、秀忠の妻になってからは淀のもとで育てられ、財産相続はできないということになっていた。
豊臣が滅亡してからは秀忠の養女となり、武家と公家の仲介人になったという。


閑話休題、破竹の勢いに思われた豊臣軍。
実際は明が朝鮮に船を持たせなかっただけで、後に李舜臣の船団が来るとあっという間に負けるのだが・・・。
有頂天の秀吉に、母・大政所が病気になったという知らせが届く。

母曰く、「親にとって子供は、いつまでたっても同じ。」とのこと。
そうなのかもしれない。古今東西。
子は小さい時、駄々をこねて親に迷惑をかけ、大きくなったら自分だけの生き方を目指して親を振り回す。
それでも親が子をいとおしく思うのはのはなぜだろう。

大政所はその翌日に死亡する。
その知らせを聞いた秀吉は、その場で卒倒したという。



秀勝は現地住民との抗争でけがを負い、それが悪化してついに倒れてしまう。
史実では風土病で亡くなっていると言われているが、今度は敗血症だったのだろうか・・・。
その知らせが伝わったのは、江が産気づいた時。
秀勝の死と引き換えるかのように誕生した江の娘。
ドラマチック・・・と言いたいところだが、やはり付き合いが浅くてインパクトがアレなような・・・。
今後彼の遺言が紹介されるみたいだけど。

P.S. 史実の秀勝は隻眼だったと言われているんだけど、なぜ今回は両目?


今回のおまけ

関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/07/10 20:44 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(7) |
<<『サヨナラ』ダケガ人生ダ? ~銀魂・さよなライオンなんか言わせない~ | ホーム | 突っ切れ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/882-2b3b2331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆26秀勝病死!江は悲しみを乗り越えて秀勝の子を出産したのだった
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第26話は江は秀勝と結婚し、秀次の監視の為に聚楽第に居を移す。そんな束の間もすぐに終わり、秀勝が朝鮮へ出陣する事になり江はさみしい気持 ... オールマイティにコメンテート【 2011/07/10 23:05 】
【江~姫たちの戦国~】第二十六回
江(上野樹里)は豊臣秀勝(AKIRA)と結婚し、京・聚楽第で “愛する人の妻として生きる喜び”にあふれる日々を送っていた。 春、秀吉(岸谷五朗)は朝鮮への出兵を決め、秀勝も出陣することに。 江は不... ドラマ@見取り八段・実0段【 2011/07/10 23:05 】
江~姫たちの戦国~ 第26話「母になる時」
 お江の二人目の夫となった豊臣秀勝は、豊臣秀吉の甥にあたる。秀吉には姉の瑞龍院(智)、弟の豊臣秀長、妹の朝日姫(南明院)という三人の兄弟姉妹がいた。ちなみに、ドラマなどでよくある設定で、瑞龍院と秀吉は木下弥右衛門と天瑞院(仲)夫妻の子で、秀長と朝日姫は... 坂の上のサインボード【 2011/07/11 19:22 】
江~姫たちの戦国~ 第26回 「母になる時」
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 あらすじ 江(上野樹里)は豊臣秀勝(AKIRA)と結婚し、京・聚楽第で“... 青いblog【 2011/07/11 21:49 】
江~姫たちの戦国~ 第二十六話 母になる時
「文禄・慶長の役」がしょぼい感じがした ちょうど、昨日、yahooのGyaoで「不滅の李舜臣(イ・スンシン)」を見ていたので、余計そう感じた。なんせ「不滅の李舜臣(イ・スンシン) ... V36スカイラインクーペが欲しい!【 2011/07/11 23:05 】
江~姫たちの戦国~ 第二十六回 母になる時
『母になる時』 内容 秀次(北村有起哉)に関白を譲った秀吉(岸谷五朗)は、海外出兵を決断。 一方で、秀勝(AKIRA)に求婚され、結婚する江(上野樹里) そんななか、秀吉の命令で、居を聚楽第へと移し、兄・秀次の監視をすることに。 秀次、秀勝兄弟を微笑まし... レベル999のgoo部屋【 2011/07/11 23:10 】
『江~姫たちの戦国~』 第26回「母になる時」
&amp;nbsp;江が秀勝と結婚して、新たな生活が始まりました。もっとも、妻というにはまだまだな江の修行(?)が続いています。江戸の秀忠は、二人の結婚を聞き、自分ならあんな姫はとても・・・と、笑っていますが。その二人の使命(?)は、関白となった秀次を見張ること... ふるゆきホビー館【 2011/07/12 19:30 】
| ホーム |