FC2ブログ

天才茶人が求めたもの ~江・利休切腹~
人生七十(七十の人生)
力囲希咄(力強く声をあげた)
吾這寶剣(私の宝剣は)
祖佛共殺(祖先や仏を共に殺めてきた。)
堤る我得具足の一太刀(私の具足の一太刀が)
今此時ぞ天に抛(この時天になげうつのだ)


千利休辞世の句

利休切腹の理由は定かではなく、
・大徳寺三門(金毛閣)改修に当たって増上慢があったため、自身の雪駄履きの木像を楼門の二階に設置し、その下を秀吉に通らせた。
・安価の茶器類を高額で売り私腹を肥やした(売僧(まいす)の行い)疑いを持たれた。
・天皇陵の石を勝手に持ち出し手水鉢や庭石などに使った。
秀吉と茶道に対する考え方で対立した。
秀吉が利休の娘を妾にと望んだが、利休は「娘のおかげで出世していると思われたくない」と拒否し、秀吉はその事を深く恨んでいた。
・豊臣秀長死後の豊臣政権内の不安定さから来る政治闘争に巻き込まれたため。


天下をとってから秀吉が、剃刀のような切れ味をなくしているのは史実通り。
今回の利休切腹もそれによるものであろう。
もちろん、その前後には弟・秀長の死などもかさなっているが・・・・。

朝鮮侵攻を考え始めたのもこの頃。
今回は朝鮮との交渉に鶴松を連れて来て、あげく小便を垂らしてしまったために交渉決裂。
このあたりに、耄碌してきた秀吉の人柄がうかがえる。

秀長は52歳で亡くなる。
かなり心労がたたっていたらしい。
まあ、秀吉の影として、影に調整にまわっていたのだから、相当心労がたまっていただろう。
あまりサクセスストーリーがすぎるのも、人にとっては苦労か。
最後に秀長は、
『良薬口に苦し』
と言い残してこと切れる。
とはいえ、権力者の孤独。
だれも信用できない人間にとって、誰が信用できるか。
自他共に信用できまい。


三成が利休の悪いうわさを聞き、
動揺する秀吉。

秀吉のブレーンをあくまでやめようとする利休と、
あくまでブレーンであってほしいと思った秀吉。
本当は生かしておきたかったのであろう。
しかし、利休が言ったのは
「今の秀吉は面白くない」
ということだっが。
確かに、耄碌がひどくなったのは確かだ。
だが、それをはっきりと言えるというのも不思議である。
裏を返すと、それだけ秀吉を信頼していたし、秀吉に何でも言えたということだろうか。
あくまで、自分の信念を貫きたかったということだろうか。

言われた秀吉が出した最終的な決断は、切腹だった。

飄々としながらも、真理を鋭く突いてきた利休。
ブレーンの一人がいなくなったことで、豊臣政権はさらにおかしくなり始めるのだが・・・。
鶴松の死、朝鮮出兵、そのなかでガタガタになっていく。

・・・って、この話で切腹しないの?

今回のおまけ
~姫たちの戦国~(メインテーマ)【ピアノソロ】
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/06/26 20:45 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(1) | トラックバック(7) |
<<真の敵 ~銀魂・空の星~ | ホーム | 放射能の防ぎ方>>
コメント
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2011/10/10 13:01 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/865-6349d5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第24回
利休、まだ切腹しなかった・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106260004/ 江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with amazlet at 11.06.23 NHK出版 (2011... 日々“是”精進! ver.A【 2011/06/26 20:50 】
NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第24回「利休切腹」
いよいよ今作も折り返し点を過ぎまして利休様ともお別れですか。感慨深い・・・。関西弁でまったりした石坂様がなかなかステキでマッタリよろしゅうございました。って言うかそれ以前にそれ以上に、つくづくお若いですねええ、石坂様~。 真田のよもやま話【 2011/06/26 21:02 】
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆24秀吉論功行賞で家康を関東に国替え!弟秀長を失い更なる暴走で利休に切腹を命じた
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第24話は秀吉が北条攻めで勝利した事で天下統一を成し遂げた。その中で秀吉は家康に所領を関東への国替えを命じ、家康は拠点を関東に移す事に ... オールマイティにコメンテート【 2011/06/26 21:25 】
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第24話 感想「利休切腹」
秀吉と利休-------------。 パタパタと話が進んだと思えば、本番は次回ですか(^^;) 今年の大河は1週ずれてのタイトル内容が多いよなぁ。 そんな気がするわ。 それにしても・・・中盤は今回眠気を誘われた(><)&amp;lt;emoji code=&amp;quot;h263&amp;quot;... ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★【 2011/06/26 21:51 】
江~姫たちの戦国~ 第24回 「利休切腹」
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 あらすじ 江(上野樹里)は、傲慢さを増す秀吉(岸谷五朗)を公然と批... 青いblog【 2011/06/27 00:07 】
【江~姫たちの戦国~】第二十四回
江(上野樹里)は、傲慢さを増す秀吉(岸谷五朗)を公然と批判して茶頭辞任を申し出た 千利休(石坂浩二)の身を案じ、秀吉のおい・秀勝(AKIRA)に相談する。 秀勝へ淡い恋心を寄せる江。 父・家康(北... ドラマ@見取り八段・実0段【 2011/06/27 15:40 】
江~姫たちの戦国~ 第24話「利休切腹」
 天正19年(1591年)1月22日、豊臣秀吉の弟・豊臣秀長が病没した。秀長は、秀吉が木下藤吉郎と名乗っていた時代から兄の片腕として働き、秀吉が天下人となってからは、陰から豊臣政権を支えた。そんな秀長を、秀吉は誰よりも信頼していたという。まさに、「縁の... 坂の上のサインボード【 2011/06/30 09:22 】
| ホーム |