笑顔とハッピーエンド ~生まれる・最終話~
『結婚とは、男の権利を半分にして、義務を二倍にすることである。』

『人生には正真正銘の本質的な価値などない。
人生はただ、欲望と幻影によって動きつづけるだけだ。』
ショーペンハウアー



ずっと仕事に忙しくて、『生まれる。』も後半部を見れなかった。
ともあれ、やっぱり笑顔とハッピーエンドがお約束か。

一家のムードメーカーである浩二は、白血病が再発するも、生まれた子のHLAが同じであったため、移植手術を受けることが可能に。
もっとも、実際は免疫破壊時に感染症で感覚器に障害がおこるパターンが多いんだけどね。
とくに体に障害もなく、無事に治療した模様。
あの後、すぐに髪の毛はえたなあ・・・・。
(医師役がアンジャッシュの児嶋というのもねえ・・・。)

そして、母の高齢出産。
高血圧や難産の障害を抱えつつも、特に障害もなく赤ん坊が生まれてきた。
奇跡は案外起こる・・・と言われてもね、ちょっとリアリティにかける終わり方。
まあ、それはそれでいいのかもね。
鬱展開もちょっと多かったし。
しっかしほんと楽天的だねえ。
家族が心配して駆け付けても、病院でのんきそうにポカリ飲んでいたり。
まあ、そういう楽天的な性格だからこそ奇跡をおこせたんでしょうなあ。
『床の間の似合うやつ』
だったからこそ。


そして、最後に家族全員が母親に感謝する。
クライマックスとしてはいいのかな。
「産んでくれて、ありがとう」
「育ててくれて、ありがとう」
「自分の母でいてくれて、ありがとう」
でも、この当たり前と流していたことが、感謝するものなのかもしれない。

ちなみに太一の父である中野、サツにつかまってました。
その後太一がパンを贈るというラストで結ばれていたけど。
あの先輩にしても中野にしても、健在で闇に生きる。という形で終わらせてほしかったけどね。
周りは変えられなかったけど、とりあえず家族が幸せなら良かったものと。

生き方、家族。
それが僕にとっては何を意味するかわからない。
「人生を高めたい者は常に苦悩する」とはショーペンハウアーの言だけど、
少なくとも、自分の求める生き方、自分の幸せは、医療人としての自分の中にも、家族としての自分の中にもない気がする。
これから、どうなるのかは僕もわからないけれど。


今回のおまけ
Ayumi Hamasaki- A Song for XX
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:金曜ドラマ『生まれる。』 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/06/25 02:15 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<放射能の防ぎ方 | ホーム | 小説『Cross Ballade』 第3話『前兆』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/863-1b794492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |