豊臣の跡継ぎ ~江・父母の肖像~
秀吉は子が出来にくい体質

と、以前に何回か書いた。
好色な秀吉が子の出来にくい体質というのも皮肉な話である。
それにしても相変わらず家族を大事にする秀吉
やはりもともと百姓だったが故、苦労も大きかったからだろうか。

このころ、秀吉が天下をとる前後から、秀吉の人たらしの性格が鳴りを潜め、耄碌がひどくなっていく。
秀吉の子ではないと噂した群衆を殺害しようとし、それが見つからないと兵士を処刑。
さらに街を丸ごと焼き払う。
かなり残虐な行動が目立ち始める。
実際は今度生まれてくる子供(鶴松)が死んでから、朝鮮出兵、千利休・豊臣秀次処刑と残虐な行動をとるようになっていくのだが・・・。
残虐性を強調するためなのか。


城に移り住んだ茶々は、こののち、殿と呼ばれることになる。
そこで子を産むことになった。
秀吉もも、対立はすれど、姉ないし妻の安産は望みらしい。
まさしく呉越同舟か。

さて、無事に出産した
後にこの子は『捨』という名前をつけられる。
当時は、捨て子を拾って育てると丈夫に育つという迷信があったんだそうな。
初もわざわざやって来て、可愛がる。
いつの時代も赤子を思う心は変わらないのか。


さて、天下統一のために、秀吉は小田原・北条攻めを考える。
氏政・氏直親子は包囲されても、向こうの兵糧が切れると思いこんでいるようだが・・・。
やはり向こう傷の氏康の血は受け継がれなかったのか?

そして、天下統一のため、鶴松のため、小田原に出兵を決意する秀吉。
家康は先陣を任され、利休に相談をする。

わびさびの精神を家康に伝える利休。
狭い所に三人いると、見た目は狭いが、むしろ心は広く感じる、とのこと。
逆説めくな。
そのあたりで秀吉とも考え方が、どんどん違ってきていて、わからなくもなって来ていた。
秀吉の最側近として様々な顔を見たがゆえに、かえって最も見えなくなってると言ったところだろうか。
灯台もと暗し。
最も近いものが、最も見えないということだろうか。



秀次は鶴松が生まれてからというもの、後継者からも外されて面白くない様子。
それがこののちの残虐な行為にむすびつくのだろうか。

殿は世継ぎを生んだ側室として、浅井長政・お市の供養を頼む。
秀吉は殿を本当に愛していたから、もう抵抗感はなかったのだろうな。
両親の肖像画は・・・多分役者をモデルに書いたのだろうな。
当時の肖像画という感じがしないもん。
改めて両親を理解する三姉妹だが、少し遠くに離れてしまったと思う
同じものを同じようにみることはできないようだ。

後にの夫となる竹千代、後の徳川秀忠
慎重な人柄だったらしいが、どうも今回は父を反面教師としているのか、多少ひねくれた性格。
なぜにこうなった?
兄の秀康の冷遇を見たがためか?
はてさて、こんなんでおしどり夫婦ができあがるのだろうか。


今回のおまけ
遅ればせながら青と赤編。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第3話『俺の妹がこんなに可愛いわけがない


幕末機関説 いろはにほへと 第3話『石鶴楼都々逸(せっかくろうどどいつ)』
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/06/12 20:44 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(2) | トラックバック(10) |
<<6月11日の反原発デモは | ホーム | 告白 ~SKET DANCE・バレンタイン・クライシス中編~>>
コメント
--- ---

SPIRITさん、こんばんわ。
TBありがとうございました!

秀吉と茶々はようやく結ばれたと思ったら、展開が加速していくようですねー。
るーはまだ♯22を書いていないので、お忙しいとは思いますが、よかったらまた遊びに来て下さいねー!



主婦るー * URL [編集] 【 2011/06/13 21:41 】
--- ---

主婦るーさん、コメントありがとうございます。

茶々が秀吉に対して、憎しみだけだったのが愛情を交えるようになったプロセスがわかりにくかったのが残念ですがね。
とにもかくにも、今後は息子の死と秀頼の誕生が控えてるので、どう描写されていくか楽しみです。
SPIRIT(管理人) * URL [編集] 【 2011/06/14 13:36 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/851-bf13266c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
江~姫たちの戦国~ 第二十二回 父母の肖像
『父母の肖像』 内容 実子に恵まれず養子をとり続けた秀吉(岸谷五朗)であったが、 その秀吉と、、、茶々(宮沢りえ)の間に子どもが!!! 驚く江(上野樹里)ではあったが、姉に子が出来たことを素直に喜ぶのだった。 大政所(奈良岡朋子)の見舞いにやって来ていた... レベル999のgoo部屋【 2011/06/12 21:18 】
江 -姫たちの戦国- 第22回「父母の肖像」
前回までで授かった茶々と秀吉の間の子供がとうとう世の中に登場します。宮沢りえさんがものすごく苦しんでいる姿とその様子を外から慌ただしく見守る岸谷五朗さんと上野樹里を見ていると、現代ドラマのような感覚を受けてしまいます。 出産までのシーンに時間を使いなが あしたまにあーな【 2011/06/12 22:06 】
江~姫たちの戦国~ 第22回「父母の肖像」
『江』のお時間です。 あらすじ・・・ みはいる・BのB【 2011/06/12 22:32 】
【江~姫たちの戦国~】第二十二回
天正17年正月。 秀吉(岸谷五朗)の子を懐妊した茶々(宮沢りえ)は「男子を産む」と宣言。 “その代わり、かなえてほしい願いがある”という。やがて男子を出産。 秀吉は鶴松と名づけ、でき愛する。 江(... ドラマ@見取り八段・実0段【 2011/06/12 22:38 】
江~姫たちの戦国~ 第22回 「父母の肖像」
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 あらすじ 天正17年正月。秀吉(岸谷五朗)の子を懐妊した茶々(宮沢りえ)は「男子を... 青いblog【 2011/06/12 22:42 】
〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第22回「父母の肖像」 長浜時代に石松丸を産ませてますが。
秀吉は 長浜城主時代に側室南殿に 石松丸(羽柴秀勝)を産ませてますな。 もうひとり女の子が居たという説もあるし。 同じNHK大河ドラマでも 「おんな太閤記」の中では 佐久間良子演じる、 ねねがえらい嫉妬してるシーンありましたが。 茶々のお腹の子の親が秀吉じゃ... しっとう?岩田亜矢那【 2011/06/12 22:58 】
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第22話 感想「父母の肖像」
秀吉の子供-----------------!! ついに出来た豊臣家の跡取り。 姉に出来た子供のことを、ようやく嬉しいと言えるようになった江でしたが・・・。 めでたいめでたいと正月を祝う秀吉。 でも、北政所を思って三成などは気を使いまくり(^^;) そんなこと ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★【 2011/06/12 23:19 】
江~姫たちの戦国~ 第22話「父母の肖像」
 若い頃から多くの美女を閨に侍らせたといわれる豊臣秀吉だが、子宝に恵まれず、最晩年になってようやく淀殿(お茶々)との間に鶴松と秀頼を授かった・・・と、多くの物語で描かれている。しかし、実はこれより20年ほど前の長浜城時代に、側室・南殿との間に一男一女が... 坂の上のサインボード【 2011/06/13 01:51 】
江 第22話
ムカイリが出てくると楽しみにしてたのに最後のあれだけかい!w 初のとこはべたべた しなもにあ 2【 2011/06/13 06:38 】
「江~姫たちの戦国」♯21
絶対に許せない、、、でも。。。 日曜20時、NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」ね。 →「江~姫たちの戦国」♯1&2→「江~姫たちの戦国」♯3&4→「江~姫たちの戦国」♯5&6 →「江~姫たちの戦国」♯7... 続・主婦るーのTVあれこれ【 2011/06/13 21:35 】
| ホーム |