FC2ブログ

なぜ今、『ゴーマニズム宣言』か!?
古きを暖めて新しきを知る、もって師となるべし(論語)

『遅咲きじじい』に興味を持ち、『ビッグコミック』を立ち読みしている僕
このほか、『ニコニコ動画』で『おぼっちゃまくん(らんまと同じ時間帯に放送されていたとか)』を見たりもしています。

『変奇堂の漫画家』小林よしのり(高橋留美子とも交流があったとか)に興味を持ち、最近気になるのは

『ゴーマニズム宣言』です。
ゴーマニズム宣言


ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

最近の『ゴーマニズム宣言(略してゴー宣)』は、ギャグ漫画としても社会評論書としても低調なようですが、それでも読む人はいるようです。
大学の売店でSAPIOを売っているのですが、それを立ち読みしている人を見かけましたし。

ゴー宣は、少なくとも薬害エイズの頃までは、多くの人々に影響を与え続けていたようです。
ある時は部落差別問題を引き合いに出し、
ある時はオウム事件に口を出す。
そうかと思うと歴史問題に口を出す。

なぜ小林氏は、社会評論に手を出したのか、
そして人は、なぜゴー宣に引かれたのか。
最近僕はそれに興味があります。

小林氏の漫画の持つ、人をひきつける魔力を探り、それをこれからの自分の人生に生かしていきたいと思っていますが。
ゴーマンとは言っていますが、小林氏自身は繊細な人物のようですし。
そんな彼が『ゴーマニズム(自分の感性と直感を便りに傲慢を貫く)』の道をなぜとったのか、知りたいのです。

僕自身の推測としては3つありますね。
1.漫画家によくある裏っかき
日本人は謙譲を重んじる人であり、傲慢な人間は嫌います。
そこを承知の上で傲慢を貫くのは、漫画家の漫画家たるところでしょう。

2.簡単に反論できない空気作り
ゴーマニスト、とはいっても、客観的に見れば小林氏は一介の漫画家にすぎません。
それをうまくカバーするためには、簡単に反論できない空気を作る必要があったのだと思われます。

3.理論面での弱さを感性でカバーする。
論理的思考と現実感覚で勝負すると、必ず学者などに負けるという考えが、小林氏の中にあったのではないでしょうか。
ただし論理を並べないとついていかない人もいるので、ゴー宣は誰かの意見を引用していることも多いです。
最も人間、論理だけでは動かないのも事実で、感性で彼についていった読者も少なくなかったと思います。

幸い市の図書館にゴー宣の文庫版が置いているようなので、旧ゴー宣第1巻から借り、その漫画に秘められた、人をひきつける魔力を分析してみようと思います。

今週のおまけ
彼の代表作『おぼっちゃまくん』のOPの動画を載せようと思います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

【 2008/05/31 23:53 】

| 日々の生活(SPIRIT) | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<自分にとって教会は | ホーム | 現代語訳の八犬伝を読む日々>>
コメント
--- トラバありがとうございます。 ---

はじめまして、トラバ,ありがとうございます。

傲慢と言いながらも、主義主張を言い続ける姿勢はある意味傲慢でなければ
貫けないのでしょうね。ナンセンスと言い切れない遅咲きじじい(かなり、リアル)
は,読んで快適!笑って、しみじみ、、、な作品で、とても楽しみにして読んでいます。

きよみどす * URL [編集] 【 2008/06/01 14:16 】
--- ---

SPIRIT(スピリット)さん、ものすごいものに手を出すでござるな。
本当にゴー宣は功罪ともに大きいでござるよ。

そういえば、小林氏のヒット作である『おぼっちゃまくん』とらんまは切っても切れない関係でござるな。

1.両者のアニメ版が同じ時間帯に放送されていた
しかし視聴率はおぼっちゃまくんの方が圧倒し、らんまは放送時間を変更せざるを得なくなったでござる。
このとき一部のらんまファンから小林氏に
『小林よしのりkill you!』
『お前の下品なアニメのせいでおれの大好きなアニメが!』
という抗議文が送られたそうでござるよ。

2.高橋留美子氏の頼みで、小林氏がおぼっちゃまくんを少年サンデーに載せた。
このとき、女らんまがおぼっちゃまくんを抱き上げる形で共演をしているそうでござる。
拙者は一度それを見たいのですがね。
このときも、らんまファンから抗議があったとかないとか。

ゴー宣の『功』としては、部落差別やオウム事件、薬害エイズに言及して、多くの若者の関心を集めたことでござるな。
特に薬害エイズでは自らが『HIV訴訟を支える会』の会長となったでござる。
彼の影響で運動に参加したボランティアも多かったでござるよ。
(ただ、訴訟が和解となった後、『学生は運動をやめて日常に復帰せよ!』と主張したでござる。『新ゴー宣その行方を探る』ではその時の論争記録を載せているでござる)
コロンボス * URL [編集] 【 2008/06/01 16:06 】
--- ---

きよみどすさん、来てくれてありがとうございます。
小林氏は『わしの作品は父性を強調したものが多い』といっていますが、なるほど、遅咲きじじいの中には父性も流れているような気がしますね。

それからコロンボスさん、お久です。
ゴー宣に関する情報、ありがとうございます。
これからゴー宣を1巻から分析する予定なので、見ていってくださいね。
SPIRIT(スピリット) * URL [編集] 【 2008/06/06 23:49 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/84-563b2be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |