心も良しあし
最近、お客様と触れ合う中で、心とはなにか、考えるようになってきている。
『SPIRIT(魂)』というハンドルネームだし。
まだ実際に健康指導を行っているわけではないが、怒りっぽい人から神経質な人まで、さまざまな人がいるらしい。

『無私の心』なんて言葉を聞くが、僕はいまだに、
生まれついてエゴの塊である人間風情(無論僕も人間ね)に、無私の心など持てないと思っている。

『心』というのは善し悪しだ。
信義、希望、献身、愛(に近いもの)という感情を抱かせるのが心ならば、自我を持って欲望のままに動き、反対に抑うつ状態で動けなくなるのも心のなせる技。
あこがれや情熱を抱かせるのが心によるものだとすれば、怒りに荒れ狂い、躁状態で動き回るのも心の所業。


『オズの魔法使い』には、心を欲しがるブリキの木こりが出てくるが、彼は
「人間だったころ、恋をしたころが一番幸せだった。今は心がないからそういう幸せも感じ取れない。
と言っていたが、
要は心を手に入れて、昔のように血の通った情熱を感じたい、ということである。
だが彼の要望を聞いたオズの答えは次のようなものだった。

「ほとんどの人は心のおかげで不幸になっている。」

これを聞いたとき、僕は「なるほど」と思った。
心がないなら、喜びを感ずることもできないが、
底知れぬ悲しみ、絶望も感じずに済む。
感情がないからそれに支配されることもなく、淡々と日々を生きていける。
(人生としては豊かな色を失って単調になるんだろうけれど。)

以前にも書いた気がするけど、人間の喜怒哀楽のうち、『怒』と『哀』が強烈で頑固な感情だと書いた。
特に怒りはいったん沸騰するとなかなかに静まらない。
だからと言って人間の感情から『怒』と『哀』を消していいものか・・・となると、疑問に感じる人が少なくなかろう。
それでは感性が鈍って現実から遠ざかる。

バランスをとればいい、といえばそれまでだが、
(僕も仕事のストレスを食ったり、漫画を読んだりして解消しているが)
むしろたいていの人間は感情のコントロールを失って暴走することが多い。
人間のもっとも人間的な部分は感情だという話だが、もしそれが事実だとしたら、感情が心を作っていくということだろう。
だが時として、心は暴走する。
苦しみ、憎み、間違いをおかす。

ここで『心は善し悪し』という自分の意見に戻ることになる。

今回のおまけ

手嶌葵 『虹の彼方へ(over the rainbow)』
ご存知『オズの魔法使い』の主題歌。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

【 2011/05/25 23:19 】

| 主張・雑感(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<クイズとバレンタイン ~SKET DANCE~ | ホーム | 明かされた真実 ~銀魂・紙芝居 夢芝居 これでオシマイ~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/839-979149ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |