歴史に『もしも』はある? ~『歴史にもしもはない』・考察~
僕のような歴史好き・大河ドラマ好きにとっては無視できない金言に、

歴史にもしもはない
or
歴史のもしもはタブー


というのがある。
一般に後者が使われることが多いが、僕は前者の方を使っている。
「やり直せないから」
ということらしい。
この言に関して、Yahoo質問情報でこんな意見があった。

『この「歴史にもしもはない」というのは物凄い傲慢な、それこそエリート主義的な発想を感じます。
それこそ「歴史は我々学者が研究すべき高尚な学問で、下々の民衆が考える事ではないのだ」と言っているようにしか聞こえない。』


だが、本当にそうだろうか。僕は違うと思う。
『歴史にもしもはない』というのは、人間の『自分勝手なもしも』を戒めるための戒律なのではなかろうか。

例えば
『もしも坂本龍馬が近江屋で暗殺を免れていたらどうなるか?』
というIFを取り上げてみよう。
『もっと世の中良くなっていた』という考えも新聞の投稿で見かけた。
(ちなみに、黒鉄ヒロシのIF漫画はかなりぶっ飛んでいます。)
僕の考えは全然違っていて。
僕は『遅かれ早かれ龍馬は殺されていた。』
龍馬は幕府に建て着いたかと思えば、薩長の考えとも一線を画して幕府との妥協案の『大政奉還』に踏み切った。
だから多くの人から恨まれていた。
仮に近江屋で暗殺を免れていたとしても、第二・第三の暗殺者が現れて寝首を掻かれていたと思う。
これは一例だが、『もしも』というのは、作ろうと思えばいくらでも作れてしまう。

それだけじゃない。
これは歴史に限らず、勉強でも仕事でも恋愛でもそうなんだけど、
人は自分に都合のいいことしか想像しない傾向がある。
勉強や仕事だったら、早晩現実を知る時が来るんだけど、(逆を言うとこの時、己が胆力が試される)
歴史だったら、いったん思いこんだら人間、それが正しいと思ってしまう。

自分勝手な『歴史のIF』を戒めるためにも、
『歴史にもしもはない』
という言葉は必要だと思うし、そういう意味では金言だと思う。


今回のおまけ

中島みゆき 『旅人のうた』
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/04/22 22:53 】

| 主張・雑感(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<戦略の駒 ~江・離縁せよ~ | ホーム | 社会人で力を入れるべき時は?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/801-0d33241a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |