FC2ブログ

八犬伝考 その2 ~孝の犬士・犬塚信乃(いぬづか しの)~
八犬伝考 その2。
今回は、孝の犬士にして前半の主人公・犬塚信乃について語りたいと思います。

なぜ、孝の犬士が主人公なのか?
それは、江戸時代の人々にとって、『孝』が一番身近な美徳だったから、と僕は考えています。

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

彼は、結城合戦で足利一族に味方した犬塚番作を父として、武蔵国(現代の東京都)の大塚村で生まれます。
村長の娘である浜路(はまじ)という許婚と、兄妹のように育ちます。
結城合戦で関東管領である上杉家に奪われそうになった宝刀・村雨丸(むらさめまる)を足利家に返し、古河(現代の茨城県)にいる足利家に仕官するよう父に言われる信乃。
しかし、村雨を奪おうとした腹黒い村長夫婦の罠にかかり、番作は詰め腹を切らされます。

父の死を無駄にしないために、浜路の求愛を拒み、村雨を足利に献上するため旅立つ信乃。
(信乃も浜路を思っているかというと、そうでもないらしい。これは後述します。)
しかし、出発の時に村雨がすりかえられ、それに気づかず偽の村雨丸を足利家に献上し、暗殺者と疑われる羽目になってしまいます。
(道中、一度も中身を確認していないのは、何と言うか・・・・。)
さらに浜路も、奪われた村雨丸を取り返そうとし、殺されてしまいます。

足利の追っ手から逃れた信乃は、丶大(ちゅだい)という僧侶と出会い、自分が里見家を救う八犬士だということを知り、他の犬士たちと一緒に、安房の里見家へと向かいます。

原作の信乃
信乃は11歳まで、女姿で育てられています。
これは当時、『男子を女装させて育てると、丈夫に育つ』という迷信があったからだそうです。
周りからは「男なのに女装して」と、白い目で見られていました。(ちなみに本人は気づいてない)
それもそのはずで、信乃は9歳で『骨たくましく膂力(筋力)あり』
18歳で『身長五尺八九寸(約176cm。現代の18歳男性の平均体重は171?だから、少し高い)』と描写されるほどでしたから。
もっとも夢を壊したくないのか、漫画では中性的に描かれていますし、映画やドラマでは二枚目役者が演じることが多いのですが・・・。

性格は生真面目で、文武両道。
奇才の若人と言われるほど・・・なのですが、どこか抜けています。
『道を歩けば犬のウン○を1つ2つ踏みそう』と評されているほど。
先に述べた村雨丸盗難のほか、犬を馬代わりに乗り回す等、抜けっぷりは多いです。
アインシュタインは、戸籍登録の際に自分の名前を忘れて、その日登録できなかったといわれていますが、その類でしょうか。
ま、天才と馬鹿は紙一重、と言うところかな。

そして、女性に極めて冷たいんですよね。
古河出立の前夜、浜路が信乃恋しさに夜這いをした時に言った言葉は
「李下に冠を正さずというではないか、早く戻れ」の一点ばり。
浜路に対して冷たいことを親友がとがめると、彼はこういうんですね。

「女性は水のようなもので、心移りが早い。自分がしばらくいなければ、自分を忘れて別の男を好きになるだろう。(僕の意訳)」
(実際の浜路は移り気などころか、ひたすらに許婚のために操を立て、死んでいくのですが・・・。)


この女性に対する冷たさと、大望への異常な執着から、ハムレットと比較する評論家もいます。
(ハムレットも恋人オフィーリアに対し、「尼寺へ行け! お前の美しさは、お前の貞淑を淫奔に変えてしまう。尼寺へ行け!」と突き放しますし、「弱きもの、汝の名は女!」と決めてかかります。)




結構長くなりましたので、映像作品の信乃に関しては次回、語ります。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:THE 八犬伝 - ジャンル:アニメ・コミック

【 2008/03/21 11:48 】

| 八犬伝関連(SPIRIT) | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<誰か治して、俺の『アマノジャク癖』 | ホーム | 薬学生SPIRITの人生観(今のところだが)>>
コメント
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2008/03/22 17:09 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/69-ed0c6b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |