カウントダウン ~龍馬伝・龍馬の妻~
面白き こともなき世を 面白く

高杉晋作の辞世の句だが、僕は最近この句が好きになって来ている。
不摂政な生活が相まって彼は既に結核に冒されていた。
彼は最期の最期に何を見ていたのか。
やはり彼は、この句の通りになることを夢に見て、そして行動していたのではあるまいか。
アウトローの面のある彼だからこそ、人は集まったんだろうけど。

留学を考えているあたり、それなりに彼も広い世界を持っていたんだろうけれど。

さて、坂本龍馬はお龍と結婚して長崎へ
薩長の盟約書の執筆が夫婦としての共同作業か。
それにしてもお龍、結構明るくなったなあ。
亀山社中のみんなと笑顔でお酒が飲めて。

さすがにお元と合った時には、無愛想な本性が戻ったみたいだけど。
しかし陸奥って結構有能だけど、人間としては冷たいな。
酒の席で水を差すようなことを・・・・。

岩崎弥太郎は象二郎に取り入り、商人をやめて象二郎のもとで働くことに。
龍馬の言葉が頭に響いているのかねえ。

今回のおまけ
銀魂 99話 『人生もゲームもバグだらけ』
『バキボキメモリアル』 『信長のゲボェ』・・・ってろくなゲームがないな。

関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/09/12 23:47 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(2) |
<<避けてほしかった 『OK牧場の決斗』 | ホーム | 僕は見知らぬ世界を見るのが好き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/616-24ae6e33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【大河ドラマ】龍馬伝 第37回:龍馬の妻
夫婦になったぜよ(*´∀`*) 【今回の流れ】 ・寺田屋で重傷を負った龍馬は薩摩藩邸に担ぎ込まれる  お龍の看病の甲斐もあって何とか動け... 大河ドラマ感想記【 2010/09/13 00:02 】
龍馬伝 第37回 「龍馬の妻」
あらすじ 寺田屋の襲撃で生死をさまよった龍馬(福山雅治)は、お龍(真木よう子)の看病で動けるようになり、安全な薩摩で療養す... 青いblog【 2010/09/17 08:12 】
| ホーム |