寺田屋の受難 ~龍馬伝・寺田屋騒動~
歴史に『もしも』はないと言われている。やり直すことが出来ないからである
それでも人は、歴史のもしもを想像するのは何故なのだろう。
もし、坂本龍馬が寺田屋騒動で命を落としていたら、どうなっていたであろう。そう思わせる今回の回。

寺田屋騒動で龍馬は指を切られ、材木屋で身をひそめていたという。
その間、三吉慎三とお龍は薩摩藩亭へ。
さすがに「血が止まらない」とうわごとを繰り返すのが悲しく、人間くさい。
こんどばかりは最期を覚悟していたのではなかろうか。

それにしても岩崎弥太郎は相変わらずしゃべるしゃべる。
後藤象二郎に取りいる弥太郎に対し、「自分が何をしたいか、世の中がどうなるのかを見落としてはいけない」と諭す龍馬。
おそらく象二郎の力におびえる弥太郎が不安だったからこそ、言ったのではなかろうか。

さて、龍馬がもしこの騒動で命を落としていたら、どうなっていただろう。
亀山社中は勿論消えていくだろうが、薩長同盟までご破算になっていたか。それは違うと思う。既に西郷と勝との手紙のやり取りの中で、将来幕府を見限り、薩摩に着くべきだという手紙を受け取っていたから。龍馬のおかげで同盟が進んだところまでいったのだから、この先どんどん推し進めていくであろう。 
ただ、戊辰戦争のような幕府対薩長の戦いがより早い時期に起こるのではなかろうか
。もとより大政奉還は、龍馬が案を立てた妥協案だったのだから。


今回のおまけ
銀魂【芙蓉MAD】衝動
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/09/05 22:39 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(2) |
<<将軍と遊ぼう | ホーム | 目をつけられる龍馬>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/613-df736e09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【大河ドラマ】龍馬伝 第36回:寺田屋騒動
まさに三吉無双でしたね(`・ω・´) 今風の言い方だと、三吉△(三吉さんかっけー!)といったところでしょうか(笑) 【今回の流れ】 ・薩... 大河ドラマ感想記【 2010/09/06 00:55 】
龍馬伝 第36回 「寺田屋騒動」
縺ゅi縺吶§ # 阮ゥ髟キ蜷檎屐繧帝≠縺偵◆鮴埼ヲャ?育ヲ丞アア髮?イサ?峨?縲∝ッコ逕ー螻九〒莨剰ヲ句・芽。後↓隘イ謦?&繧後k縲ゅ♀鮴搾シ育悄譛ィ繧医≧蟄撰シ峨?遏・繧峨○縺ァ鮴埼ヲャ縺ィ荳牙翠?育ュァ蛻ゥ螟... 青いblog【 2010/09/08 17:25 】
| ホーム |