兄弟・それぞれの初陣 ~坂の上の雲・日清開戦~
日清戦争がはじまり、秋山兄弟は初陣を迎える。

しかし東郷平八郎って、結構好戦的なんだなあ。
斥候が清国の船で人質にとられると、その船に大砲をぶっ放したり。

好古は陸軍として前線に。
それなりの地位には就いていたみたいだが、自ら前線に切り込むあたりは、上官の鏡といえましょうか。
『口やかましき号令者』ではいけないもんな。
日清戦争では軍神といわれていたみたいだが、幼いころは全然そうは思われなかったという。
そこはやはり、兄の修身のたまものといえましょうか。


方や弟、真之は巡洋艦に乗り込むが、敵艦隊の襲撃を受けて大切な部下をなくす。
ある意味、これが戦争の恐ろしさ。
『自分は軍人に向いてないのでは』と思うのも無理もない気がする。
そんな彼に対し、東郷は
「悩み、指揮官としてベストな選択を考えよ」
とアドバイスを残す。
ある意味、無力感も後悔も抱えて生きるのが人間なのかもしれないねえ。
医者も、薬剤師も。

正岡子規は従軍記者として大陸に渡る。
現地で日本軍によって殺戮・略奪された街を見て、明るい子規も何かを感じ取る。
やはり文学者は文学者なのやな。

また、現地で軍医・森鴎外と会い、日本軍のほとんどは戦争ではなく、病気で死んだということを知る。
「子供のような付き添い」と次の話では語られているが、やはり子規にとって精神的に、そして健康的にも大いに影響のあった旅立った気がする。
(森鴎外が進めた食事が、軍の中で脚気を広めさせたというのも皮肉な話だが。)


今回のおまけ
坂の上の雲のまち
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:NHKスペシャルドラマ・坂の上の雲 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2009/12/30 23:10 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<第877回「ベスト・オブ・ミュージック2009!」 | ホーム | 三銃士の中で印象深いのは・・・。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/525-09af8e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |