FC2ブログ

それぞれの道 坂の上の雲・感想
正岡子規はついに喀血するが、それでも家族の前では元気。
まあ、周りに心配かけたくなかったんだろうなあ。
その前ぶれが全然出てなかったのは残念だけど。

かたや海軍にはいり、地元の人から尊敬を受けつつも、父の死を知って悲しみに暮れる秋山真之。
そのあたりは人間くさくて好きだなあ。
どうもあの父親はひょうひょうとしすぎて印象に残らないけれど。
それでも
「勝ちは土壇場でとっておけ」
等の格言を言うあたり、それなりに息子には影響があったのかもね。

かたや兄の好古は結婚することに。
このあたりの演出が妙だな。
あるいみでは印象的と言えるのかもしれないけれど。
結婚を嫌っていた好古が、結局上官や母の縁談で結婚するあたりは、まさしく『砦が落ちる』というところなんだけれど。
結婚は人生の墓場』とは詩人・ボードレールの言葉が転じたものとされているが、好古の場合はどうなることやら。

さて、そんなこんなで始まる日清戦争。
好古も真之も参加するみたいですが・・・。
ビデオ再びしっかりと見てみます。

今回のおまけ
Stand Alone サラ・ブライトマン×久石 譲
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:NHKスペシャルドラマ・坂の上の雲 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2009/12/29 13:41 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<三銃士の中で印象深いのは・・・。 | ホーム | 自分の居場所>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/523-e7f80203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |