元気の出る作品 ~坂の上の雲・感想~
坂の上の雲を見ていると元気が出ます。
秋山真之が将来に迷う姿と自分の姿が重なります。
僕も将来に迷っている。
「博士としてやっていくのはつらい」と言われて・・・。
博士に行けないのがつらいのか、それとも何もできずに終わるのがつらいだけなのか。
自分のやりたいこと、やれることは何なのか。

おっと話がそれた。
二流の博士になっていいのか悩んだ末、中退して軍人の道を突き進んだ真之。
時に大きな決断が大事だよね。

続きはまた今度

今回のおまけ
秋山兄弟の銅像

関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:スペシャルドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2009/12/09 23:39 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<元気の出る作品 | ホーム | 人間いたるところ青山あり ~坂の上の雲感想~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/519-47000837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
坂の上の雲 第2回 「青雲」
あらすじ 真之(本木雅弘)と子規(香川照之)は、東京大学予備門に合格する。しかし、真之は自分が何をすべきか悩む。「俳句をやりたい... 青いblog【 2009/12/11 21:24 】
| ホーム |