いつの時代も・・・。~天地人感想~
いつの時代も有能な親や兄弟がいると苦しむらしい。
周りから比較されて・・・。
与七も例外ではなかった。

与七はコンプレックスと向上心で、秀吉の懐柔策に乗ったんだけどね。
兼続も少しは弟の気持ちを理解してほしいと思う。

しかし結局官位を景勝と兼続も受け取る・・・。
だったら秀吉にあんな説教は言わないほうがよかったんじゃ・・・。
あくまで損得なく忠誠を誓うんなら、空位は返す、という感じでよかったのに。

しかし人間は理想を求めるけれど、結局は損得で動くのだな。
そういう意味では秀吉の懐柔策はなかなかのものな気がする。(官位はどうかと思うけど…まあそこは秀吉のコンプレックスだな。)
のちにそれを利用して関が原に勝ったのが家康か。
互いの利害損得(しかも人間、それを正義と信じやすいのが厄介)が絡むなかでは、家康や秀吉の様に海千山千でないとやっていけないような気がする
つまり皆さん、サルやタヌキになりなさい、ということです。
(しかし秀吉と家康が向かい合うと、まさにそんな雰囲気が出てくる)

コンプレックスからだんだんと兄から離れたくなる与七。
このまま秀吉側につかれなければいいけれど。

P.S.ラストでお船が子供を身ごもるけれど、早死にして、直江家は絶えてしまうんだよね…。

今回のおまけ



関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:天地人 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2009/07/05 22:45 】

| 大河ドラマ(天地人) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<プレゼンは・・・。 | ホーム | そう簡単に屈しない ~天地人感想~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/449-fd3c53c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |