バッシングは今も昔も同じ? ゴー宣・第6巻
ゴーマニズム宣言〈6〉 (幻冬舎文庫)ゴーマニズム宣言〈6〉 (幻冬舎文庫)
(1999/11)
小林 よしのり

商品詳細を見る


いつの時代も有名になると、批判やら揚げ足取りやらが来るのでしょうな。
ゴー宣も第6巻に入ると、さまざまな批判を受けるようになります。(週刊文春や週刊現代・サンデー毎日等。合計すると310万部ぐらい)
裏を返すとそれだけ有名になったと言うことでしょうか。自分はカリスマを自称しているし。
カリスマ=北の将軍?


第6巻ではすが秀実氏(当時は絓秀実氏)と永尾カルビ
氏に再反論を行っています。

すが秀実氏

すが秀美氏にも『小難しい』と批判しているのですが、それ以上に『チンカス』『アマチュアの匂う半端なプロ』と批判されているのが永尾カルビ氏。
永尾氏も
『小林氏のノー天気な痴呆顔をみるにつけ』
『たかが漫画なのに、「日本を変えてやる」というとは、猛暑も罪なもんだ。
1人市民運動は飽きたから、もういいよ。』

などと書いています。
小林氏どころか読者やブレーンにとってもこの批評はボロクソで、
『話にならない、へそ曲がりの駄文を商売にするクチ』(部落解放同盟代表・みなみあめん坊氏)
『まんまイソップ物語の「狐とブドウの話」
(注:手の届かないブドウに対して狐が「あれはすっぱいから食べないんだ」と言った話。)』

『凡人なら凡人らしく、他人を認める能力を身に着けろ。』

と言われる体たらく。
同じことは『サンデー毎日』でやくみつる氏も言っているようですが、こちらはあまり批判されていません。
当時同じ『SPA!』に書いていたと言うこともあるでしょうが、
やくみつる氏が書き出しでl、

「今、週刊『SPA!』の小林よしのり先生の『ゴーマニズム宣言』が売りで、部数も順調に伸びていると聞き及んでおります。(中略)
ところが最近、その小林先生に対して、
『最初はよかったけど、単なるゴーマン野郎になってきた』とか、
『「ゴー宣」が売れてきて勘違いしているのでは?』とか、
その手の悪口を耳にいたします。
何しろ小林先生は『SPA!』を背負って立っているのですから、頑張っていただきたいと心配している次第です。(以下略)」


と、言葉を慎重に選んでいるのに対して
永尾カルビ氏は

『ほどよく、叩きごろである。
見ごろ食べごろ笑いごろと言ったのはキャンディーズだが、
小林よしのりは今が見ごろ食べごろ叩きごろである。(以下略)』


と、書き出しからしてがからかい半分。
逆を言えば、
『中途半端な覚悟で人をからかうと手痛いしっぺ返しにあう』ということでしょうな。
まあ小林氏自身、「耐え抜けば松田聖子やビートたけしのように、その人の価値観が不動になる」と言っていたが、小林氏はどうだったか。
小林氏も歴史問題ではこんな『茶々丸』っぽくなってるし。
茶々丸君のこと



ちぐはぐな内閣
政界花いちもんめ

政策でも理念でも水と油の社会党(現社民党)自民党
55年体制からこっち、与野党としてずっと対立してきましたが、この2つが連立を組んだことがありました。
村山内閣橋本内閣のこと。
これを皮肉ったのが、『政界花いちもんめ』

小林氏は自民党でも社会党でもそれなりの力のある人間には、インタビューしたり、持ち上げたりしているんですけれどもねえ・・・。(石原慎太郎氏や小森龍邦氏など)
『民主主義は妥協の産物(金丸信)』とはもうせ、政策ないがしろにして連立を組むのはどうかと、ということでしょうな。
当時は『庶民に優しい人』『金持ちに優しい人』も
小林氏、どちらも受け入れているみたいですし。


・これって開き直り?
わしは美しいナルシスト

今もこの当時も(噂の真相等)

「小林氏がかっこよく描かれすぎ」
という批判は多かったらしいが、佐川一政氏との対談で
佐川氏の似顔がひどいと言う批判を受けたのをきっかけに

「人は自分の顔には大なり小なりナルシズムがあるんや。
わしもナルシスト、あんたもナルシスト、みんなナルシスト。
この漫画に出たものは選ばれた者だから自慢しろ!」
7

と、開き直った発現をした話。
佐川一政氏

上が似顔なのですが、それほどひどいとも思えないなあ・・・。
聖人列伝の故・渡辺美智雄氏(渡辺喜美氏の父)もひどい顔だし。
渡辺美智雄氏(ミッチー)

まあ、時が経つに連れてそれはどんどんひどくなってきた気もしますが。

もともと、

『主人公は親しみやすく、(カッコイイ・可愛い)
脇役は思い切り個性を強く』


というのは、漫画の常套手段なんですけどね。
この当時は、綺麗に描かれている人も不細工に描かれている人も、それなりに個性があった。
それがどんどん薄れ、単純な『いい奴と悪い奴』に分化してきているんですよね。
加えてゴー宣のテーマもどんどんマニアックになってきていますし。
それが没落の原因のひとつかも。

・左派的な面も、封建的な面もあり。
ミスコン反対運動批判では、小林氏の封建的なところも見つけられます。
ついでに、ミスコン反対物差し音頭もこき下ろしてますが。
ミスコン反対物差し音頭

・・・この音頭には僕もあきれた。別に本人達が楽しめればいいじゃないか。

小林氏はおじいちゃん子で、祖父が封建的だったからこそ、こういう一面もあるんだろうな。
(父は星一徹のようなタイプがすき、とも言っているし。)
封建的な面と民主的な面を両方持つ小林氏のバランスが、当時としてはうかがえます。

今回のおまけ
おぼっちゃまくん 『歌ってゴメンなサイン』
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:小林よしのり - ジャンル:アニメ・コミック

【 2009/04/11 19:47 】

| ゴー宣・分析(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<大学院、新たな戦い | ホーム | 合理主義者の兼続と、一直線の景勝ら? ~天地人感想~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/393-6d8bf98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |