疑惑の果てに ~天地人感想~
いよいよ対立する景虎と景勝。
ともあれ、直江兼続、景勝のため、内乱を抑えるためと思ってやったことが、かえって景虎の不信をあおっているんだよな。

冒頭では柿崎春家の弁慶張りの大立ち回り。
首に傷を追っても腹を貫かれてもなかなか屈しない。
さすがは角田信朗、K-1ファイターだけあって殺陣も力強い。


夜討ちは柿崎個人が仕掛けたことで、自分は手引きをしてないという景虎に対して、問いただす兼続。
そのことが景虎のプライドを傷つけたらしいが、一回だけ聞いただけなのになんでこんなに取り乱すのやら。
それは景虎の人間不信と屈折を表しているのかもしれないけれど

ともあれ、僕も相手に対して質問攻めにしちゃうことってあるなあ。
どんな話をしたらいいのかわからず、どうしてもそうなってしまうんだけれど。
世の中いろんな人がいるからねえ、僕も気をつけないと。

それにしても景虎に仕えるあの眉の太い人、なかなか食えない男だな。
上田衆に対してちょっかいをだしたり、景虎の猜疑心をいち早く読み取って彼が当主の座にするよう密書を送ったり・・・。
たぶん御館の乱では、景虎側が不利になったときに寝返るのだろうけれど。
この行動が兼続の疑い、そして景勝の疑いを招き、そしてまた彼らの行動が景虎の疑いを招く・・・。
いつの時代も争いってこういう猜疑心の積み重ねでおきるのかねえ。
『疑心、暗鬼を生ず』とはよく言ったもの

その密書を兼続の父がいち早く受け取り、兼続に春日山城を取るように勧める。
争いを鎮めるためにやったことが、かえって争いの火種になるから厄介だ。
おかげで兼続は景虎の怒りを買い、斬られそうになるし・・・・。

景虎の猜疑心の原因は、やはり自分が北条家から上杉家に来た『よそ者』であるということだろうな。
そのコンプレックスが心の余裕を失わせ、人に対しても疑いを抱いてしまうようになっていたと。
ともあれ、見た感じではやっぱり景虎が将の器としてはいいような・・・。(はきはきとものを言えるし)
みんながそう見るのも無理ない気がする。
なんだか、徳川家光と徳川忠長の三代将軍の椅子争いを思い出すなあ

余談。
上杉謙信、辞世の句を読んでいる閑あったら、跡継ぎきめとけって。
ともあれ、その辞世の句

四十九年
一酔の夢
一期の栄華
一杯の酒。


五・七・五・七・七になってないのが引っかかるが、この虚無的な感じが現代人としてはいいと思えるんだよね。
現代の人って、つい自分の富と栄華に思い上がるところがあるし。
そういえば秀吉も『露と落ち 露と消えにし わが身かな 難波のことも 夢のまた夢』と読んでたよね・・・。

御館の乱が始まるまで、あと少し・・・。

今回のおまけ
義に生きた越後No.2の名将1-5(秀吉の弟、秀長も良きNo.2と言われているけれど)
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:天地人 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2009/03/10 23:30 】

| 大河ドラマ(天地人) | コメント(0) | トラックバック(2) |
<<国家試験終了 | ホーム | いよいよ明日!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/367-c4947757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「天地人」♯10
今のところ、ちゃんと見続けてますよ。 NHK大河ドラマ「天地人」ね。 →「天地人」見ました→「天地人」♯2→「天地人」♯3 るーがお... 続・主婦るーのTVあれこれ【 2009/03/11 09:40 】
天地人 第10回 「二人の養子」
あらすじ。 謙信(阿部寛)の遺言を不審に思った柿崎(角田信朗)は、景勝(北村一輝)に夜討ちを仕掛けるが、すんでのところで泉... 青いblog【 2009/03/12 10:28 】
| ホーム |