FC2ブログ

トムソーヤーと八犬伝
トムソーヤーが飛ぶそうやー。
小学生の頃、こんな駄洒落が流行っていました。

CBTの受験票がなくなって、捜しているときに偶然、新潮文庫版『トム・ソーヤーの冒険』を見つけました。
中学校の読書感想文の課題として、先生に無理やり買わされたもの。

久々に読んでみると面白い。
短く、歯切れのよい文章でさくさく進んでいますよ。

思えば腐れ縁だな。
小学生の頃は『子供向けトムソーヤーの冒険』を親に無理やり読まされ、次は先生と来た。
とは言え、無理やり読まされた本が、後の愛読書になったりするとは。
(ちなみに今のところは、トムがベッキーにふられてやけになり、ハックとジョーと一緒に海賊になろうとたくらんでいるところまで読んでいます。)
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

そういえば、評論家の小谷野敦氏は、『八犬伝綺想』でマークトウェインと滝沢馬琴を比較していたな。
共通点として次のことがあるって。

・共に貧乏家庭から身を起こした。
・痛快冒険活劇に見せた『母への回帰の物語』を作り上げた(八犬伝、トムソーヤーの冒険)
・家庭がうまくいかなかった。


とはいえ、八犬伝はトムソーヤーの冒険と違って、『倒すべき悪』はないからな。
トムソーヤーの場合、後半は殺人犯のインジャン・ジョーに付け狙われることになるんだけれど。
それに、トムの場合、ラストは『海賊ではなく山賊を目指す』という夢を持つことに。
里見家の家老になった八犬士に比べると、なんともスケールのちっちゃいこと。

ま、それが子供らしい夢であり、腕白坊主のトムソーヤーの結論と言えるのかもね。
善悪に関係がないのがほほえましい。

今回のおまけ
THE 八犬伝 主題歌『雨が3日続くと』
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:アメリカ文学 - ジャンル:小説・文学

【 2008/11/10 23:07 】

| 八犬伝関連(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<龍馬であり、左脳発達版岡本太郎でもあり,変人でもあり | ホーム | 決戦の時、迫る。 ~篤姫感想~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/239-62a6eb45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |