FC2ブログ

決戦の時、迫る。 ~篤姫感想~
大政奉還から王政復古の号令へと、急展開を見せる時代。
薩摩と旧幕府の対決が避けられなくなったことを悟った帯刀は、何としても天璋院を帰そうと、天璋院の母に手紙を書くよう頼む。
久光を介してそれを頼むあたり、帯刀の天璋院を思いやる気持ちがわかる気がする。
さすがは幼馴染。

母も理性では娘は帰らないとわかっているものの、手紙を出さずに入られなかったんだろうなあ。
親心か。


ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

薩摩から来た重野や小の島ならともかく、ポーカーフェイスの滝山までもが泣くとは・・・・。
皆々天璋院の立場を憂いて、慕っているのだな。
とついでから11年絶つけれど、随分大奥も変わったね。
メンバーが変わったこともあるんだろうけれど。

後に新政府軍の武器となる錦の御旗も、大久保の世話で(岩倉が朝廷で裏取引をしたのだろうが)届く。
何としても旧体制を一掃しようとする維新ニ傑・岩倉と、戦いだけは避けたかった帯刀と天璋院。
この考え方の違いが悲劇につながるのかも。

いよいよ運命の戊辰戦争へ。

次回は慶喜を守るために天璋院が奔走するみたい。
史実では結構恨みがあるみたいだけど、どう動くのかなあ。

今回のおまけ
帯刀の活躍/天璋院 和宮への思い
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:篤姫 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2008/11/09 20:48 】

| 大河ドラマ 篤姫 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<トムソーヤーと八犬伝 | ホーム | ピエロの行き着くもの ~旧ゴーマニズム宣言第2巻・分析~>>
コメント
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2008/11/10 18:35 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/238-b5a830c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |