FC2ブログ

振り返れば奴がいる その2:羞恥心と悲愴感
はい、今回はちょっとどうでもいいネタです。
『おばかトリオ』として大人気の羞恥心
それをまねて、『はねるのトビラ』で結成されたお笑い芸人のトリオグループ、悲愴感(9月3日で解散)。

この2グループを比べること自体ばかばかしい、と思われる方は、続きは読まなくていいです。
悲愴感羞恥心の歌だけ楽しんで。

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

バラエティなどでおバカキャラとして名を上げているのが羞恥心
お笑い界では貧相とレッテル張りをされているメンバーだけで構成される悲愴感
羞恥心悲愴感

並べてみるとあまり違和感はないな


羞恥心のメンバーは、『ごくせん』に出ていた上地雄輔以外あまり知らないんだけれども、なかなか歌もうまいと思うし、まあいいんじゃないかな。
上地君は一番のおバカキャラだけれど、今やこの人が一番有名だと思う。
最近バカじゃなくなってきていると言う話ですが、それじゃあ『羞恥心』のセールスポイントがなくなってしまうなあ。
戦国三大武将の俳句をキャッチフレーズにするあたりはちょっと変わってると思うが。

悲愴感に関して言うと、アンガールズの田中はまあまあ気に入っている。
山根とのコントはエンタで見たけれど、なかなかおもろい。(ジャカジャカジャンジャン・・・はやらなくなったけど。)
ドランクドラゴンの鈴木もちと哀れやな。
1児のパパで、釣りも堪能するのに、エンタに出ようが歌おうが、どこかさえない・・・。
そこが逆に彼の武器なんだろうけれども。

この2グループが流行ったのは、やはり昨今の世の中で、『凡夫だけれども一生懸命生きよう』という人たちが多く、彼らの共感を読んだからだろうなあ。

追記:石原氏と大江氏の文集を図書館に帰すために、ニーチェの本(『ツァラトストラ』『悲劇の誕生』が収録)と一緒に研究室に持っていったところ、多くの院生がニーチェの本に興味を示して、『貸してくれない』といってくれました。
研究仲間の1人は『太陽の季節』を読んだことがあるらしく、『石原の本見せて』と興味を示しました。
ところが大江氏の小説には誰も興味を示さない。
なぜだろう・・・・?

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:羞恥心 - ジャンル:アイドル・芸能

【 2008/10/11 23:03 】

| 振り返れば奴がいる | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<いよいよ本場! ~篤姫感想~ | ホーム | 左脳の発達した岡本太郎。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/194-49a6524a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |