fc2ブログ

微妙な対立 ~篤姫感想~
薩摩や長州といった雄藩の力が強まり、彼らの支えである朝廷もまた、勢力を増している。
それをうまく手なずけるために将軍家茂がじかじかに京に向かうことになるのですが・・・。

そうは言っても今回、妙にまとまりがなかったな。
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

大まかに言えば、家茂の上洛を進める天璋院と、それを案じる和宮。
今までおとなしかった和宮が、だんだんと天璋院に対し、怒りを向けるようになって来た。
(来週はついに怒りをぶつけるようだし。)
逆を言えばそれだけ和宮が心を開いてきたとも取れますし、天璋院に似てきたとも取れるでしょう。
天璋院にしてみれば、このすれ違いを何とかしたいとも思っているようだけれど。

勝海舟の下では坂本竜馬(この人、ストーリー上必要なのかなあ)が弟子になり、海舟は天璋院とじかじかに議論。
海軍操練所の長である海舟にとっては、やはり海に進むほうがベストだと考えたのだろう。

ここでの天璋院は気丈で聡明だけれども、年老いたのか、どこか頭が固くなっているみたい。
それが和宮の不信を買うし、海舟の意見を退くことになるのかも。

今回のおまけ

九州街道物語・篤姫
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:篤姫 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2008/09/21 23:30 】

| 大河ドラマ 篤姫 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<第582回「大切にしている動物はいますか?」 | ホーム | 行きつけの献血ルーム>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/171-52ea86b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |