銀魂 ジャンプ2014年13号482訓『泥棒って感じ悪意ハンパねェ』感想
真選組局長近藤勲は今日もパトロール…と思いきや今回もお妙さんのストーカー
その中で、天下の大泥棒猿吉に会い、彼の後を継げといわれてくる。
どうも猿吉というのは、怪盗鼠小僧次郎吉にも似たいわゆる『義賊』とされてるんだけど、三丁目の夕日で義賊の良かれと思った行為が他人を不幸にさせた、といった事件もあったからねえ。
全部金をバナナに変えるというのはなぜだと思うが。

土方は何としても猿吉を逮捕しようとするが、近藤が成り行きで猿吉を助けて土方をひどい目に合わせて・・。
相変わらずお人よしだねえ。

さて、猿吉は寿命がもう短く、あとは逮捕されるだけと悟り気味。
後は近藤が継いでくれって、警察には無理だろうっての。


そして昨日の行為にカンカンの土方を連れて、神社へ。
そこで分かったのは、その猿吉が宮司で、悪ガキの近藤をしばしば諭していたということ。
もしかして恩返しものになるのかな?
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

【 2014/03/01 12:22 】

| 漫画・銀魂(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ニセコイ第7話『ライバル』感想 | ホーム | 明るくても、ダーティなのか ~軍師官兵衛・第6話『秀吉という男』感想~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1448-16e2b73b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |