国へ帰って ~八重の桜・襄と行く会津感想~
1882年4月6日、自由党党首板垣退助(加藤雅也)が暴漢に刺された事件。
この時に板垣が叫んだ言葉、「板垣死すとも自由は死せず」という言葉。
実際には言っておらず、「痛い、医者を読んでくれ」と言ったとも、『アッと思うばかりで声も出なかった』ともいう。
自由党の臨時報にも「板垣ハ死スルトモ自由ハ亡ヒス」とあり、政府の密偵文章にも「吾死スルトモ自由ハ死セン」とあったという。
作り話とするにはいささか疑念が残る気もするが。
(余談。犯人の相原尚褧はその後赦免され、北海道の植民事業のため北海道に向かうが、その後行方不明になったと言われている。自殺したとも、誤って海に転落したとも、相原の背後にいた板垣襲撃を計画した者に殺害されたともいわれており、真相は不明である。)

相変わらず在野にいる八重(綾瀬はるか)。
襄(オダギリジョー)と娘夫婦と一緒に伝道のため会津に向かう。
娘夫婦も伝道に頑張っているという話だが、耶蘇と呼ばれたキリスト教がよく皆々に受け入れられたと思う。
さぞかし偏見も多かったと思うが。
時の流れは残酷なもので、会津城は取り壊され、既に長屋になっていた。
荒城の月を思い出すこの状況。

かすかな角場(鉄砲の練習をする場所)の造りを見つけて喜ぶ八重。
やはり変わらないものもあったと。
そこで懐かしの奉公人夫婦に会う。
彼らからうら(長谷川京子)の居場所を聞き出す。

みね(三根梓)はうらに会って、再び家族で暮らそうと言う。
とは言っても実家に帰って(乱れ髪が痛い・・。)、別の生き様を選ぶことにしたうらにとっては、やはり迷惑な話か。
みねの道中無事と嫁入りしたことだけでも喜びであったろう。


さてさて、山中家は懐かしい人が戻ってきました。
山川捨松(水原希子
外国暮らしが長くて日本語を忘れてしまったのかと思えるほど。
そんな人いたな、とふと思い出す感じで感銘はないけれど。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2013/10/20 20:44 】

| 大河ドラマ 八重の桜 感想 | コメント(0) | トラックバック(9) |
<<女性パイロットの戦い ミス・パイロット第2話『新人訓練生の試練! 空港ターミナルで上司に物申す』感想 | ホーム | 映画銀魂完結編・万事屋よ永遠なれ感想>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1405-b6af2ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【八重の桜】第42回 「襄と行く会津」感想
新婚のみね(三根梓)と伊勢(黄川田将也)を連れ立て、襄(オダギリジョー)は八重 (綾瀬はるか)とともに会津への伝道旅行に出かけた。 みねを連れて行くことにしたのは、八重の中に、生き別れたうら(長谷川京子)に再会できる かもしれないという淡い期待があったからだ。 そして、ついに踏みしめる懐かしい故郷の土。 山本家が建っていた場所は長屋に変わっていたが、ふとした拍子で、ある残骸を見... ドラマ@見取り八段・実0段【 2013/10/20 20:56 】
『八重の桜』第42回
襄と行く会津 悠雅的生活【 2013/10/20 21:19 】
八重の桜 第42回「「襄と行く会津」 あらすじ、感想 ~大事なものは、みんなここにあった・・・ ~
[八重の桜] ブログ村キーワード NHK大河ドラマ 八重の桜 第42回「襄と行く会津」 「懐かしいばっかりの故郷ではねえ。辛い思いもすっかもしんねえ」八重の気持ちを見透かすように諭す覚馬。会津戦争から11年、八重の目に写った故郷の姿は・・・? 復興にむけて頑張る福島と東北に熱くエールを放つ大河ドラマ”八重の桜”、共に見守りつつ、虹の桜前線を拡げていきたいですね! NHK総... 美雨の部屋へようこそ【 2013/10/20 21:49 】
大河ドラマ「八重の桜」第42回
会津旅行… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310200001/ 【送料無料】八重の桜(4) [ 山本むつみ ]価格:1,470円(税込、送料込) 日々“是”精進! ver.F【 2013/10/21 05:39 】
八重の桜 第42回 「襄と行く会津」
&#160; 板垣退助。加藤雅也さんのノリの良さにお腹痛い…。すみません…。 もうクネ男にしか見えない。 土下座の回といい、今回にしても、大蔵があまり良い感じに描かれていないような気がする。官学校だから?気のせいかな…。 八重の里帰り。 ここで八重がどんな感情を抱くのか、っていうのは重要なポイントになると思ったので、注意深く見ました。 旧習に悩まされた会津でも、やっぱり愛しい... 青いblog【 2013/10/21 18:36 】
『八重の桜』第42回「襄と行く会津」★私、余計なことをしたべか?
『八重の桜』第42回「襄と行く会津」 襄(オダギリジョー)は八重(綾瀬はるか)と、みね(三根梓)&伊勢(黄川田将也)夫妻とともに、会津に足を踏み入れました。 城は既に7年前に取り壊されて、かつての山本家が建っていた場所は長屋に変わっております。 みねが住人に「昔、山本家に嫁いでいたうらという人をご存じねえでしょうか?」 地べたを掘ったような場所に気付き八重が「角場だ。... 世事熟視〜コソダチP【 2013/10/21 21:35 】
八重の桜 第42回 「襄と行く会津」  会津は死せず
自由民権運動の 板垣退助 が襲われます。「自由は死なんぜよ!」ああ、板垣は土佐の人でしたね。ミルクセーキを持ってお見舞いに行く襄。そういえば、八重さんを慰めたときはサンドウィッチを食べさせて、見事プロポーズに成功してましたよね。洋風の食べ物で落とす作戦は、襄の得意技のようです! 風のうわさ【 2013/10/22 00:34 】
NHK大河ドラマ「八重の桜」第42回「襄と行く会津」
そうだ!会津行こう!ちゃっちゃっちゃっちゃら~ちゃっ、ちゃっちゃっちゃっちゃら~♪そんな物見遊山では終わらない?懐かし故郷会津!激戦の地会津!紅涙の別れの地会津!懐かしくも悲しい成り行きになりそうでええ~。 真田のよもやま話【 2013/10/22 19:22 】
八重の桜 第42回「襄と行く会津」
大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・・・ みはいる・BのB【 2013/10/25 11:29 】
| ホーム |