銀時がお尋ね者だった? ~銀魂・朝と夜の死神感想~
朝右衛門を万事屋の皆で実家に連れ戻す銀時一行。
その前に師を介錯するという辛い出来事を思い出す辛い夢を見る朝右衛門。
シリアス調なんだろうけど、やっぱり『堺雅人並みの胡散臭い笑顔』などという言葉が出てきて、やっぱり苦情が出かねないような展開だ。

その中で分かったのは夜右衛門のセリフの中で、
坂田銀時が犯罪者として登録されていながら、介錯前に逃げていたということ。
いきなり命のかかったピンチやなあ。
銀さん逃げきれるかな。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

【 2013/10/07 20:40 】

| 漫画・銀魂(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<宇都宮・日光・鬼怒川温泉3 | ホーム | 学生とのいざこざ ~八重の桜・妻のはったり感想~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1401-eb10916b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |