FC2ブログ

小説『Cross Ballade』 第14話 『唯誠』
けいおん!×SchoolDaysクロスオーバー小説第14弾。

前回はけいおんサイドから物語の雑感を述べたので、
今回はSchool Daysからの視点でこの物語の雑感を語ることにします。

今回の物語の展開で、一番のスクイズサイドのキーパーソンはだれか・・・となると、
やっぱり伊藤誠になるのかな。
「誠死ね」と言われたTV版とは全然違う性格になってしまったけど(読者からもさんざ言われた)、僕はこれでよかったと思っています。
もともと『父親の血筋を乗り越えて成長する』というストーリースペックが、書き始める前の段階から決まっていたわけだし。
(父を登場させるかどうかは直前まで迷ったけど)
また今回は、平沢唯との恋仲を中心に動くので、唯とうまく行動や性格を対比させたいと思っていました。
この14話で誠が父に殴りかかるシーンがあるんだけど、
これは唯が妹に平手打ちを喰らわせるシーンと対になっているんですね。
それから唯のセリフ『妹のしたこと』と誠のセリフ『親父のしようとしていること』も

ともあれ、上手く表現できなかったことが悔いを残していたりします。

性格に関しても唯と対になるようにしていて、『明るい唯』と『情緒不安定な誠』、『動の唯』と『静の誠』というように設定したつもりです。
また妹の面倒をよく見たり(唯は妹の世話になってばかりいる)、将来を気にしたり、部屋に気を配ったりと唯より大人っぽい一方、
少々ふさぎがちで昂りやすかったりと、未熟な一面もある。

とにかく『等身大の少年』として描いたつもりです。
彼の変化が、少しずつ起きてきているようにしたつもりですが・・・どうでしょう。
(ちなみに澪も言葉と会う前は意気地無しだったけど、
言葉と彼女の事情を知ってからは別人のように強くなっている。
千と千尋の千尋に似ている気もするけど、段階がないからちょっとそのあたりはまずいのかなとも思ったり。)

ちなみに某ドラマのパロディーで
「僕は死にましぇん!」
というセリフをどこかに入れる予定だったんだけど、タイミングがなかった。
ちょっと残念。

さあ、この小説もいよいよクライマックス!
拙いですが後2話、どうかご付き合いのほどをよろしくお願いします。


本文は追記で。
****************************
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

第14話:唯誠


「・・・く・・・!」
誠は手すりをしっかりつかみながら、足の痛みに耐える。
とっさにつかんだので、階段から8段下に転がり落ちるのだけは免れた。
しかし、その拍子に右足首をねん挫してしまう。
何とか姿勢を直し、足を痛めない形で座り込む。
野次馬もそのことに気づいているようだ。
「大丈夫ですか?」
通りかかった人たちが何人か、気にかけて周りに寄ってきていた。
「いえ、大丈夫です・・・。」
周りに心配かけないようにと、誠は手すりを使って立ち上がり、よろよろしながら階段上のところに行く。
と、その時、
「あのう・・・伊藤さん・・・ですよね・・・。」
野次馬をかき分け、一人の少女が湿布薬を持ってやってきた。
金髪で、やや垂れ目。桜ケ丘生徒の格好をして、眉がたくあんのように太い。
「ええ、そうですけど・・・。」
「私は、琴吹紬と言います。
沢越止を調べているうちに、息子の1人に貴方がいると知りまして・・・。
今回沢越止を捕えるために、SPを出したのは私と、父の会社です。」
誠はムギの顔を見て、頭の中で引っかかっていた記憶を引き出し、
「・・・もしかして、唯ちゃんや田井中さんの言ってた、ムギさんですか?」
「ええ。」
「それにしても、ずいぶん用意がいいんですね・・・。俺も正直、親父を何とか止めたいと思ってたんだけど。」
「まあ、大がかりのほうがいいですしね。」ムギは話題を変えて、「実は、SPの待合室にいた唯ちゃんがいなくなってしまって・・・。伊藤さんなら知っていると思うのですが。どこにいるかご存知ですか?」
「唯ちゃんが!?」
誠は小声で驚きの声を漏らす。
「ええ、ちょっと目を離したスキにいなくなったそうで・・・。ひょっとしたら、沢越止に襲われているかもしれなくて・・・。」
「実は俺も、唯ちゃんとはぐれてしまって・・・。SPが引き離しちゃったこともあるけど。」
「そうですか・・・。」
深刻な表情になるムギを見て、誠は奥歯をかみしめる。
すっかり不安と、父親への怒りでいっぱいになってしまっていた。
「親父・・・・俺を殺そうとしやがった・・・。」
思わず口から、自分でも驚くようなドス声が出てしまっていた。
「え・・・。」
「実は、親父の奴に、階段から落とされそうになって。
とりあえず手すりを用いて、助かったんだけど・・・。」
「・・・伊藤さん・・・・。」
ムギの憐れみの目を受ける。
ありがたいような、辛いような、そういう思いを背負いつつ、誠がとりあえず携帯を取り出すと、着信メッセージが残っている。
唯からだった。
『マコちゃん、今どこ? こちらは3年4組の教室を出たとこ。今すぐ会いたいよ!』
「唯ちゃん・・・。」
ムギはそれを横で聞きながら、
「着信があってから、そんなに経ってないみたいですね。無事だといいんだけど・・・。」
「心当たり、あります?」
「考えられるのは、休憩室ですね。とは言ってもたくさんあるし、どこにいるのやら。
利用されやすいところだから、部屋の全てをSPが2人1組で監視して、大丈夫だとは思うんですけれど・・・。」
「そうですか。見落としがなければいいのですが・・・。」
「あ、動かないで。」
ムギは誠の靴と靴下を脱がせ、赤く腫れた右足首に湿布を貼ってやる。
ひんやりした感触とともに、痛みが薄れていった。
「・・・とりあえず、これでなんとか歩けそうです。フォークダンスは無理だろうけど。ありがとう。」
「いえいえ、当然のことです。」
物腰の柔らかいムギの横で、再び彼は立ち上がった。
出発しようとすると、
「あれ、伊藤じゃねえか。それにムギさんも。」
急に声がする。
2人ともそちらを向くと、野次馬の中で七海が、長身の彼氏の腕を組んで立っている。
「甘露寺さん・・・。そちらは彼氏ですか・・・?」
「ま、まあね・・・。昨日はデートしそびれちゃったんで、今度こそと思ったんだけど・・・。」
笑う七海に、ムギは肩を震わせ、
「なんで・・・なんで私や貴方を慕う皆さんにあんなことをさせて、自分はのうのうとデートなんかしてるんですか・・・!?」
潤んだ声で空笑いしながら、自分より背の高い七海に詰め寄った。
彼女はバツが悪そうに、
「ああ、そこは、まあ、悪かったと思ってますから・・・。一段落したら、ラーメンでも何でもおごってあげますから・・・はは・・・。」
「おごれば済むという問題じゃありません!」ムギの目には、涙が光っている。「私・・・本当にあなたにあこがれていたのに・・・どうしてこんなことをするんですか!!」
「ああ、ああ・・・。」
七海は何も言えなくなる。
この2人に何があったのか、誠は全然わからなかったが、
「とりあえず、」誠が慌てる七海に、「桜ケ丘の平沢唯ちゃんがどこにいるか、甘露寺、知ってるか? ・・・わけないよな。」
「平沢さんだよね。そういえば見たな。」
「何だって!?」
「3階の廊下に出ていたのを見かけたよ。あんたを探していたようだった。」
「そうだ! 甘露寺さん、彼氏といるってことは・・・!」ムギは再び七海の肩をつかみ、「一体どこで休憩を取っていたんですか!?」
「え、あー・・・・。」彼女は頬を染めて、恥ずかしげに「3年2組の休憩室・・・。」
「! たしか・・・!!」
ムギはぱらぱらとSPの資料をめくる。
休憩所のある場所について調べているのだが、3年2組の休憩室だけが載っていない。
おそらく見落としがあったんだろう。
「しまった・・・!! SPが多分、見落としたんだわ・・・!!」
「じゃあもしかして、そこに親父と唯ちゃんが・・・!!」
「急ぎましょう。」
ムギと誠は、野次馬をかき分けて走り出そうとする。
「待て伊藤!」
その時、七海が彼の腕をつかむ。
「悪い、いまそれどころじゃねえんだ!」
「大事な話だっ!!」声を張り上げて七海は怒鳴った。「世界はどうした? あんた、世界の彼氏じゃなかったのかよ!!」
「は・・・?」
誠は思わず、足を止めてしまう。
「世界自身は、平沢さんにあんたを譲るって言ってたけど・・・。
あんた、世界に何かしなかったのか!? それで世界が弱気になったんじゃねえのか!?」
「違うよ!! ただ・・・。」今は固まった世界への思いを、彼は七海に対して、打ち明けていた。「世界とは・・・所詮、友達でしかなかったんだ・・・。
今まで付き合ってたけど、やっぱり喧嘩することが多くて、心の底から好きになれなかった。
好きだけど、好きじゃないんだ。」
「・・・本当かい・・・。」
七海の真剣な声に、彼は多少、後ろめたい気持ちになりながら、彼女の手をほどいた。
「・・・ああ・・・。」
それを聞いて、半分呆れ気味の表情で、七海は目をつむる。
「伊藤さん、早くしてください!! SPの人たちも、3年2組の休憩室をなんとしても探して!!」
今度はムギが、誠に対して声を上げる。トランシーバーを取り出してSPに連絡しつつ。
急いでムギの後を、誠は追った。
走ろうとするが、一歩一歩進むたびに右足が痛み出し、思い通りに進めない。
「ムギさん、甘露寺と何かあったんですよね? 世界がムギさんのことを気にしてましたし。」
「あ・・・気にしないでください。こちらの問題なんで。」
声をかけるが、はぐらかされてしまう。
「伊藤の奴・・・。」
後に残った七海は、世界を案じつつ、呟いた。
集まった野次馬も、蜘蛛の子を散らすように去って行った。


ブシュウウウウウッ!!
校庭で騒がしく人々の話が聞こえるなか、コーラの噴く音が空気をつんざく。
「ほれ、見事な暴発だろ。」
500mlのペットボトルから、噴水のごとく勢いよく噴き出るコーラを見て、律はやったとばかりに胸を張る。
「・・・まあ、昔聞いたことがあります。メントスをコーラに入れると暴発するって。」
他の女子生徒達も、唖然としながら律の相手をしている。
周りはけげんな顔をしながら、横を通り過ぎていく。
「って、んなことしている暇ないだろ!!」
リーダーと思しき人が、あわてて声をかけてくる。
「待て待て、まだまだ隠し芸はあるんだぜ。ほら、マギー審司よろしくビッグイアもあるしー、それから・・・。」
「さっきから私達の邪魔ばかりしているけど、もしかして貴方も、桂や秋山さんの味方なんですか!?」
ぐいっとリーダーが進み出て、血走った目で律を睨む。
律は苦笑いしながら、
「いやあね、友達っていうか、腐れ縁っていうかね・・・ほっとけない仲というかね、あははは・・・。」
「まさか、あなたも邪魔をするっていうのなら・・・どうなるかわかってますね・・・。」
「いや・・・それは・・・・はは・・・。」
律の笑顔が、だんだんとひきつり始めた。
やベえやベえ、このままだと大変だ。
そう思っている時、
「待って。」抑揚のない、飄々とした声。「七海は、どこにいるの?」
刹那が無表情で、中に入ってきた。
「清浦!」
「貴方確か、1年3組の学級委員の清浦さん・・・。」
グループの1人が、まばたきをする。
「まあね。」刹那は感情のない声で、「七海、たぶん1日目は彼氏とデートしそこねたから、2日目は遊んでると思うけどな。七海の監視のない中で、貴方達が懸命になる理由って、ある?」
「あー・・・。」
生徒の一部が、顎に手を当てて考え始めた。
うまいところついてくるな、と思いつつ、律は校門の入り口を見る。
世界が、何かを考えているような表情で、うつむいている。
「西園寺・・・・。」
一方の刹那は、強い視線で七海一派を見つめているが、
「いやあ・・・七海さまは顧問にも信用されていてさ、レギュラー選びの権限持ってるって話だし、逆らったら私達・・・。」
言い返されてしまっている。
「って、そういう問題じゃないだろ。」続いて一派のリーダーが怒鳴る。「とにかく、この人も貴方も、さっきから私達の邪魔ばかりしているけど、桂や秋山さんの味方なのか!?」
食いしばった歯の間から、しゃべっていた。
「やべえやべえ・・・。」
律が尿意を催すほど怖気づいていると、メールが届いたという携帯振動がくる。
こそこそとその中身を見て、彼女はさらに青ざめた。
「唯の行方が分からなくなった・・・。沢越止にやられたらどうなるんだよ・・・!! 伊藤も何やってるんだよ・・・!!」
思わずとんとんと足をふみならしていた。
「うーん、別に味方と言うわけではないけれど・・・。ただ、七海がいないのに、貴方達が一生懸命になる必要はないのではと思っただけ。」
一方で刹那は、飄々と答える一方、小声で律にもアドバイスを出していた。
「慌てて行っても、平沢さんの居場所は分からないでしょ? 私達は私達で、今ここに集中しましょうよ。」
「でも・・・もし唯が襲われちまったら、どうするんだよ・・・。」
律は冷や汗が出そうになりながら、小声で答える。
「伊藤や他のみんなに、期待するしかないよ。」


押し倒され、思い通りに動けないまま、唯は制服のボタンを外されていく。
「嫌! 嫌!!・・・うっ、また・・・!!」
暴れ出すと、再び体に、痛みとしびれが走る。
「大人しくしてもらおうか。声を出されると困るのでな。」
動けなくなった唯を、再び止はひんむき始める。
至る所に防音用の壁が置かれ、誰も来ないように思えた。
「やめろーーーーーーーーーーっ!!」
急に、大きな声。
思わず反応する2人。
突然入口から飛び出したのは、誠だった。
バキッ!!
そちらを向いた止の頬を、誠は思いっきり殴っていた。
それでも怒りの思いと、息苦しさがおさまらなかった。
止はベッドからはじき出されて倒れ、薄暗い床を転がる。
そのポケットから、黒いリモコンのような装置が落ちた。
スタンガンだ。
おそらくこれで、SPや唯を怯ませていたんだろう。
「これは、スタンガン。貴方・・・!」
後からやってきたムギがそれを拾い上げ、怒りの目で止を見る。
続いて来たSP2人が、気を失っている憂と、ベッドの唯を保護する。
そのどたどたした音で、憂は目を覚ました。
誠の視界に、Yシャツ姿の唯が一瞬、見えた。
白いベッドで横になったまま、体を押さえて震えている。
それを見てさらに誠の怒りが、胃から頭へと這い上がり、倒れている止の胸ぐらをつかみ、拳を振り上げた。
「・・・お前か・・・。」
止は不敵な笑みを浮かべ、ため息をつく。
「親父・・・・!!」誠は奥歯をくいしばり、その間から「よくも唯ちゃんを・・・!
そして、俺を殺そうとしやがったな・・・!! 人でなしが・・・!!!」
ヒューッ、ヒューッと息をしながら、喘ぐように言う。
上着を脱がされ、Yシャツの第1、第2ボタンが外されている唯は、横にうずくまったまま体を押さえて震えている。
「いつもそうやって、母さん以外の女に手を出しやがって! 床上手かどうか知らないけど、母さんをどれだけ傷つけたか、分かってるのか!? そして、唯ちゃんにまで・・・!!!」
「何を言っている! お前も同じだろ!!」
ハッと彼は胸をつかれ、それを振り切ろうとして止の顔面を殴る。
それでも、ナメクジのようにずるずると止の声が頭に残る。
「あんたと俺は違う!!」
休憩室に、誠の怒鳴り声が響き渡った。
止は頬を押さえながら、
「同じだよ。萌子から聞いたぞ。
桂言葉と付き合っていながら、西園寺世界とも関係をもったんだってな。
そして今は、この子に対して躍起になっている。」
再び胸をつかれる誠。
世界、言葉、そして唯の顔がかわるがわる浮かぶ。
「伊藤さん、この人の言うことに耳を傾ける必要はありません。
気にしなくていいんです! 貴方は沢越止とは違います!!」
ムギの言葉も、全く耳に入らなかった。
「所詮俺の血かねえ。」
「・・・・!!」
バキッ!!
また誠は、我を忘れた。
勝ち誇る止に対し、横っ面に拳をぶつけた。
「な・・・殴る必要、ないじゃないですか。現に伊藤さん、唯ちゃん気遣ってくれてるし・・・。認めなくていいんですよ。」
さらに焦りながら、ムギはフォローを入れてくる。
が、誠は拳を下ろして、深呼吸をする。
そして筋が弛緩したかのように腕を垂らして、気持ちを落ち着けると、しっかり、そしてきっぱりと答えた。
「認める。確かに俺は、ずっと隠れて皆と付き合ってた。
世界も言葉も、そして唯ちゃんも好きだったから。
あいまいな態度のまま、みんな失いたくなくて、みんなと付き合っていた。」
その途端、誠の気持ちは重くなった。
自分のはっきりしない態度で、どれだけ世界や言葉や唯を傷つけてきたか、胸がキュッと鳴る思いがした。
「だったら!」
せせら笑う止を彼は制し、
「今までの俺が、弱くてふらふらしていたから。
みんな好きだったから、流されるままにこの関係を続けていた。
でも・・・もうこれ以上、このままではいられないって、いつも思ってたんだ!!
あんたと俺は違うから!!」
「なら、自分の好きな人を言ってみなよ、今ここでさ!!」
止は片方の眉をあげて、彼をなじる。
「!!」
誠は再び、胸をつかれた。
いつも悩んでいた答え。
今まで、いくら悩んでも出せなかった答え。
「俺が本当に好きなのは・・・・」
だが・・・。
なぜか今は、その答えが単純な気がしていた。
しかも、答えは1つしか、思い浮かばなかった。

「・・・言葉だよっ!!」

止も、唯も、ムギも、一瞬、あっけにとられた・・・。
沈黙が、しばらく流れた。
「あ、言っちゃった・・・。」
誠は、自分で自分に驚いていた。
今までずっと、答えられない質問だったのに。
わからない。
なぜこんなに分かりやすく。かつ自分の気持ちが透明に見えたのか。
大嫌いな父親の前だから、出てしまったのだろうか。
「・・・ふん、ならば俺が唯に手を出すのを、あんだけムキになって止めることはなかったんじゃないのか。」
止は毒づく。
「あんたは・・・したいだけだろ・・・。今までも母さんをほおっておいて、沢山の女の人に手を出して、子を作らせて・・・!!
あんたなんかに、唯ちゃんを汚させはしたくなかった・・・!!」
目をそらさず、誠は止の目を睨んだ。
「・・・自分のあいまいな態度で世界や唯ちゃん、もちろん言葉だって傷つけたのは申し訳ないと思ってる。」誠は続ける。「でもそれは、みんな好きだったからなんだ。
それでどちらとも選べなくなって、ずるずるずるずる今まで関係を続けてきたんだけど。
それではいけないとわかっていながら。
唯ちゃん、ほんと、謝る。」
誠は震えている唯に向って、頭を下げた。
唯は、聞いているのかいないのか、潤んだ目で彼をちらりと見た。
SPが出てきて、
「伊藤さん、もういいでしょう。」
そっと肩をたたく。
ごつい体格の割に、口調は礼儀正しい。
誠の手をどけ、顔を上げた止の手に手錠をかけた。
続いてムギがやってきて、逮捕状を見せながら、
「貴方を、警察に連行します。」
「・・・まさか、逮捕されるとはな。俺にはコネがあるんだがね。」
「そうはいきません。私の会社の重役にまで手を出して。
幸い、父がじかに警察庁に出向いたら、すぐ逮捕状を出してくれましたよ。」
ムギは無表情だが、声に憤りがこもっているのを、周りはすぐにとる。
「まさかそんなコネがあるなんて、思ってもみなかったけどよ。」
止は脱力して、手錠がかけられた腕を下ろす。
誠の怒りが冷め、右足の痛みが急にひどくなり、立っていられず、誠はベッドの上に腰かけた。
ちょうど唯の隣。彼女が寄ってきている。
気になって見ると、唯は悲しさと安堵が入り混じったような顔をしている。
服も乱れたままだ。
そばに、無理やり脱がされた紺色の上着が、ひしゃげている。


校庭。
律・刹那と七海一派がぎゃあぎゃあ争っていたころ、世界は一人、自分のしたことに関して考えていた。
元々は自分から桂さんに近づき、誠と親しくなりたいという思いで誠を紹介した。
それがちょっとした偶然から、彼と関係を持ち、本当の気持ちを押さえられなくなってしまった。
ちょっとしたボタンの掛け違いではあったんだけど、それで桂さんに誠を譲れなくなってしまって・・・。
でも、全てのほとぼりが冷めた今、思う。
それでよかったのだろうか。
あの時、桂さんとけんかした時も、自分は感情的で理不尽なことを言っていた。
誠を譲りたくなくて。
でも、誠自身は・・・。
自分が彼を独占しようとすると、怒ってしまった。
そこまで考えた後、もう一度、校庭のほうを見た。
そこでは、田井中さんと自分の親友が、七海の配下の人間を止めようと話しこんでいるようだ。
田井中さんは自分をかばってくれたけど、同時に桂さんのことも助けようと思っている。
自分は・・・。
誠が平沢さんとキスしたことに、つい怒って彼に手をあげてしまった。
でも結局、平沢さんにかなわないと思い、彼女に譲ることにした。
とどのつまり、結局桂さんには冷たくしたまま。
でもそれで、よいのだろうか。
・・・・


律と刹那が皆を止めている間。
壊れた言葉を何とかしようと、澪は彼女を強く抱きしめたまま、心のうちで頭を抱えていた。
するとメールが届く。
ムギからだった。
「唯がいなくなった・・・? よりにもよってこんなときに・・・!!」
思わずがたがた震えてしまう。
でも・・・・。
中途半端なところで、作業を中断していいのだろうか。
言葉だって壊れていると言うのに。
どうにかしなければ。
外でガヤガヤと声が聞こえる。
七海の配下が、何やら自分達のことでさわいでいるようだ。
「頼む、律・・・! ムギも梓もなんとか唯を見つけてくれよぉ・・・。」
呟く澪。
切羽詰まった挙句、やぶれかぶれになり、言葉のポケットを見る。
人のを勝手にみるのは常識外れとも思った。
が、今はそれどころじゃない。
言葉のポケットを探ると、純白の携帯がある。
伊藤から連絡はないものかと思って、思わず取り出した。
カラーン。
「!」
すると、一緒に手製のブローチと指輪が床に落ちる。
「これ・・・ひょっとして、伊藤が渡した・・・。」
見る限り、七宝焼きで作った代物だが、非常に光り輝いて、形も整っている。
おそらく、最上級のものを彼女に渡したんだろう。
「伊藤・・・きっと、桂が本命なんだよな・・・・。そうでないとな・・・。ははは・・・。」
思わず澪は呟き、ついでに携帯を見てみる。
幸い、留守番着信と新着メールが届いていた。
誠のだ。
思わずメールを開いてしまう。
それを見て・・・・安堵の表情になる。
それから言葉の耳元に、囁くように言う。
「桂! 伊藤からメールが来てる。見てごらん。」
澪は言葉の耳元で、囁くように手紙の内容を読んだ。

「『言葉へ

まず最初に、ごめんなさい。
ずいぶん迷惑をかけてしまった。
本当は俺、言葉のことが好きなんだ。
つい世界や唯ちゃんに迷ったりしたけれど・・・。
考えてみれば、最初につき合ってたのはお前だったね。
その責任をきちんと取らなければいけなかった。
言葉は、俺が隠れて世界と付き合ってた時でも、唯ちゃんとキスした時でも、変わらずに俺のことだけをずっと見てきたんだよね。
愛想を尽かさず、いたるがピンチの時でも助けてくれていたよね。
俺、すっかり忘れていた。
お前にここまで思われていることに。
本当にすまなかった。

でも今、親父は唯ちゃんを狙っている。
唯ちゃんのことが一番好きというわけじゃないけれど、親父が絡んでいる以上、ほおっておけないんだ。
だから、今は言葉と付き合えない。
許してくれ。

もし言葉が俺のことを好きならば、全てが終わってひと段落したら、俺と付き合いなおしてほしい。
でも、もし言葉が、唯ちゃんを気にしている俺が嫌だったり、俺に愛想を尽かしているなら、無理をすることはない。
俺とは別れてかまわないよ。』」

見やすいようにデコメがいたる所にちりばめられた、派手なデザインである。
「な・・・。伊藤が一番好きなのは、唯ではなくて貴方なんだよ。」澪は続ける。「ほら、わかるだろ。伊藤は貴方のことが好きなんだよ。唯よりも好きなんだ。
ここで頑張れば、桂、伊藤の彼女になれるんだぜ。
だから、戻ってきてくれよ! な・・・!」
抱きしめたまま、背をぽんぽんと叩いて、澪は震える声で言った。
そして、ぎゅっと腕を締めつける。
くっつき魔の唯を笑えないな、と一瞬思った。
そのまま、一刻経つ。
ふと、言葉の体が、急に暖かくなったように思えた。
「秋山・・・さん・・・秋山さん・・・?」
言葉の、蚊の鳴くような声。
ようやく彼女が、我にかえったようだ。
「桂・・・今の話、聞いてたか? 伊藤は唯より、貴方のことが好きだって、メールに書いてあったんだ。」
澪の話を聞いているのかはわからないが、再び言葉は、自分の携帯に届いた誠のメールを黙読する。
「誠君・・・。やっぱり、私のことが好きだったんですね・・・。」
言葉は、ギュッと白い携帯を抱きしめた。
澪は、とりあえず安堵の息をつく。
ふと急に、唯の泣き顔が浮かんだ。
「そうだ、唯は!?」
思いついたように澪は、唯に電話をしようと携帯を取り出す。
その一瞬、唯に本当のことを言ったらいいのかどうか、ちょっと迷った。
その時だった。
どさどさと七海一派が入ってきて、
「おまえら、悪いけどここから出すわけにはいかないなあ。」
8人ほどやってきて、周りを取り囲んでしまう。
遅れて律と刹那が、追うようにしてやってくる。
七海配下の合間から、律と刹那はちらちらと2人を見ている。
「あ・・・貴方達・・・!」
呆れと混乱のこもった声を出す澪に対し、
「すまねえ澪!! 止められなかった!!」
「学級委員の私と部外者の田井中さんの力じゃ、止められるのはここまでみたい・・・。」
謝る律と、愚痴をこぼす刹那。
「さて、ヤキいれてやりますか。」
血走った目で迫るリーダーに、澪は後ずさりして、思わず尻もちをついてしまう。


その時であった。
「待って!!」
甲高い大声が、体育館の中に響く。
入口の方からだ。
そちらを向くと、世界が真顔で、戸をつかみつつ立っていた。
「みんな! もういい!! やめてくれる!?」
世界は、律と刹那を通り過ぎ、七海配下に向かって仁王立ちになった。
「あれ、」榊野の女子生徒は口々に「君、1年3組の西園寺だよね。七海が言ってた。」
「私のこと、知ってるんだ・・・。」世界は戸惑いながらも、「まあとにかく、もうこれ以上、桂さんに手を出さないで! 桂さんは私の友人だから・・・。」
「ほう・・・。」
横で律は、感心のため息を上げた。
「は? 七海さんの話では、桂は貴方と彼氏を争ってるって聞いていたけど。」
「あ、それはちょっと前・・・。でも、今は桂さんに譲ることにしたの。七海は私のためにこんなことをやってるんでしょ? 私の頼みの方が七海の頼みより優先。ね、頼むから。」
柏手を打って、世界は懇願した。
「世界・・・。」
「ほう・・・。」
刹那は面食らった表情で、律はそう来たかという顔立ちで、その様子を見ていた。
言葉を襲おうとした生徒達は、また皆で相談を始めた。
「どうする?」
「かといって、七海さまに相談なしでは・・・。」
「あ、でも、一連の首謀者は西園寺さんだって聞いたし。甘露寺さんは西園寺さんの意向を受けて・・。」
「一応謝って、手を引いておくか。引こう。」
やがて皆、ごめんねといいつつ、そそくさと立ち去ってしまった。
「ちょっと待ちなよ。甘露寺さんの意向を聞かなくちゃあ。」
リーダーはあわてて、その後を追う。
冷めた視線で、律・世界・刹那はそれを見送る。


「マコちゃーーーーーーーーーーーん!! 怖かったよーーーーーーーーーーーー!!!」
いきなり唯が、ベッドの上で泣きながら誠に抱きついてきた。
「あ、ちょっと、唯ちゃん・・・。」
誠はどぎまぎする。
それでも思わず、胸の中の唯の背に、腕を通していた。
今まで、何度も感じられた暖かさ。
唯の頬を伝わる涙が、誠のスーツをぬらす。
それでも、こんなヘタレな自分を愛してくれて、嬉しかった。
自分が、言葉だけでなくこの子を愛したことも、間違っていなかったような気がした。
同時に、胃が重苦しくなってくる。
これから自分も辛いこと、でも言わなければいけないことを言う必要があるのだから。
その中で、憂の暗い表情と視線がジンジン感じられたのが気になったが。
ムギは2人と憂を、興味深げにかわるがわる見た後、
「じゃあ私、沢越止を連行しますので。」
休憩所からムギは、止とSPたちと一緒に去って行った。
唯を誠と2人きりにした方がいいと思ったからだった。
「あ、もしもし・・・誰です? ・・・え、HTTファンクラブに入りたい人がいる?」
小さくムギの声が、聞こえた。
SP達が去ったあとで、唯と誠、そして憂は3人だけになった。
「伊藤君、お姉ちゃん・・・。」
憂の声は低い。表情もどんよりしている。
不気味に、沈黙が流れた・・・。
「・・・憂。ちょっと場を離れてくれる? マコちゃんと、2人で話がしたいから・・・。」
唯が誠に抱きついたまま、憂に声をかけた。
「・・・でも、お姉ちゃん、沢越止に襲われてショックだと思うし・・・。」
憂の表情は、浮かない。
「大丈夫だよ。マコちゃんと2人でいれば、心が落ち着くし。」
するとムギが踵を返して戻って来て、ぐっと強く憂の腕をつかむ。
「今は2人きりで、話をさせてあげましょう。」
「でも・・・・。」
「あとはもう、2人の思いにゆだねるべきよ。大丈夫。伊藤さんは悪い人じゃないし。唯ちゃんも、私達より伊藤さんといた方が落ち着くみたいだし。まかせましょうよ・・・。」
憂は暗い顔でうなずくと、ムギと一緒に休憩所を離れていった。


ガヤガヤと、外は相変わらず話し声が聞こえている。
外側のにぎやかさとは対照的に、体育館では静かな時間が流れていた。
七海一派は、まだ戻らないようだ。
ムギからメールが届き、澪達は、止が逮捕されたことを知った。
ようやく皆、安堵の表情になれた。
「どうする?」
「この場合は、その場を離れた方がいい。」刹那は落ち着いた口調だ。「宮沢達がまた戻ってきて、襲ってくるかもしれないから。」
学級委員の彼女の言うことに、従ったほうがいいだろう。
皆、体育館を出て外に出る。
日は中天を通り越して、傾いていた。腕時計を調べると、午後2時。
生徒達の数も、やや少なくなってきている。
「いまさら、気づくのが遅いのかもしれないんですけど・・・。」言葉は、陽だまりのような明るい表情になっていた。「誠君がいなくても、私は一人じゃないんですね・・・。秋山さんがいますし、考えてみれば、ずっと心も気を使ってくれていたし。」
「はは、そうだね。」澪は思わず、笑った。「心ちゃんや私だけじゃないと思うな。桂を育ててくれたお父さん、お母さん。それに律や西園寺や清浦だって・・・桂のことを案じたから、わざわざあの人達を止めてくれたんだと思う。
貴方の、笑顔が見たいから。
貴方が苦しんでいるのが、耐えられないから。」
「オイオイ、なんでそうなっちゃうの?」律が赤い顔で、横から口を出す。「私は澪が危険に会うのはまずいと思ったからだよ。でもまあ、思いっきり感謝しなさい。」
「私も、こういうやり方が好きではないから止めただけ。」
2人を見て、澪はくっくっと笑う。
世界だけが、黙っていた。
それに目もくれず、言葉は、
「ありがとうございます。もし・・・もし万が一誠君に振られても、私、もうくじけません。泣きませんから。
だって、秋山さんや、みんながいるって、分かりましたから・・・。」
「いやいや、伊藤は貴方のことが好きって言ってるんだよ・・・そうだ、唯と伊藤は?」
思案していると、メールが来る。
ムギからだ。
しかし澪は、そのメールを見た時、表情が変わる。
「え・・・? 2人とも、3階3年2組の休憩所にいる・・・。2人きりにした? お互いの思いを確認しあうには、それしかない?」
ムギからのメッセージに驚く。
「誠君・・・!」
言葉は、校舎に向かって駆け出していた。思わず澪も、後から追う。
「桂、伊藤は本当に桂を思っているから、多分伊藤は唯を拒むと思うんだが・・・。」
「そんなことないです。誠君は、優しすぎますから・・・きっと、平沢さんを拒まないと思うんです。」
「そんなの・・・。」
「たぶん、平沢さんと・・・!」
「くっ!!」
言い終らないうちに、澪は、かけ足を速めてしまっていた。
昇降口から、あっという間に階段を上っていく。
言葉は、留守番着信を開く。
『もしもし、言葉、どこだ? 誠だ。今そっちに向かってるから、返事してくれ。』
「それは?」
「誠君からの着信。誠君、私のこと・・・。私も、誠君の思いに気付かなかったから・・・。」
「そういうわけでは、ないと思うけど・・・。」
苦笑いする澪だが、すぐに気を取り直して、3階の休憩室に向かった。


かけ足を速めた澪と言葉と異なり、律と世界・刹那の足取りは、後を追ってはいるものの、ゆっくりしている。
そのまま、校内の玄関に入った。
「急がねえのか?」
「いや、もうこうなったからには、もういいでしょう。私はもう、当事者じゃないんだし。」
心配する律に対し、世界は大きく息をして答えた。
「それにしてもよう、まさか西園寺が、桂へのいじめを止めるとはな・・・。」
ニヤッと笑って語る律に対し、世界は目を伏せている。
「さっきも言ったけど、誠の彼女になれない以上、私が桂さんを遠ざける理由はありませんから・・・。
ちょっと気まぐれに、『いい人』になってみただけです。」
「いーじゃんかよ、伊藤もみんなも好感を持つと思うぜ、あんたに。」
「でも・・・桂さんは女子からは嫌われてますし。それに、七海には悪いな、と思う。」
「あいつね・・・。」にこやかな顔を消して、律はため息をついた。「今度あんた達も呼んで、桜ケ丘でティータイムを開こうとも思ったんだけど、どうしようかな・・・。」
「いえ、余計な気を使わなくても・・・。七海のこともありますし・・・。」
「なーんか言ったか、世界?」
きびきびした声。
噂をすれば影、七海であった。彼氏と思しき長身の男性と、腕を組んでいる。
「七海・・・。」
「宮沢から話は聞いているさ。桂への攻撃をやめてくれと、あんたが言ったって。」
「・・・・。」
世界は少し、むっとなった。
「それでいいのかよ?」
「・・・もういいの・・・。」彼女はうつむき加減に、小声で言う。「誠とは、うまくいかなかったし・・・それに、平沢さんを見てたら、この人にはかなわないな、って思っちゃって。
平沢さんと付き合ってる時の誠・・・平沢さんと一緒にいた時の誠、嬉しそうだったなあ・・・。」
「そんな自信なさげで、どうすんだよ!?」
「いーんじゃねーの?」律が口を挟んできた。「うまくいかなかったって、西園寺自身が言うんだからさ。」
「まったく、桂の奴に何言われたんだか・・・。」
「だから、違うって言ってるだろ!!」律の声が、急に荒くなった。「いつもそうやって、全部桂のせいにして、ムギまで巻き込んで陥れて!!
ムギは本当にあんたにあこがれてたんだぞ!! それを粉々にぶっ壊しやがって!
もういいだろ!! 終わりにしてくれよ・・・。」
「部外者の貴方に何がわかるんですか!?」
「違う!!」大声で遮ったのは、世界だ。「・・・たぶん本当は誠、私のこと、好きじゃなかったんだよ。
好きだったのは、そしてつながってたのは、ただ体だけだったって、思うんだ。
平沢さんが誠と付き合ってると思いこんで、怒って、桂さんにも八つ当たりして・・・。こんな心の狭い女、いないよね・・・。」
好きだけど好きじゃない。誠がそう言っていたことを七海は思い出して、
「そんなことないって、伊藤や桂が・・・。」
「そこまで自分を卑下しなくたっていいだろう。」言いかけた七海を、律は静止する。「ただ縁がなかった、それだけじゃねえのか。」
「田井中さん・・・。」
まばたきをしつつ、世界は言う。律は再び笑いながら、
「縁があるか、ないか。結局はこれに尽きるだろ。
西園寺だって伊藤でなくとも、いずれ縁のある男を見つけると思うぜ。
さて、行くか。」
「どこへ?」
「ナンパ。私も見つけたいしよ、いけてる彼氏。」
「待って!」世界が止める。「平沢さんはいいの?」
「いやあ、もう疲れちまってな。それに、あいつを選ぶかどうかは伊藤が決めることだぜ。私たちが口出しできることじゃねえよ。止も逮捕されたみてえだし、もう厄介なことにはならないと思うぜ。
あいつら、さんざん私らを振り回したんだから、せめて最後ぐらい、自分でけじめをつけさせねえと。
それと、いい男がいたら紹介してくれ。じゃ、後で。」
律は手を振り、遠ざかっていった。
携帯からメールが来たので、とってみる。
「やれやれ、澪の奴・・・。どこまでおせっかいなんだか。」
「律先輩!」
突然声をかけられる。
梓がそこにいた。
「おお、梓か。大丈夫、沢越止は逮捕されたそうだぜ。唯が襲われる心配はねえよ。」
「ムギ先輩から聞いています・・・。じゃないです、唯先輩と伊藤はどこに行ったんですか!?」
「ああ、ムギによれば、2人きりで3年2組にいるみたいだぜ。」
「な!? 2人きりにさせたんですか!? まずいじゃないですか・・・。」
「追いかけるのか!?」
「律先輩だって、言ってたじゃないですか! 2人にとっては一種の縁だって。」
「そんなこと言ったかな・・・?」すっかり忘れていた言葉を、律は思い出し、「ああ、それは澪と桂の話だったんだけどさ。
桂は悪い噂が絶えねえし、多分孤立無援じゃないかと思ってさ。澪のような味方がいたほうがいいと思ったんだけど・・・唯と伊藤もそうか。」
「自分で言ったんじゃないですか・・・。」梓は半ば呆れ気味に、「私は、唯先輩があんな奴と付き合うなんて、まだ許してませんからね!」
「分かった。それだけ思うのならば、止めに入ってもいいぜ。私は止がいなくなった以上、唯と伊藤の2人の思いにゆだねるけどな。」
「・・・わかりました。ありがとうございます。」
深々と頭を下げると、梓は突っ走ろうとした。
「梓ちゃん!!」
横から、通りかかった憂に声をかけられた。
「憂・・・。」
「私も最初は、あの2人を引き離したいと思ってたんだけど・・・。
やっぱり、ムギさんの言う通り、ここは2人の気持ちにゆだねるべきだと思う。」
「何言ってんの!? あんな奴に唯先輩を取られちゃっていいの!?」
「でも、お姉ちゃんは伊藤君が好きだから・・・。伊藤君は分からないけれど・・・。」
「私は、あんな奴に唯先輩を取られたくはないな。それにこれ以上、唯先輩と親しくなったら嫌だし。」
「でも・・・。お姉ちゃんは伊藤君を求めている。今回沢越止に襲われた時も、泣きついたのは私じゃなくて、伊藤君だった・・・。」
私じゃなくて、と言った時の声は、妙に低い。
「だからどうしたっていうの!? ほら、行くよ!!」
ためらう憂の腕を引っ張り、梓は突っ走る。


誰もいない、薄暗い休憩室。
しばらくずっと、唯と誠はベッドの上で抱き合っていた。
服を整えていない唯。その白い胸元が、大きく見える。
「・・・・。」
誠のどぎまぎが、ドキドキに代わっていた。
そのまま、一見すると平淡にも思える時間が流れていく。
それでも、時間がきわめて長くなったように、彼には思えた。
自分の胸の中ですすり泣く唯を見ていると、唯に言わなければならないことを、言うのをやめようかとためらってしまう。
しかし、父の顔が浮かび上がった瞬間、何か吹っ切れたような気持ちになる。
「・・・・落ち着いた、唯ちゃん?」
「・・・うん・・・。」
涙と鼻水ですっかりくしゃくしゃになってしまった顔を、唯は上げた。
ハンカチで顔を拭いて、彼女は穏やかな表情になる。
吹っ切れている今、そして彼女が落ち着いた今、打ち明けなければ。
そう思って、彼は、真顔で、切りだしていた。

「ごめん・・・さっき言った通り、俺は言葉のことが好きなんだ。
唯ちゃんも好きだけど・・・。友達以上の思いはないんだ。」

その後、非常に不気味な沈黙が流れた。
唯は、何を言ったらいいのかわからなかった。
誠の言ったことが、まるっきりの冗談だと信じたかった。
「・・・あのね、唯ちゃん。」最初に口を開いたのは、誠だった。「今言ったとおりだから。俺は、言葉のことが好きなんだ。
もっと早く言いたかったんだけど、気持ちがふらついてばっかりだったし・・・唯ちゃんががっかりして傷つくのかと思うと・・・。」
今更ながら彼は、自分の優柔不断を恥じていた。
けれどこれ以上、父と同じ轍を踏みたくはない。
そう思って、腹をくくった。
やがて唯は、静かに、
「・・・それは、桂さんに言われたからじゃないの?
『止さんと同じ道を歩みたくないなら、最初につき合ってた自分を捨てたりはしない』って・・・。」
「それは・・・。」
「それは違うと思う。マコちゃんが本当に好きな人を選べばいいんだよ。」
唯は、誠と同じ真顔になっている。
なるべく、理屈を並べ立てて、彼を引きとめようと思った。
さっき言ったことは嘘、あるいは勘違いなんだ。
マコちゃんは私が好きなんだ。
そう自分に、言い聞かせていた。


澪と言葉は、唯と誠を探して榊野校内を一緒に疾走していた。
2手に別れたかったが、まだ七海の息のかかった生徒がいないとも限らない。
急いで3年2組の教室へと向かっていた。
「澪先輩!」
横から梓が、憂を連れて追い付いた。
「梓、どうしたんだ!?」
「どうって、あの2人を止めに行くんですよ!!」
「・・・私は、お姉ちゃんの気持ちを尊重したいけどなあ・・・。」
呟く憂に、
「おいおい、憂はあんな奴に唯先輩を取られちゃっていいの!?」
「いやだけど、でもね・・・。」憂は窓を見ながら、「お姉ちゃんと伊藤君が2人でいた時、2人ともすごく楽しそうだったんだよ。
2人で一緒に料理をしていた時、2人ともうれしそうだった。
そして、2人とも自分に正直になってた。」
「・・・・。」
「邪魔するのは悪いなあ、と思う・・・。
私はちょっと、学園祭を楽しんでくるから。3人で行ってきて・・・・。」
踵を返して、いかにも鬱といった感じで憂は去って行った。
「・・・・!!」梓は呆れながら、「もう憂なんか知らない! ・・・伊藤め、私の唯先輩に手を出したら・・・!」
といいつつ、澪と言葉を追うような形で走り続けた。
前を走る2人は、こんな会話をしている。
「・・・何でこんなに皆さん、平沢さんを気にするんですかね? 桜ケ丘生徒って、レズが多いんですかね・・・。」
「いや違うって・・・。」
呟く言葉に、澪は苦笑いしながら答えた。
「みんな唯が心配なのさ。私だって、唯が沢越止に襲われたのか不安だったし。でも唯が伊藤の気持ちを無視して、手を出しちゃったら困ると思うよ。」
「誠君は、私が好きですからね・・・平沢さんが手を出しては困ります。」
その場で澪は、上手く皆の気持ちをまとめ上げるが、言葉は思わず毒づいてしまう。
3人は、目的地へと急いで行った。
「唯・・・。」
「誠君・・・・。」


初めての沈黙の長い会話を、唯と誠は続けていた。
「唯ちゃん・・・。」
「言ったじゃん、昨日。『俺も、本当は』って。
私のこと、好きなんでしょ。」
そうだった。
あの時、悲しい顔をした唯を見ていられず、つい引きとめた。
言葉も好きであり、唯も好きだった。
どっちも好きで、どちらもそばにいてほしかったんだ。
「そうだよ。言葉も好きなら、唯ちゃんも好きなんだ・・・。」
「だったら!」
「でも・・・。」
誠は、今まで自分で気づかなかった自分の思いを整理し始めた。
「唯ちゃんも好きだったんだよ。きれいな目で、いい笑顔だからさ。
その笑顔は、俺を純粋にさせる力があるんだと思う。いや、あったよ。
でも・・・このまま俺と付き合ってたら、大好きな唯ちゃんが壊れそうな気がしてさ・・・。
それなら、友達のままでいようって思ったんだ。」
「そんなことない!! マコちゃんに出会ってなかったら、今の私はないと思う。マコちゃんの前だから、いい笑顔だって出来たんだよ!!」
「ううん、」誠は首を振って「俺なんかがいなくても、例えば学祭で演奏した時も、みんなの前でいい笑顔を見せていた。独りでも君はいい笑顔ができる。
そんな唯ちゃんに、俺はふさわしくないと思うんだ。
だから、友達に戻ろう。」
「そんな・・・・。」
唯は思わず、目を伏せた。
「それに言葉は、俺が世界と付き合っていても、唯ちゃんとキスした時も、変わらずに俺のことを見てくれていた。
見捨てずに、憂さんがいたるを襲ったときだって、俺を助けてくれた。
俺はずっと、自分に向けられた愛情に気づかなかったんだ。」
「・・・私だって・・・。」
「唯ちゃんのことは好きだから。大事には思ってるから。友達として、これからも接したいって思う・・・。」
言いかけて、誠は言葉を失った。
唯の目には涙がにじみ、額には血管が浮かんでいる。
彼女は、耐えられなかった。
「ずるいよ・・・マコちゃんは・・・!」
「ずるいって・・・。」
「私をその気にさせて、今更別れようなんて・・・!」
今度は誠が目を伏せ、
「はっきりしない態度だったのは、本当にすまなかった・・・って、」
言い終らないうちに唯の両手が、誠の両肩をつかんでいた。
「ちょっと何するんだよ。・・・痛い! 右足くじいてるんだぞ。」
「このまま黙って去れないよ!! マコちゃん!」
片手を外し、唯はスカートのポケットから、あらかじめくすねていた、あれをだした。
「!!」
「・・・これ、使って・・・!!」
誠は、愕然となる。
避妊器具だ。
どこから取ってきたのか、分からないが。
・・・
そうか、ひょっとして、言葉を助けようとして休憩室に行ったときに・・・!
そう思うと、急に胸が高鳴り、体が火照り始めていた。
唯もそれに感づいたのか、誠の肩にぐっと力を入れる。
思わず彼女は、バランスを崩してしまった。
「きゃあ!」
「うあ!」
何かにつまずき、平沢唯と伊藤誠は重なって倒れ込む。
誠は強く背を打った気がするが、クッションみたいなものがあって痛くはない。
「つーっ・・・え・・・?」
気がつくと誠は、白いベッド(本来は保健室にあるもの)の上で、唯に肩を掴まれ、組み敷かれている。
薄暗い部屋。そこに男女が2人きり。
唯は誠の胸のあたりで、顔を預けた。
そう言えば、始めてキスした時も、彼女は体をそうやっていたな。
妙なデジャビュに駆られそうな思いを、必死にふっ切ろうとする。
「おい、やべえよ。」
肩をふりほどこうと思って、誠は急にゾクリとした。
見交わした唯の顔は紅潮し、目は潤んでいる。
大きな胸元が、目をそらそうとしても視界に入ってくる。
何を求めているかはすぐに分かった。
雰囲気に流されそうな自分を、誠は必死に押さえ付けた。
彼女の目は真剣なようだ。
もう望みはかなわないと、分かっているはずなのに・・・。
「や、やめようよ・・・。」
「一回だけでいいから・・。」
「でも・・。」
「あと少しなんだよ!マコちゃんと恋人でいられるのは!!」
唯が普段考えられないほどの大声を出す。
「トーンダウン、トーンダウン。ばれちまうよ、唯ちゃん。」
誠が必死になだめた。
「ごめん・・・。でも、あたしの気持ちもわかって・・。」唯が潤んだ瞳で続ける。「あと少しで、全部諦めなくちゃいけないんだよ、マコちゃんのこと。
せめて最後にマコちゃんが・・・マコちゃんの思い出が欲しい。
あたしじゃ、西園寺さんや桂さんの足元にも及ばないかもしれないけど、後悔したくないの・・。
お願いだから・・・。」
「唯ちゃん・・・。」
誠は、自分の頬どころか身体全体が火照っていることに今気がついた。そして、誠に体を預けている唯も同じように熱くなっていることに。
長い長い沈黙の後、誠の顔に唯の顔が近づいて・・。



最終話へ、続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

【 2013/09/07 21:22 】

| 小説 『Cross Ballade』(けいおん!×SchoolDays小説) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<八重、2度目の結婚 ~八重の桜・同志の誓い感想~ | ホーム | エンバーミング ~Dead Body And Tears-1感想>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1389-87110e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |