『天空の城ラピュタ』感想
昨日『天空の城ラピュタ』が地上波でやっていたので、見ました。
前作の『風の谷のナウシカ』とは違って少年向けに作ったとされるラピュタ。
どちらも自然と人間の関係がテーマだけどね。
僕が初めて見たのは小学生の頃だったと思う。
大きくなって知識も身についてくると、また違った見方ができるから面白い。

まだこの頃は、ジブリのヒーローやヒロインは理想の人物だったころ。
ともあれこれは、シータの成長物語と見てもいいかも。
最初は自分の運命を受け入れられず、
「私は何も知りません。石が欲しいならあげます。」

と言っていたけど、海賊たちやパズーとのふれあい、そしてラピュタの遺跡を見て勇気がついたのか、ムスカにも
「あなたに石は渡さない。」
と言い切る。
クライマックス寸前の
「どんなに恐ろしい兵器を持っても、たくさんの可哀想なロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ。」
はいかにもラピュタの王女っぽかった。


そしてムスカ。
ジブリ作品では数少ない純粋な悪役。
(最後に死ぬ、というのもジブリ作品では珍しい。)
インパクトが強いといえばそうだね。
『人がゴミのようだ』というのもまさにインパクト強いし。
秘密の名『ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ』
パロとはギリシャ語で『従属』。

『真』という意味の『トエル』がないあたり、
ムスカはラピュタ一族の分家筋だと考えられているらしい


今回のおまけ
こんなの見つけました。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:天空の城ラピュタ - ジャンル:アニメ・コミック

【 2013/08/03 23:25 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<女の意地 ~八重の桜・離縁のわけ感想~ | ホーム | 半年後 ~八重の桜・再起への道感想~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1380-4b48136f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |