クソありがとうございました! 〜SKETDANCE・最終回感想~
思えば銀魂とのコラボでこの漫画に興味を持ってから3年。
とうとう最終回とは・・・。

最初はスイッチがパソコンで卒業の言葉を話すところから始まる。
それからスケット団・仲間たちにあって自分たちが変わったことを知る。
椿もキャプテンも、ヒメコもボッスンとは違う道を行くんだよね。

空港でのヒメコとボッスンの別れは辛かったなあ・・・。
ボッスンもヒメコが好きだと言うけど、それはあくまで『みんなが好き』というぐらいの好きの感覚。
うーん、ボッスンにラブコメハーレム主人公は務まらないなあ。

外国を旅して、スケット団を気取る姿はかっこよかったけどね。


作者篠原健太先生は体力の限界やらいろいろな都合で、スケダンを人気があるうちに終わらせようと考えたんだろう。
その場合読者への誠意として、『もう二度とスケダンは書くな』ということになるけど。
(るろうに剣心がそうだった。)

篠原先生、お疲れ様でした。
無理とわかっていても続編みたいです。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:SKET DANCE - ジャンル:アニメ・コミック

【 2013/07/10 14:02 】

| 漫画・その他(SPIRIT) | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<ミュージカル『人間になりたがった猫』感想 | ホーム | 激戦 ~八重の桜・包囲網を突破せよ~>>
コメント
--- 承認待ちコメント ---

このコメントは管理者の承認待ちです
* [編集] 【 2016/05/09 21:15 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1374-b8579733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |