ライバル登場 〜八重の桜・遠ざかる背中感想〜
一橋慶喜が長州征伐をやめ、さらに会津が揺らぐ頃、八重にもライバルが。

黒木メイサ演じる中野竹子。
訛りがない一方で、かなり薙刀の腕は高い。
その一方で、鉄砲をただの道具として考え、剣と薙刀しか人の魂が入らない・・・という融通のきかない一面もあったようで。
ともに会津戦争で共闘するのだから、その中で八重に学ぶことがあるといいんだけど。

さて、勝海舟は徳川の立場しか考えない会津藩士に対して、幕府ではなく日本の、日本だけではなく世界の状況を見るよう説く。
咸臨丸に乗って留学した人間はさすがに違うか。
生瀬勝久は情けない役が多かったけど、意外と貫禄のある役も合うかもしれぬ。


孝明天皇は直接松平容保と再会。
史実でも容保は孝明天皇の信頼が厚かったけど、孝明天皇の崩御のために180度立場が変わってしまって・・・。
歴史では何が歴史を変えるかわからないものだ。
孝明天皇は痘瘡でなくなったとも、毒殺されたとも言われているけど、あまりにも急激な死だったからねえ。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2013/04/21 18:45 】

| 大河ドラマ 八重の桜 感想 | コメント(0) | トラックバック(2) |
<<大政奉還と王政復古 〜八重の桜・慶喜の誤算感想〜 | ホーム | 密約に対抗して 〜八重の桜・薩長の密約感想〜>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1354-a9312bcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大河ドラマ「八重の桜」第16回
二枚舌… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304210005/ 八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-12-20売り上げランキング : 6815Amazonで詳... 日々“是”精進! ver.F【 2013/04/21 20:37 】
大河ドラマ「八重の桜」信念の人16八重の強力なライバル出現!慶喜は勝と春嶽を見事に騙して容保は天皇の崩御で後ろ盾を失った
大河ドラマ「八重の桜」第16話は会津が大火になって行方不明になったみねは奥の部屋に隠れているのが見つかり事なきを得た。そんな会津に中野竹子という強い女が現れ八重も一捻 ... オールマイティにコメンテート【 2013/04/21 21:01 】
| ホーム |