動乱の種 〜八重の桜・蛤御門の戦い感想〜
ついに勃発した蛤御門の戦い。
曲折の末、なんとか長州を打ち破るものの、庶民の目は冷たかった。
尊王攘夷の志士たちに花を贈る人間は多かったのだろう。
会津の愚直さが、憎まれ役を買うことにもなってしまったのかもしれない。

一方の会津の地元は相変わらず平和な日々。
その中で八重と尚之助の縁談が持ち上がる。
兄妹のように過ごしてきたものとしては違和感があるか。

そんなおり、覚馬は戦で目を負傷する。
これが眼病と失明の伏線になるわけね。
懸命に戦ったのに人々から嫌われた時の彼の気持ちはなんだったか。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2013/03/24 20:48 】

| 大河ドラマ 八重の桜 感想 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<八重、結婚 ~八重の桜・鉄砲と花嫁感想~ | ホーム | 禁門の変 〜八重の桜・守護職を討て!感想〜>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1349-e598419d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |