型破りな女性 ~八重の桜・蹴散らして前へ感想~
御裁縫のようなちまちましたことを嫌い、鉄砲に熱を出す八重。
このあたりも型破りというのかね。
後に悪女と呼ばれることになったのも、この活発さが災いしたのかも。
それでも熱心になるあたりは一家が鉄砲組だったゆえんなのかねえ。

さて、象山が謹慎となり、覚馬もいらだつ日々。
ぶつかった人に鉄砲隊が臆病ものと罵られ、ついに手を出し、槍の試合でも八つ当たり。
浅野内匠守のように刀を抜いてはいけないというけれど、ここでもそうなのか。
頼母はさすが重鎮ではある。

そして開国となる幕府に対し、会津藩も騒然となる。
そして不満をぶつける覚馬。
家老に無礼ということで、無期限の謹慎となってしまう。
若さゆえの血気だろうが、それが取り返しのつかないことになってしまうわけで。
八重が不安がるのもわかる気がする。

家定。
『凡庸の中でももっとも下等』と呼ばれたほどだから、跡継ぎが注目されるのも無理ないか。
この時に沈毅な慶喜が出るわけね。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2013/01/20 20:18 】

| 大河ドラマ 八重の桜 感想 | コメント(0) | トラックバック(3) |
<<目まぐるしく動く中で ~八重の桜・妖霊星感想~ | ホーム | 激動の波 〜八重の桜・やむにやまれぬ心感想〜>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1343-764b3fc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大河ドラマ「八重の桜」第3回
一人でも、やり続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301200005/ 八重の桜 一山本 むつみ 五十嵐 佳子 NHK出版 2012-11-27売り上げランキング : 1709Amazonで... 日々“是”精進! ver.F【 2013/01/20 20:28 】
【八重の桜】第3回 「蹴散らして前へ」感想
桜の木の上で砲術本を読みふける八重(綾瀬はるか)。毛虫に驚いた拍子に本を落としてしまう。 すると、そこへ一人の青年武士が通り、本を拾い上げる。 それは江戸から覚馬(西島 ドラマ@見取り八段・実0段【 2013/01/20 20:55 】
八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」
何かを始めようとすれば何もしないやつらが必ず邪魔をする。 蹴散らして、前へ進め――。 今回、象山が語った言葉です。 先を進む者は理解されず、それでも進まないといけない。 今 ... D☆エディション【 2013/01/21 21:32 】
| ホーム |