FC2ブログ

リターンマッチ ~平清盛・宿命の敗北感想~
清盛が頼朝を生かしたために、頼朝により平家は滅ぼされた・・・。
これはのちの歴史でも生かされていて、徳川家康は豊臣の勢力が盛り返されたのを恐れて、豊臣秀頼を自害させたと言われている。
動乱の世で学ぶことは多いというわけか。

さて、石橋山の戦いで敗北に追い込まれた頼朝。
しかし梶原景時の計らいで見のがされる。
この時から頼朝は景時に恩を感じていたのだろう。
律儀で昔気質の軍監という性格も、体制作りにもってこいというのではないか。
(為に義経とは対立するが。)

義経もまた、平家に対して立ち上がろうとするが、秀衝によって阻まれる。
どちらかというと秀衝は慎重なのであろう。
石橋山の頼朝の敗北もあったから。
しかし度胸と弓の腕を見せて認めてもらう。
義経は小柄ながら腕は高かったという話だからね。


一方で頼朝との対決を控えながら、福原への遷都を決行する清盛。
かなり思いつき的なところが多かったからねえ。
加えて平家は兵糧不足があり、それが富士川の戦いの敗北につながったとされる。
腹が減っては戦は出来ぬか。
一方で清盛は、武士の新しい世を期待する。
義朝のこともあったからねえ。

そして上総広常に会う頼朝。
先祖の時から下馬の例をしたことがないという広経。
門前払いにしようとする頼朝に無理やり入る。
それだけ源氏の御曹司には、人を集める力があったということか。

方や平家。
今回の平維盛はかなりリーダーシップのない人間として描かれているよう。
遊び女を陣中に連れて、忠清のような武骨な男が耐えられるわけもない。
あげく鳥の飛び立つ音で平家が混乱したあとも(平家物語にある)、うまくまとめあげることができない。
将たる器ではないということか。
実際は桜梅少将と呼ばれた美形なんだけどねえ。
結構入水自殺したあとも生きているという伝説もあるほどだし。
そして10騎程度の兵で逃げ帰り、清盛にもぼこられ、京に入れてもらえない。
気の毒だなあ。
一方で忠清は平家が武家ではなくなったこと、清盛が武士でなくなたことを訴える。
武家や武士では出来なかったことをやってのけたが、同時に失ったものも大きかったということか。
清盛自身、忠清を斬ることができなかった。
清盛が失ったものも大きかった。


さて、あまりにあっけない終わり方に呆然とする頼朝。
そりゃあね。
関連記事
スポンサーサイト



ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 平清盛 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2012/12/02 20:43 】

| 大河ドラマ 平清盛感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(4) |
<<鞘を取り合って ~銀魂・ドSとドS感想 | ホーム | しぼむ夢。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1332-4aa410d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大河ドラマ「平清盛」第47話
第四十七回「宿命の敗北」    またり、すばるくん。【 2012/12/02 20:50 】
大河ドラマ「平清盛」第47回
清盛、よろける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212020003/ NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集ジェネオン・ユニバーサル 2013-03-06売り上げラ... 日々“是”精進! ver.F【 2012/12/02 20:55 】
【平清盛】第47回 「宿命の敗北」感想
頼朝(岡田将生)の挙兵を知った清盛(松山ケンイチ)は、孫の維盛(井之脇海)を 総大将として追討軍を派遣。 一方、数万に膨れ上がる源氏軍は西へ兵を進め、両軍は富士川を挟ん ドラマ@見取り八段・実0段【 2012/12/02 21:06 】
平清盛 第47回 「宿命の敗北」
武士とは勝つことじゃ! 勝ち続けることじゃ!! そう言って暴走し続ける主人公を、擁護皆無に描くという凄い事態なんですが これは何を描いてるのかなぁ。 大河ドラマや時... 青いblog【 2012/12/02 21:39 】
| ホーム |