白河の子 ~平清盛・白河院の伝言感想~
相変わらず視聴率が低迷している平清盛
オープニングとかかっこいいと思うんだけどねえ。

清盛は重い病気にかかり、出家する。
当時俗人のままでは極楽に行けないと言われていたんだよね。
重盛も死ぬ直前、出家したという話だし。
このドラマではそのことを話さないのかねえ。

清盛が熱に苦しめられている中で、白河法皇の隔世遺伝ゆえか、昔の白河法皇と舞子のことを思い出す日々。


それにしても偉大な人間が死ぬとなると、皆々それぞれもくろみをさらけ出すなあ。
以仁を中心にかつての摂関政治を戻そうとする藤原。
清盛の死を気に蜂起しようとする頼政。
そして、どこ吹く風の頼朝。
まだ蜂起するイメージがわかなかったのかねえ。


一方、清盛亡き後の一族の繁栄をどうするか迷う平家一族
どうやらそこでも、重盛と宗盛の争いがあるようで・・・。
ドロドロした争いは貴族のやり方が伝染したのかねえ。

ドロドロした情念で動くのは白河法皇も同じだったようで。
加持祈祷の願いで自分の子を下ろそうとするとは・・・。

同じ白河法皇の血を引く後白河上皇も同じだったようで・・・。
清盛にあれだけ嫌がらせをする一方、いなくなると嫌とは・・・。
加茂川の水に妨害されつつも外出したのはそのため?


遊びをせんとや生まれけん、戯れせんとや生まれけん。

清盛の生きざまは、常にそれがあった。
後白河も似たようなものだったかもしれない。


二度と肉親や友を斬ることのない世を作ろうと、ひたすらに上昇してきた清盛
しかしその先の景色を知らないと言われる。
景色とは何だろう。
いったん上がったら、あとは下がるしかないとも考えられるが
白河法皇の挑発が、清盛を回復させたとでも言えようか。

どうやら次回は出家するらしいけど。


関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 平清盛 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2012/09/02 20:44 】

| 大河ドラマ 平清盛感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(8) |
<<これ続くの? ~銀魂・ジーザス感想~ | ホーム | もののけ姫 感想>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1286-08d812bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大河ドラマ「平清盛」第34回
親子の対話… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209020006/ 平 清盛 三藤本 有紀 NHK出版 2012-07-26売り上げランキング : 45869Amazonで詳しく見る by G... 日々“是”精進! ver.F【 2012/09/02 20:47 】
【平清盛】第34回
「清盛病に倒れる」の報は後白河上皇(松田翔太)始め、貴族・諸国の武士など多くの 人々の心を揺るがす。 そんななか清盛(松山ケンイチ)は夢の中で、実の両親・白河法皇(伊東 ドラマ@見取り八段・実0段【 2012/09/02 20:50 】
大河ドラマ「平清盛」第34話
第三十四回「白河院の伝言」    またり、すばるくん。【 2012/09/02 20:55 】
NHK大河ドラマ『平清盛』第34回「白河院の伝言」
清盛が倒れ、危篤状態に(∋_∈) で、覚悟しとかれよってことで、周りはあたふた。 しかし、本人は悪夢にうなされっぱなし。 悪夢には白河院やら、祇園女御やら、舞子やら、忠 よくばりアンテナ【 2012/09/02 21:14 】
喜びも悲しみもみんな夢の中(松山ケンイチ)
1161年、金の五代皇帝・世宋、1162年、南宋の二代皇帝・孝宗が帝位に就くと金と南宋の戦争状態は休戦模様となった。言わば、中国大陸は金と南宋による南北朝となったのである。 変則的... キッドのブログinココログ【 2012/09/03 14:29 】
平清盛第34回 「白河院の伝言」
それを振ってみればわかる・・・。 サイコロの目は彼にどんな世界を みせるというのか--- 生死を彷徨い悪夢に苦しむ清盛------ 彼の死を望みほくそ笑む摂関家の人々--- 平家の間に shaberiba【 2012/09/03 21:10 】
平清盛 第34回「白河院の伝言」
今週も『平清盛』のお時間です。 まずは、あらすじ・・・・ みはいる・BのB【 2012/09/03 21:41 】
NHK大河ドラマ「平清盛」第34回「白河院の伝言」
齢50にして病に倒れた清盛様!これで少し老けメイクに変わられるとしっくりするんですけどねえ~。50と言えば昔だったらもうご隠居のお歳なんでしょうけど、でもでもほらほら、50から... 真田のよもやま話【 2012/09/03 22:58 】
| ホーム |