小選挙区比例代表『並立』制? 『連用』制?
社会保障一体改革と同時に、選挙制度改革についても叫ばれている。
大政党に有利な、小選挙区比例代表『並立制』か、
それとも小政党に有利な小選挙区比例代表『連用制』か、
はたまた、かつての中選挙区制に戻すのか。



以前にも書いたが、民主党は二大政党制志向が強い。
比例を削減して現行の並立制を維持したがるのは当然か。
一方で公明党はどちらかというと小政党。
連用制を主張するのも理にかなっているか。


小選挙区制、比例代表制、中選挙区制の長所と短所については、
『日本にふさわしい選挙制度は?(http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/blog-entry-710.html)』
で語ったので、ここでは省こう。
ここでは小選挙区比例代表並立制、小選挙区比例代表連用制について話してみる。
どちらも有権者は2票を有し、比例代表では政党に、小選挙区では候補者に投票する。

小選挙区比例代表並立制
小選挙区制と比例代表制の2つを並行して行う選挙制度の一つである。現在の日本の衆議院選挙で行われている制度である。
ただし日本の場合、小選挙区議席が300、比例代表議席が180なので、大政党に有利な仕組みになっている。
長所:個人の選挙で勝てない小政党からいくらかの代議員が当選するのが許され、少数意見が反映されやすい
短所:大政党が優位を占めていて、小政党に力がないにもかかわらず、最大党が政府を構成するために、その最大党より小さな党の支持を頼る必要があり、政局が安定しない。


小選挙区比例代表連用制
小選挙区の要素を加えた比例代表制。
比例代表制が中心になる分、小政党にも有利になる。
全体の議席数は比例代表の得票率に応じて配分されるが、当選者の一部を小選挙区で決定する。
並立制は比例代表の議席配分において、各党の票数を割り、商の多い順に議席を配分していくが、こちらは小選挙区制で得た議席を差し引いて配分をする。
全議席を、純粋に比例代表の得票数に応じて配分する場合と近いものとなる。

こちらは併用制の長所と短所が、よりはっきりする形で出てくる。
つまり、少数意見が反映されやすい反面、小党乱立による政情不安定化の可能性も高いと。


どちらを選ぶかは人それぞれだろうな。
ただ、僕はどちらかといえば連用制がいい気がする。
こちらの地方でも新しい勢力はあるから、より新しい勢力を取り込むためには連用制がいいだろう。
(大阪維新の会・・・は眉唾だけど。)
二大政党制からは程遠くなるが。



随分オピニオンもご無沙汰になっちゃって、キレも落ちてきたって自分でも思う。
(あらたにすも3月で閉鎖しちゃうし。)
それでもやめないのは、やはり『よく吠える弱い犬』といわれても、黙ってるよりましだという考えになったからだろうかね。
しっかりひまひまに勉強したいとは思ってるけど。

いろいろ実生活でトラブったけど、やっぱり『激情家』は捨てきれないや。
動じやすいという一面もあるし、『生きた証』を求めるためにも、激しい情は必要だと思って。



今回のおまけ
青と赤編

日常 日常の第7話

Watch Nichijou Episode 7 in アニメ | View More Free Videos Online at Veoh.com


源氏物語千年紀 第7話『葵の上』
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:政治 - ジャンル:政治・経済

【 2012/02/18 23:07 】

| 主張・雑感 (政治関連) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<妻との出会いは ~平清盛・光らない君感想~ | ホーム | ジャイ子が前田敦子・・・。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1092-1ad012a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |