理想と現実の間 ~運命の人・第5話感想~
三木と密会していたことがばれ、ついにスキャンダルに巻き込まれていく弓成。
スクープを撮るために犠牲にしたものが、大きく取り上げられていく。
厄介なことになってるなあ。

もちろんこれは弁護士のそそのかしなんだろうけど、三木にしても、もうこれ以上自分に風当たりを食らいたくなかったんだろうなあ。
もちろん旦那の風当たりも避けて。
挙句どこかへ行く。
旦那は弁護士と何とか、弓成記者と闘いたかったんだろうけど。


奥さんは週刊誌の記者に追われながらも、いとこの助言で実家に戻る決意をする。
それにしても松たか子が演じているから清楚に見えるなあ。


そんな折、佐橋総理は引退を表明。
名高い佐藤栄作の

『「テレビカメラはどこかね? テレビカメラ…。どこにNHKがいるとか、どこに何々いるとか、これをやっぱり言ってくれないかな。今日はそういう話だった。新聞記者の諸君とは話さないことにしてるんだ。違うんですよ、僕は国民に直接話したい。新聞になると文字になると(真意が)違うからね。残念ながら…、そこで新聞を、さっきもいったように偏向的な新聞は嫌いなんだ。大嫌いなんだ。直接国民に話したい。やり直そうよ。(記者は)帰って下さい」』


相当イライラしている弓成、妻とも喧嘩。
子供達も泣くようで・・・。
結託、裏切り、それは弁護団とて同じのようだ。
そして柳葉敏郎演じる大野木
同志ではあるようだが・・・はたして・・・?



とにもかくにも、気持ちを前向きにする弓成と由里子
ただ、三木はどうやら戦うつもりなようで・・・。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:運命の人 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2012/02/15 00:36 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<新たなる仲間 ~平清盛・西海の海賊王感想~ | ホーム | 名君か、奸君か ~銀魂・殿中でござる感想~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1088-cb6a84a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【運命の人】第5話
「被告人 弓成亮太(本木雅弘)は、被告人 三木昭子(真木よう子)と密かに情を通じ…」 争点を密約問題から男女問題に巧みにすり替えた起訴状は各方面に多大な衝撃を与えた。 マスコミは手のひらを返し... ドラマ@見取り八段・実0段【 2012/02/15 00:55 】
| ホーム |