平家の野性児 ~平清盛・無頼の高平太~
清盛の幼名についてはよく分かっておらず、
この物語では家の郎という意味の『平太』という名前になっている。
従四位の官位をもらっている父・忠盛と違い、清盛は12歳まで朝廷から官位を持たず、高下駄で暴れまわっていたことから、

高平太(高下駄をはいた平氏の太郎)』

と京童(きょうわらんべと読む。京の無頼の若者で、今で言えばヤンキー)にからかわれていた。
後に源義朝の子義平が
『悪源太』
と呼ばれたのとは雲泥の差である。
(注:当時の『悪』は悪人の意味ではなく、『強い人、猛々しい人』に対する褒め言葉として使われていた。)


自分の出自の混乱も相まって、博打を打ち、奇怪な格好で駆け回る平太。
朝廷の犬にも父のようにもならず、自分の自由に行きたいと主張する平太に対し、忠盛
「ならば自分は敵として立ち向かうが、容赦はせぬ。」
無力感をかみしめる平太。
思春期、いや反抗期というべきか、青年の苦悩がよくわかる。
僕だって『激情の塊』としてどう生きるか、悩んでいるわけだし。


昔から日本には、『建て前はそのままに実権をつかさどるサブシステム』が多い。
律令体制をそのままに幕府ができ、将軍がいながら執権が実権を持ち、天皇の名で軍部が政権を独裁する。
律令体制では天皇が政治組織のトップとなっていたが、天皇を引退した後も白河院鳥羽院は実権をつかさどっていた。
白河院が実権を握っていた時の鳥羽院のコンプレックスはいかなるものだったか


『殺生禁断令がどれだけ民を苦しめているか』
元服の日、平太は文句を言うが、公家に相手にされず、更に強力の家臣から羽交い絞めにされる・・・。
その時の平太は、権力だけでなく腕力でも無力だったということか。
これからがどうなるか。

その一方で武士としての自覚は持っているようで・・・。


そして若さゆえの無謀さゆえか、直々に白河院に談判に。
盟友を釈放するよう談判した清盛だが、
逆に自身の出生を聞かされる。
白河院の物の気の血が流れているから生かさている。という宿命。
1話と2話は清盛が自分の無力さを思い知らされる回なのだろうか。
それをぶつけるかのように舞を舞う清盛。
白河院に刃を突き付けても、会えて黙認する白河院
最後の最後で、院は自分の父性を清盛に見せたのであろう。


『遊びをせんとや生まれけん。』

梁塵秘抄

『面白き こともなき世を 面白く』
高杉晋作

OPにも出てきた双六の賽は、何かを暗示する。


今回のおまけ
平清盛 オープニング
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 平清盛 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2012/01/15 20:44 】

| 大河ドラマ 平清盛感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(15) |
<<いやはや、『けいおん!』映画は・・。(感想です) | ホーム | 自分の満たされるもの>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1056-afd63d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大河ドラマ「平清盛」第2話
第2回「無頼の高平太」  またり、すばるくん。【 2012/01/15 21:50 】
『平清盛』第2回
~無頼の高平太~ 悠雅的生活【 2012/01/15 22:10 】
平清盛 第2回 無頼の高平太
『無頼の高平太』 内容 忠盛(中井貴一)に引き取られ育てられた平太(前田旺志郎)は たくましく成長。。。。。。。。。平太(松山ケンイチ)となっていた。 賭場荒らしなどをして“無頼の高平太”と呼ば... レベル999のFC2部屋【 2012/01/15 22:20 】
〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第2回「無頼の高平太」 井戸兵庫県知事の発言は話題作りの相対喧嘩?
「画面が汚いですね。あんな鮮やかさのない薄汚れた画面じゃあ」 と井戸敏三兵庫県知事から指摘された第1回の平清盛だけど NHKとしては「そうですが、何か?」と答えるしか仕様が無い。 だって、穢れを押し付けられていた「武士」が 華やかな貴族の世界を打ち破... こちら、きっどさん行政書士事務所です!【 2012/01/15 22:23 】
「平清盛」第2回 伊藤四朗さんの素晴らしい怪物ぶり
若い時にやんちゃで無頼、しかし大人になると大成するというパターンが日本人は好きなのかも。 ちょうど織田信長みたいに、反抗心丸出しにうす汚い格好の清盛=松山ケンイチさん。 その良し悪しは別とし... 今日も何かあたらしいドラマ【 2012/01/15 22:32 】
【平清盛】第2回
若者になった平太(松山ケンイチ)は二人の父を持つという数奇なさだめのもと、 何者でもない自分にいらだち賭場をうろつき、いつしか「無頼の高平太」と 呼ばれるようになっていた。 そんな折、白河法... ドラマ@見取り八段・実0段【 2012/01/15 22:53 】
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男2獣と罵るお前も獣の血が流れている獣だ!清盛は自らの出生を知り時代を変える決心をした舞を披露した
大河ドラマ「平清盛」第2話は清盛は元服する年齢になっていたが幼少期に聞かされた忠盛は自分の実の父ではないという事で荒れ放題の日々を送っていた。そんな中清盛は元服するが ... オールマイティにコメンテート【 2012/01/15 23:36 】
大河ドラマ「平清盛」第2回
面白く、生きてやる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201150004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 327 Amazonで詳?... 日々“是”精進! ver.A【 2012/01/16 05:57 】
NHK大河ドラマ「平清盛」第2回「無頼の高平太」
いやあもうびっくり。この映像が汚くてよろしくないと某自治体の首長の方が!いやあ~、人それぞれですねええ。私なんかもう、この汚しがカッコ良くってカッコ良くって、もう初回からはまってしまいましたけど~。 とはいえ今宵は第二回でございます。もうあれですか、ま... 真田のよもやま話【 2012/01/16 06:32 】
平清盛 第2話「無頼の高平太」
 現代の日本に生きる私たちは、生まれたときに命名された名前を原則として一生使い続けるが、明治維新以前の武家社会ではそうではなかった。武家の男子の場合は生まれるとすぐに幼名が付けられ、成人(元服)すると諱(いみな)と呼ばれる実名を名乗るようになる。また、... 坂の上のサインボード【 2012/01/16 09:37 】
平清盛 第2回 「無頼の高平太」
NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK) NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号) 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 解説 番組概要 ... 青いblog【 2012/01/16 16:52 】
平清盛 第2話 感想
白河法皇がああああ あのインパクトある法皇が2話で退場とは… 「そちにも、このもののけの血が流れておるからじゃ・・・!」 あの顔はすごかったですねいろんな意味で。 気に ... なんでもあり~な日記(カープ中心?)【 2012/01/17 22:56 】
平清盛の自分探しが止まらない件(松山ケンイチ)
時代というものは恐ろしいものなのだな。 平安時代の末期に「自分探し」なんて・・・と思うのは教養のない証拠である。 人々がみんな貴族のように生きたいと願って到達したのが現代なのである。 現代の人々が一般的に自分探しをしているなら・・・血縁的には天皇の血筋で?... キッドのブログinココログ【 2012/01/17 23:41 】
平清盛 第2回「無頼の高平太」 ~ 高下駄で 埃まみれの シンデレラ ~
高下駄履いて やさぐれた、無頼の高平太は オレのこと!経験値を十分に積んで、剣も自在に操れるようになったようです。後にサクセスストーリーの主役となる清盛ですが、今はまだ シンデレラの不遇時代のように 埃まみれ。といっても、シンデレラみたいに 継母にいじめら?... 風のうわさ【 2012/01/17 23:43 】
平清盛 第2回「無頼の高平太」
「あそびをせんとや うまれけん」 ドラマのテーマが好印象。 大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 みはいる・BのB【 2012/01/18 21:21 】
| ホーム |