FC2ブログ

妖怪人間達の出した『答え』 ~妖怪人間ベム・最終回~
「いいのですか、私が消滅すれば、あなた達は未来永劫、人間になれませんよ。」

「ああ・・・それが私らなのさ!」
「おいらたちは・・・妖怪人間だもの!!」
「俺達は・・・そうやって生きる!!」




妖怪人間達が出した答え。
それは『人間になりたい思い』をあえて抑え『人間にならないと決める。』
本来なら名前のない男が悪の気を解放し、ベム達がそれを止める・・・はずだった・・・。
が、本来自分達の肉体の宿るはずだった杖に、名前のない男の本体を吸収し、消滅させる。
その時に倒れたアルコールに発火し、ベム達も炎の中に消えていく・・・。

名前のない男のはなった最後の言葉。

「同情しますよ。貴方達を待ち構えている未来を思うと・・・。
わたしは幸せだ、ようやく・・・死ねる・・・。」


ある意味、死は永遠の休息と言っていいのかもしれない。
人間は普段、不死身の幻想に取りつかれていてるから、自分が死にそうになると恐れるが、
死はある意味、この世の苦しみからの解放。
地獄では殺されてはいきかえり、生き帰っては殺されるという苦しみが繰り返される。
だから永遠の死が休息と言っていい。


名前のない男もまた、どうやら人間になりたかったらしい。
やはり人間として生きたいのは、彼も同じだったのだろう。


原作でもベム達は人間になる方法を見つけながら、あえて拒否し、悪を倒した後、炎の中に消えていく。
そして人々が見つけたのは、彼らの形見である帽子、ヘアバンド、ゴーグルだけ。
ある意味、原作をオマージュした形の終わり方で、ある意味では妥当か。


その前に夏目刑事の家族や緒方教授に、正体がばれてしまうのが悲しかった。
必死に銃弾を受けても人をかばい続ける彼ら。
だが、人々は逃げ出していく。
何故だろう、人間は・・・。


最大の理解者であった夏目刑事は、彼らのアクセを見て何を思ったのだろう。


人間は弱く、あっというまに悪に傾く。
なぜ妖怪人間は人間にあこがれたのだろう。
それはきっと、家族や友人との、強いきずなだったからかもしれない。



てなわけで、3ヶ月間、お疲れ様。
いいもの見せてもらいました。
亀梨和也さん、さん、鈴木福君、柄本明さん、北村一輝さん、お疲れ様でした。



今回のおまけ
青と赤編

日常 日常の第4話

Watch nichijou 日常4 in アニメ | View More Free Videos Online at Veoh.com

源氏物語千年紀 第4話 『藤壺』
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:妖怪人間ベム - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/12/25 01:09 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(2) | トラックバック(4) |
<<明治のオプティミズム ~坂の上の雲・日本海海戦~ | ホーム | 崖の上のポニョをもう一度>>
コメント
--- 素晴らしかったです ---

最初はキワモノドラマだと思って1話しか見ないつもりだったのですが、
思わぬ良作でした。

>ある意味、死は永遠の休息と言っていいのかもしれない。

今回は「名前のない男」の哀れさも涙を誘われました。
彼も人間になりたかったんですよね。
完全体ではないものの悲しさが伝わりました。
人間なんて、そんな良い物でも何でもないのにね。

人間の本質という物にも改めて気づかされました。
良いドラマでした。
くう * URL [編集] 【 2011/12/25 20:58 】
--- ---

はじめまして、くうさん。
どんな物語か、僕もドキドキしてましたが、非常によかったですね。
人間の弱さ、その中での希望がよく描かれていて。
原作の単純明快なストーリーをよくここまで膨らませたなと思いますよ。


個人的には映画化や続編は作らないでほしいですけどね。
ベム達が答えを見つけたところで終わったままにしてほしいです。
SPIRIT(管理人) * URL [編集] 【 2011/12/25 22:23 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ranmaspirit0518.blog82.fc2.com/tb.php/1038-f51e71e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
日本テレビ「妖怪人間ベム」第10話(最終回):さよならベム・ベラ・ベロ… 人間になれるのか!? 最後の大決闘!!
  個人的には納得の最終回でした。よかったと思います。   私を取り込めば人間になれます。人間の悪を開放するのが自分の正義であると話す、緒方晋作の姿をした“名前の無い男 ... 伊達でございます!【 2011/12/25 07:33 】
妖怪人間ベム 第10話(最終話)
第10話(最終話) JUGEMテーマ:エンターテイメント Happy☆Lucky【 2011/12/25 20:47 】
妖怪人間ベム (第10話・最終回 12/24) 感想
10/22から日テレで始まったドラマ『妖怪人間ベム』(公式)の最終回『さよならベム・ベラベロ…人間になれるのか!? 最後の大決闘!!』の感想。第1作目(1960年代後半)原作アニメは幾度も鑑賞済み。 最終回として、うまくまとめたと思う… ★記事の続き(詳細)は、下記… ディレクターの目線blog@Seesaa【 2011/12/25 20:49 】
【妖怪人間ベム】第10話 最終回と統括感想
俺達は…人間になりたい。 だが、人間にはならない。 人間が悪の心に負けちまった時、誰かが止めてやらなきゃならないだろ? 「悪」は悪を解放し続ける。 「善」は善で人間を正し続ける。 人... ドラマ@見取り八段・実0段【 2011/12/25 20:52 】
| ホーム |