FC2ブログ

赤松との戦い ~軍師官兵衛第5話『死闘の果て』感想~
黒田官兵衛と光の間には、すでに嫡男・松寿丸(のちの黒田長政)が生まれていた。
後に関ヶ原で天下を狙おうとする官兵衛に対し真っ向から立ち向かう。
そのプロセスがどう描かれるのか、楽しみである。

戦乱の平和のわずかなひと時ですな。

さて、足利義昭は織田信長とともに京都に上洛。
戦乱で荒れ果てた治安がよくなったかどうかはわからないが、京のインパクトを与えたのは確かだろう。

足利義昭はその褒美に管領や副将軍といった地位を信長に与えようとするが、
信長はそれを辞退。代わりに堺などの街を自分の直轄にしたいと言い出す。
一説によればそれを聞いた義昭は、なんと無欲なと思ったという。(実際は強欲なんだけどね。)
実際は堺は鉄砲など重工業が発達しており、信長の天下布武のために大事な用地だった。
権威の失墜した幕府の空位よりも、自分の目的に合った物を求める。
いかにも合理主義者の信長らしい。


一方、木下藤吉郎は竹中半兵衛にブレーンになってもらうよう近江に頼みに来ていた。
確か結構土下座をしていたと聞いていたけど、それはおそらく、斎藤龍興を諌めようとする明晰さを買って出たからだろう。
後に秀吉が「自分の次に天下を取るのは誰だ」と聞かれた時、「あのちんば(官兵衛)だ」と答えたという話があるが、半兵衛が夭折していなかったら、どんな評価を受けていただろう。


さて、敵方の赤松家を勇猛さで破った官兵衛。
この頃はまだ参謀と呼べるほどの知性はなかったらしい。
それでも勇があるだけマシか。
一方、負けても赤松正秀は足利家保護の名目でまた攻めようとする。
そして、守役の小兵衛が致命傷を追って戦死する。
赤松家は元守護大名だけあって、それなりに古い権威もあって兵力もあったんだろう。

防戦一方に黒田家は追い込まれていく。
ここで、官兵衛初めての知恵を出す時。
退却して篭城するのではなく、一か八かの奇襲に出るつもりらしい。
まあ桶狭間の信長にも似ているがなあ。


そして激しい一騎打ちの中で、家臣が討ち死にする。
代わりに栗山が官兵衛の片腕として活躍することになるけれど、生きていたらどうなっていたやら。

そして新しい家臣がやって来る。
太兵衛はかなりの猛者だったらしいが、これからどう活躍する?
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 軍師官兵衛 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2014/02/02 20:38 】

| 大河ドラマ『軍師官兵衛』感想 | コメント(0) | トラックバック(6) |
TVアニメ『ニセコイ』第3話『ニタモノ』感想
いきなり楽の過去、そしてキーとなる『ザクシャ・イン・ラブ』から始まる第3話。
しかし目覚めたあとの楽のオーバーアクトやら文字のテロップやら、相変わらずうるさい演出。
ちなみに僕はその女の子は橘万里花と踏んでいるけどね。

クロードの見ている中、相変わらずラブラブカップルのフリをしなければいけない一条楽と桐咲千棘。
周りの囃し立てぶりも当然というか。
舞子集がその中心なんだろうけど、彼自身はどう思ってるんだろうね。


本音は未だに仲良くなれない2人だけど、
ヤクザの息子として生まれながら、堅気を目指そうとする楽と、ギャングの娘であり、人一倍寂しがり屋の千棘はある意味にた者同士でもあったわけだ。
ここで2人の関係がちょっと縮まるわけね。

一方の小野寺小咲は楽に気があって、キーとなる鍵も持っているんだけど、どうにもおとなしく奥手で・・・。
まだまだメインにはなれなさそうです。
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:ニセコイ - ジャンル:アニメ・コミック

【 2014/02/02 16:15 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(5) |
| ホーム |