FC2ブログ

戦の果てに・・・ ~八重の桜・自慢の娘感想~
八重が夜襲を仕掛けた次の日、頼母は会津城を去る。
秋月悌次郎が言うように、こういう皆が一同玉砕を唱えている中で、恭順論を唱える方が勇気があるとのこと。
そりゃあそうだわな。
ともあれ、何が正しいかは時代が歴史に書き残すというけど、頼母の判断が正しかったということになるのかな。

そしてアームストロング砲の飛び交う中で、八重は必死に抵抗をする。
大砲の銃弾を濡れぶとんで消し止めながら。
芸は身を助けるとはよく言ったもので、それが容保の目にとまり、大砲の火消しの仕方を教えることになる。
一度あった懐かしさと嬉しさは未だに残っているわけね。
松平容保も力付いたんだろうけどね。

そして女子供に鉛から銃弾を作る方法を教える八重。
父は八重が鉄砲を学んだのはよかったと初めて気づいたけど、それはあくまで結果論だからなあ。
でもここで偉人がまた生まれたとも言える。

そして偉人は京都でも。
岩倉は覚馬の建白書に一目置きながらも、あくまで会津攻略は貫こうとする。
ところでこの時の覚馬って、既に視力を失っていたのだろうか。

防戦一方の状況に追い込まれていく中で、佐川官兵衛が前線に出向くことに。
確かに勇敢な官兵衛だから、指揮官には向いているかも。
官兵衛は西南戦争まで生き残るという話だから、それだけしぶとかったと言えるのかも。
『戊辰の復讐』と叫んだのは彼だったのかもしれない。

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2013/07/15 20:41 】

| 大河ドラマ 八重の桜 感想 | コメント(1) | トラックバック(6) |
| ホーム |