FC2ブログ

三郎・修理、散る 〜八重の桜・敗戦の責任〜
最新の装備を利用した薩長に、旧幕府軍は相手にならず・・・。
ようやく大砲を装備して反撃にでたものの、ついに出た錦の御旗。
これで旧幕府軍は賊軍ということになり、さらに劣勢となる。
戦勝を祈る雪の思いとは裏腹に、どんどんどん底に落ちていく状況に。
そして雪もして破滅が待っているのだから切ない。

そして錦の御旗の前に、神保修理は一旦江戸に引き上げることを進言した。
ここでまた慶喜の二枚舌という形で出てしまうわけだ。
『貴人、情を知らず』はある意味で真実なのか・・・。

未だに劣勢に苦しむ会津陣営の中で、三郎はひたすらに会津のために戦おうとするが・・。
銃の雨が行き交う中でついに撃たれた。

総大将に撤退を勧めた神保修理は非難の的に・・。
おまけに神保の進言が慶喜の心を動かしてしまったようで。
会津の家訓を引き出してまで容保を連れて行こうとした慶喜はどう思ったのか。

それにしても佐川官兵衛は血の気の多い人。
勇猛果敢と評されただけはある。

鳥羽伏見の敗戦と会津が朝敵となったことは八重のところにも届く。
尚之助は恭順を進めるが、このまま会津の汚名を着せられてたまるかと八重は主張する。
意見が違っていても夫婦の絆はあるもんだねえ。


そして修理の処遇をめぐって会津がもめているあいだに、
将軍から直々に江戸所払いを命じられる。
それは事実上の降伏と言っていい。
そして修理は容保から切腹を申し付けられる。
妻子を残して死ぬ無念さはいかばかりだったか。
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2013/05/26 20:43 】

| 大河ドラマ 八重の桜 感想 | コメント(0) | トラックバック(10) |
| ホーム |