FC2ブログ

落日 ~平清盛・頼朝挙兵感想~
いよいよ源氏が挙兵ということになった。
以仁王の令旨で元気づけられる・・・というわけではないようだ。
頼朝はまだまだためらっている様子。
慎重というべきなんだろうが、義朝の忘れ形見が立ち上がれば、更に反平家の勢力がのしあがるのも事実。
ついに立ち上がるわけだ。

老年期の清盛は本当に白河法皇を思わせる格好。
同時にその悪い点も受け継いでしまったようで、相変わらず仏御前におぼれる日々・・・。
まさに落日をにおわせる雰囲気。
『年寄りの馬鹿ものほど始末に負えないものはない』とは西洋のことわざだけど

そして頼政は、平家への挙兵を考えながらも、清盛に胸の内を明かされたり。
おそらく頼政は平家政権の中での出家も考えたんだろうけど、仲綱が宗盛にひどい目にあわされたり、複雑な心境だったんだろうな。
そして蜂起し、鎮圧される。
以仁王の乱はこうしてあっけなく終わるが・・・その火種はまだまだ消えてはいない。

そして、清盛は貴族の反対を押し切って福原遷都を実行。
まさに周りが見えなくなったワンマン。
それでも天皇へ気を使うあたりは人間味があるというべきか。
「これが面白く生きるということか。」
西行の諫言も入らなくなった清盛は、どういう思いだったか。

武士の世について悩む清盛。
一方で地方の武士は税をとられて干上がる・・・。
武士の国は鎌倉幕府によってつくられていくようだけど、その中で頼朝は源氏の国ではなく、武士の世を描いていくのかな。

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 平清盛 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2012/11/25 20:45 】

| 大河ドラマ 平清盛感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(7) |
| ホーム |