FC2ブログ

たびたび流されるさかしき者 ~平清盛・宿命の再会感想~
藤原通憲が出家して信西になった時期は1144年、7月11日。
重職につけない無力感からと言われていたが、一方で政敵・頼長は
『その才を以って顕官に居らず、すでに以って遁世せんとす。才、世に余り、世、之を尊ばず。これ、天の我国を亡すなり』
と出家を惜しんだと言われている。
後に保元の乱で対立する2人だが、それなりに認めていたというわけか。


随分とけだるげなニューフェイス、平時忠
時子の義理の弟。
『平家にあらずんば人にあらず(原文は『一門にあらざらん者はみな人非人なるべし』)』といったと言われている。
ためか、後の世でも嫌われていたらしく、

『元々狂乱の人なり(玉葉)』

『さかしきこと好みて、たびたび流されなんどしたりし者(愚管妙)』

といわれている。
一方で政治的・行政的手腕は高かったらしく、検非違使別当として今日の治安維持にあたった時には、
『悪別当』
と呼ばれていたとか。
一方で娘を義経に嫁がせて保身を図るという、したたかな一面もあったという。
彼が亡くなった時、頼朝は

『智臣の誉あるによりて、先帝の朝、平家在世の時、諸事を補佐す。当時と雖も朝廷の為に惜しむべきか(吾妻鏡)』

と言ったという。



璋子が危篤に陥り、水仙探しを頼まれた清盛。
しぶしぶ出かける彼だが、義朝に先を越される。
人脈は向こうの方が上だということかね。
そのコンプレックスをばねにして、最後は義朝に打ち勝つわけか・・・。


それにしても移りげで、簡単に女を捨てる癖、その人が危篤になるとうろたえる鳥羽上皇。
当時としては側室を持つのは当たり前だけど、ちょっと情けない・・・。
ヤンデレでもヘタレでもあるってか。

一方、朝廷で認められた源氏・・・。
それに嫉妬する清盛。
対立は激化。

随分強引な時子へのプロポーズ。
半分八つ当たりじゃねえか。
ともあれ、むすばれてよかったね。
この時期に頼朝と宗盛が生まれるわけか・・・。
正反対の家に生まれた2人はどうなる?


平清盛(平太) … 松山ケンイチ(幼少期:前田旺志郎)

平忠正 … 豊原功補
平家盛 … 大東駿介
平頼盛 … 西島隆弘
平時忠森田剛
平盛国(鱸丸) … 上川隆也(幼少期:小林廉)

伊藤忠清 … 藤本隆宏
平盛康 … 佐戸井けん太
平維綱 … 尾美としのり

時子深田恭子
明子 … 加藤あい
滋子(建春門院) … 成海璃子
秀子 … 海老瀬はな
須磨 … 駒塚由衣

宗子 … 和久井映見
平家貞 … 中村梅雀
平忠盛 … 中井貴一
平正盛 … 中村敦夫

源義朝 … 玉木宏
源為義 … 小日向文世
由良御前 … 田中麗奈
常盤御前 … 武井咲

鎌田通清 … 金田明夫
鎌田正清 … 趙和

源頼朝(語り) … 岡田将生

政子 … 杏

白河法皇 … 伊東四朗
舞子 … 吹石一恵
祇園女御 / 乙前 … 松田聖子

鳥羽上皇 … 三上博史
後白河天皇(雅仁親王) … 松田翔太
崇徳天皇 … 井浦新(幼少期:桑代貴明)
璋子(待賢門院) … 檀れい
堀河局 … りょう
得子( 美福門院) … 松雪泰子
御影 … 横山めぐみ

藤原忠実 … 國村隼
藤原忠通 … 堀部圭亮
藤原頼長 … 山本耕史

信西(高階通憲) … 阿部サダヲ
藤原家保 … 渡辺哲
藤原家成 … 国広富之
高階基章 … 平田満
藤原季範 … 山口良一

西行(佐藤義清) … 藤木直人
兎丸 … 加藤浩次(幼少期:前田航基)
朧月 … 隆大介
滝次 … 河原崎建三
国松 … 白倉裕二
時松 … 内野謙太
蝉松 … 原勇弥
荒丹波 … 八田浩司
麒麟太夫 … 須加尾由二
資遠 … 真島公平



今回のおまけ
松山ケンイチ 2012年大河ドラマ平清盛」主演発表!!
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 平清盛 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2012/03/25 20:44 】

| 大河ドラマ 平清盛感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(16) |
| ホーム |