FC2ブログ

妻との出会いは ~平清盛・光らない君感想~
海賊を家来に入れた清盛たち。
さらに漁師の鱸丸も養子に迎え入れられ、盛国と名乗ることになる。
随分と唐突にストーリーが進められている気もするが。


正四位をもらった清盛。
貴族からすれば面白くもない。
絶大な権限をふるっていた(白河院の頃には落ち目になっていたが)藤原摂関家からすればなおさらだろう。
嫌味言われるのは悲しいねえ。
しかも位をもらっている割には清盛は粗野。
松山ケンイチが演じているからなおさら。


しかし初めて出会って、娘をもらって下さいなんていう高階基章も何なんだか。
正四位だから気に入られたのか?
高階家は実家は裕福だったからなあ・・・。
娘はこうして、平重盛の母になるのだが・・・。

さてさて、朝廷ではドロドロした女の闘いが勃発。
明子、徳子、堀河局の実権を握るための争い。
それは天皇に気に入られ、天皇の子を産むこと。
江戸の多くもそうだったから、男女のこういう構図って全然変わってないのかもな。


さて、ニューフェイスの時子。
随分とロマンチストな性格だなあ。
そりゃあ光源氏の妻になることにあこがれる性格としては、こんな粗野男はねえ。
深田恭子が清純派だからなおさらに感じる。

明子は清盛の話す話のスケールの広さに魅かれていく。
とはいっても粗野さ。
そこで教清に和歌を書いてラブレターに送ってもらう。
結局振られたようだが。
そりゃあな・・・。


そこで清盛は直々に談判するが、断られる・・・。
が、強い思いについにOK。
恋は押しの一手ですか・・・。
開明的な清盛に魅かれていったのも確か。
ただ、多分海を見ないままに死んでいくんだろうな・・・。

結婚の時のフレーズ『楽しい時も苦しい時も愛を誓うって』・・・。
ここから出てきたわけじゃないよな。


さて次回は、山本耕史演じる『悪左府』藤原頼長登場。
どんな障壁になる?


今回のおまけ
平清盛 平清盛紀行
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト

テーマ:大河ドラマ 平清盛 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2012/02/19 20:46 】

| 大河ドラマ 平清盛感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(15) |
| ホーム |