FC2ブログ

名君か、奸君か ~銀魂・殿中でござる感想~
いよいよ大御所・定々の登場。
白目向いてる茂茂を見せたくないため、うまいことごまかそうとする信女とツッキー
しかしその白目でどんなことになってるかわかりそうなもんだけど。

そんなさなか、爺やと異三郎は、ぱっつあんと神楽に爺やが忠臣であることを告げ・・。
抜けてるけどねえ。
そう言う忠臣でもいいか。

さて、なんとかしらを切ろうとする銀さん達だが・・・。
定々は鈴蘭のことで本性を現す。
名君と慕われた彼だが、一方で権謀術数にたけた一面もあったわけか。
政敵を色でおぼれさせ、挙句不意打ちを駆ける。
そう言う形で権力を手にしたわけか。
男の欲望がいかに女に弱いか。
それがよくわかる。
あげく茂茂を将軍にして、自分が陰で権力を握る。


さて、そのことをばらした異三郎も刺され、銀さん達はその罪をなすりつけられる羽目に。
まあ、既にしげしげがひどい目にあわされたことを知っていたのかもね。


今回のおまけ
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

【 2012/02/14 23:11 】

| 漫画・銀魂(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(4) |
| ホーム |