FC2ブログ

明治のオプティミズム ~坂の上の雲・日本海海戦~
『降る雪や
明治は遠く
なりにけり』


特異な時代の、特異な時期を描いたこのドラマもいよいよ最終回。
最初は砲撃開始から。

日本の特攻、そこからロシア艦隊の壊滅。
生々しさはあるが、意外にあっさり。
でも考えてみれば、この物語って戦争ドラマではないからね。
ロシア船が降伏の旗を出しても、必死に砲撃を続ける。

必死に武士道を主張して降伏を勧める真之と、あくまで慎重にことをすすめる東郷の対比はよかったと思うね。
いつまでも師弟関係は、この2人の場合、変わらなかった気がする。


そして、エピローグ。
帰還、それぞれの後の人生。

あらためて真之が自分の足跡を振り返った時、それが日本のためになったのかどうか。
はっきり言って、それはわからない。
日露戦争はぎりぎりの勝利であり、功罪はあった。
その中で真之も好古も、自分のできることを求め、そして行ったような気がする。

それは夏目漱石や、正岡子規にしてもしかり。
子規(ホトトギス)を名乗り、俳句に新形式を吹きこんだ彼。
彼とて彼なりの、趣深さを求めていたと僕は思っている。

『何が正しいか、それは後世の歴史家が書き残す。
その中で自分は、自分が正しいと思うことをやるだけ。』


これは『るろうに剣心』の緋村剣心の台詞だが、それは明治の人も、そして僕も同じ。
どう生きるかは模索中だけど、その中で積極的に、かつ荒々しくやっていくつもり。



『登っていく坂の上の青い天に、
もし一朶の白い雲が輝いているとするなら、
それのみを見つめて、
坂を登っていくであろう。』
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:坂の上の雲 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/12/25 20:59 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(4) |
妖怪人間達の出した『答え』 ~妖怪人間ベム・最終回~
「いいのですか、私が消滅すれば、あなた達は未来永劫、人間になれませんよ。」

「ああ・・・それが私らなのさ!」
「おいらたちは・・・妖怪人間だもの!!」
「俺達は・・・そうやって生きる!!」




妖怪人間達が出した答え。
それは『人間になりたい思い』をあえて抑え『人間にならないと決める。』
本来なら名前のない男が悪の気を解放し、ベム達がそれを止める・・・はずだった・・・。
が、本来自分達の肉体の宿るはずだった杖に、名前のない男の本体を吸収し、消滅させる。
その時に倒れたアルコールに発火し、ベム達も炎の中に消えていく・・・。

名前のない男のはなった最後の言葉。

「同情しますよ。貴方達を待ち構えている未来を思うと・・・。
わたしは幸せだ、ようやく・・・死ねる・・・。」


ある意味、死は永遠の休息と言っていいのかもしれない。
人間は普段、不死身の幻想に取りつかれていてるから、自分が死にそうになると恐れるが、
死はある意味、この世の苦しみからの解放。
地獄では殺されてはいきかえり、生き帰っては殺されるという苦しみが繰り返される。
だから永遠の死が休息と言っていい。


名前のない男もまた、どうやら人間になりたかったらしい。
やはり人間として生きたいのは、彼も同じだったのだろう。


原作でもベム達は人間になる方法を見つけながら、あえて拒否し、悪を倒した後、炎の中に消えていく。
そして人々が見つけたのは、彼らの形見である帽子、ヘアバンド、ゴーグルだけ。
ある意味、原作をオマージュした形の終わり方で、ある意味では妥当か。


その前に夏目刑事の家族や緒方教授に、正体がばれてしまうのが悲しかった。
必死に銃弾を受けても人をかばい続ける彼ら。
だが、人々は逃げ出していく。
何故だろう、人間は・・・。


最大の理解者であった夏目刑事は、彼らのアクセを見て何を思ったのだろう。


人間は弱く、あっというまに悪に傾く。
なぜ妖怪人間は人間にあこがれたのだろう。
それはきっと、家族や友人との、強いきずなだったからかもしれない。



てなわけで、3ヶ月間、お疲れ様。
いいもの見せてもらいました。
亀梨和也さん、さん、鈴木福君、柄本明さん、北村一輝さん、お疲れ様でした。



今回のおまけ
青と赤編

日常 日常の第4話

Watch nichijou 日常4 in アニメ | View More Free Videos Online at Veoh.com

源氏物語千年紀 第4話 『藤壺』
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:妖怪人間ベム - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/12/25 01:09 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(2) | トラックバック(4) |
| ホーム |